Good Lovin'/『Young Rascals』(1966)

画像同級生のAちゃんに夫婦と友達二人の4人でやったバンドのライブ音源を頂いて聞いているうちに、あ、このロックバーへのリクエストのブログは始める時に、嘘を書かないコマーシャリズムを排除する評価・評論をしないという3つの手前勝手な制約を設けたんだった、非常にしばしば制約違反をするし、努力は苦手だけど、制約を守ろうと努力しようとしたんだったと、改めて考えた。

Hさん(Mさん?)の北海道からのつぶやきを聞いていると、動物園で悲しい目や苦労を背負った背中やか弱い足やふてぶてしい面を眺めたくなって、ラーメンをすすりたくなって、ラベンダーで口の周りを汚したくなって、あごが疲れた。楽しい気分になった。

それから、自分らしくありたい、とちょっと思った。

upset the apple-cartの53曲の向こうを張って、「失われたリクエスト-He is Meの45曲」っていうのを裏紅白みたいな感じでブログでリクエストする、と言ったので、やってみよう。

6月1日アップを目指します!と言ったので、まあ、早い分には制約違反じゃない。
ロックバーだと、登場感を煽(あお)ったり、わくわくさせるっていうのも大事だし、実際、そういうのがお客としてはとても楽しみなんだけど、僕のブログはロックバーへのリクエストだ。

推薦する、紹介するっていうのは、ちょっとコマーシャリズムのような気もするし、評価・評論のような感じもするので、いつものようにただのリクエスト(この曲かけてっていう要求)です。

Masa Hoopleさんの51曲のように、「幼少期」(1970~1974)、「グラム期」(1972~1976)、「パンク期」(1976~1982)、「雑食期」(1978~現在)、「理屈抜きに今でもワクワク」みたいに年代を区切ろうかな?とか、
曲の解説をつけようかな?とも思ったけど、

あ、それから、
リクエストする曲の各年代、60s70s80s90s00sが同じ数になるまで、これまでリクエストしたミュージシャン、ロックバンドの曲はリクエストしないことにする(除くビートルズ)、なんてことも言ったんで、

やっぱり、リクエストは、初出のミュージシャン、バンドだけにして、
僕が生まれた年から、今年まで、その年に発売になった、これまでにリクエストしたアルバム曲を中心にピックアップします。
よく考えると、これまでリクエストした曲も、半分くらいはその時点でロックバーにリストアップされてない曲だしね。
初出リクエストは、遅れている(ブログのページのカウントだけど)、60年代と90年代。

それから、その年に起こった出来事のうち、ロック的に、という意味で、その時に、あるいは後になって、自分に影響を与えた出来事と、
自分が属していた社会や組織を、イニシャル表示だけど、ピックアップします。
子供の頃から学校に通っていたし、今も、普通のサラリーマンで何がしかの組織に属しているからね。

リクエスト曲は、その年に聴いたわけじゃないけど(3歳の頃はロックなんて聴かなかった)、よく聞いた曲。
その年を代表する曲や、そのミュージシャン、バンドを代表する曲ってわけじゃないけど。

では、失われたリクエスト、He is Meの、・・・あ!0歳から45歳だから、46曲だ!
誕生日はまだだから、44歳なんだけど、まあ、どうでもいいよね。

自分らしい、と、自分で思える、ロックバーへのロックのリクエストです。
あ、リクエストは、新しく採り上げるミュージシャンの分だけです。
後は、失われたリクエストじゃなくて、気後れしてリクエストできなかった曲や、リストになかった曲や、リクエストするのを忘れた曲や、曲名やミュージシャンの名前を思い出せなかった曲や、その日の気分じゃなかった曲です。

ご容赦です。

1966年・昭和41年/0才/ビートルズ来日/母、と父。
Good Lovin'/『The Young Rascals』(1966)/The Young Rascals
良い恋/ヤング・ラスカルズ

1967年・昭和42年/1才/公害対策基本法公布/伯母、と伯父。
Magical Mystery Tour/『Magical Mystery Tour』(1967)/The Beatles
魔法の不思議な旅/ビートルズ

1968年・昭和43年/2才/3億円強盗事件/伯母、と伯父。
I Shall Be Released/『Music From Big Pink』(1968)/The Band
私は解き放たれるだろう/ザ・バンド

1969年・昭和44年/3才/東大安田講堂に機動隊出動テレビ中継・『8時だヨ!全員集合』スタート/祖父。
Good Times Bad Times/『Led Zeppelin』(1969)/Led Zeppelin
良い時、悪い時/レッド・ツェッペリン

1970年・昭和45年/4才/日本万国博覧会・三島由紀夫割腹自殺/祖父
Summertime Blues/『Live At Leeds』(1970)/The Who
夏時間哀歌/フー

1971年・昭和46年/5才/『仮面ライダー』スタート(ヘンーシン!)・『二十歳の原点』・アンノン族/M幼稚園ばら組
Jealous Guy/『Imagine』(1971)/John Lennon
やきもち妬き/ジョン・レノン

1972年・昭和47年/6才/札幌オリンピック・浅間山荘事件/N幼稚園さくら組
Stay With Me/『A Nod is as good as a Wink・・・」(1972)/Faces ・・・を取り下げて、
Main Man/『The Slider』(1972)/T-Rex
本命の男/T・レックス

1973年・昭和48年/7才/オイルショック・『燃えよドラゴン』・コインロッカー・ベービー事件続出・日本列島改造論/N小1年X組、HB's子供会
Sad Song/『Berlin』(1973)/Lou Reed
悲しい歌/ルー・リード

1974年・昭和49年/8才/『エクソシスト』(オカルト)・『スプーン曲げ』(超能力)・『ベルサイユのばら』・小野田さんルパング島で救出/N小2年X組、HB's子供会
Roll Away The Stone/『The Hoople(1974)/』Mott The Hoople
その石どけて/モット・ザ・フープル

1975年・昭和50年/9才/『ジョーズ』(パニックもの)・『およげたいやきくん』/S小3年X組、K小3年X組
Born To Run/『Born To Run』(1975) /Bluce Springsteen
走るために生まれてきた/ブルース・スプリングスティーン

1976年・昭和51年/10才/ロッキード事件・『限りなく透明に近いブルー』・『ペッパー警部』/K小4年X組・学習塾・カマシターズ(四人組)
Judy Is A Punk /『Ramones』(1976)/Ramones
ジュディはパンク/ラモーンズ

1977年・昭和52年/11才/キャンディーズ「普通の女の子に戻りたい」・『宇宙戦艦ヤマト』/K小5年X組・学習塾・サッカークラブ
God Save The Queen/『Never Mind Bollocks』(1977)/Sex Pistols
神は女王を救う/セックス・ピストルズ

1978年・昭和53年/12才/新東京空港(成田)開港・『サタデーナイト・フィーバー』/K小6年X組・サッカークラブ
Shattered/『Some Girls』(1978)/The Rolling Stones
ボロボロ/ローリング・ストーンズ

1979年・昭和54年/13才/『インベーダーゲーム』『ウォークマン』『3年B組金八先生』/S中1年X組・陸上部・音楽クラブ
Train Of Vain/『London Calling』(1979)/The Clash
無益列車/クラッシュ

1980年・昭和55年/14才/ジョン・レノン射殺・イエスの箱舟事件/K中2年X組・生徒会・Footprints(バンド)
Watching The Wheels/『Double Fantasy』(1980)/John Lennon
回るのを観てる/ジョン・レノン

1981年・昭和56年/15才/MTVスタート/K中3年X組・生徒会・Footprints(バンド)
Take It To The Limit/『Eagles Live』(1981)/The Eagles
限界まで行ってみる/イーグルス
時には、
I Surrender/『Deffecult To Cure』(1981)/Rainbow
身を任す/レインボウ

1982年・昭和57年/16才/米反核コンサート1億人署名を国連に提出/H高1年X組・ラグビー部、学年会
Allentown/『The Nylon Curtain』(1982)/Billy Joel
アレンタウン・新興住宅地/ビリー・ジョエル
あるいは、
Rosanna/『TotoⅣ』(1982)/ToTo
ロザンナ(ロザーナ)/トト

1983年・昭和58年/17才/カレン・カーペンター拒食症で死去/H高2年X組・ラグビー部、学年会
Synchronicity Ⅱ/『Synchronicity』(1983)/The Police
意味のある偶然の一致・その2/ポリス
若しくは、
Charm School/『Punch The Clock』(1983)/Elvis Costello
女子校/エルビス・コステロ

画像1984年・昭和59年/18才/アフリカ24カ国で飢饉・バンドエイド/H高3年X組・ラグビー部、学年会
Jump!/『1984』(1984)/Van Halen・・・と思ったけど、やっぱり、
2 Minutes To Midnight(*)/『Powerslave』(1984) /Iron Maiden
12時2分前/アイアン・メイデン

1985年・昭和60年/19才/ライブエイド・東欧自由化進む/K大1年・ラグビー部・XXアカデミー
Say Good Bye To Hollywood/『Greatest Hits VolumeⅠ・Ⅱ』(1985)/Billy Joel
ハリウッドに永遠のさよならを言う/ビリー・ジョエル

1986年・昭和61年/20才/チェルノブイリ原発事故/K大2年・ラグビー部・XXアカデミー
The Queen Is Dead-Take Me Back To Dear Old Blighty/『The Queen Is Dead』/The Smiths
女王は死んだ-親愛なる旧英国本国に連れて帰って/スミス

1987年・昭和62年/21才/D航空爆破事件/K大3年・ラグビー部・Tゼミ・XXアカデミー
Finest Worksong/『Documents』(1987)/R.E.M.
最も健全な労働歌/R.E.M.

1988年・昭和63年/22才/ソ連ペレストロイカ開始/K大4年・ラグビー部・Tゼミ
Dreaming/『The Best Of Blondie』(1988)/Blondie
夢見ること/ブロンディ

1989年・平成元年/23才/天安門事件・ベルリンの壁崩壊/S社S-G課
I Wanna Be Adored/『The Stone Roses』(1989)/The Stone Roses
崇められたい/ストーン・ローゼス

1990年・平成2年/24才/東西ドイツ統一・(日本)バブル崩壊/S社S-T課・N校
Feeling/『The La's』(1990)/The La's
感じること/ラーズ

1991年・平成3年/25才/ソ連崩壊・多国籍軍イラク攻撃/S社G部/Common Stockオープン
Like A Hurricane/『Weld』(1991)/Niel Young & Crazy Horse
嵐の如く/ニール・ヤングとクレイジー・ホース

1992年・平成4年/26才/日本最初のホームページ(webで原子力、次いで憲法)/S社G部
This Love/『Vulgar Display of Power』(1992)/Pantera
この愛/パンテラ

1993年・平成5年/27才/世界貿易センタービル爆破事件(2.26)/S社M-T課
He Is My Best Friend/『Spilt Milk』(1993)/Jellyfish
彼は一番の友達/ジェリーフィッシュ

1994年・平成6年/28才/カート・コバーン猟銃自殺/S社M-T課
Live Forever/『Definitely Maybe』(1994)/Oasis
永遠に生きる/オアシス

1995年・平成7年/29才/阪神・淡路大震災・地下鉄サリン事件/K社K工場、Cちゃんバンド(バンド)
Ten Story Love Song/『Second Coming』(1995) /The Stone Roses
10の恋の物語/ストーン・ローゼス

1996年・平成8年/30才/ピストルズ再結成ツアー/S社N-T1課
Greatful When You Are Dead-Jerry Was There/『K』(1996)/Kula Shaker
あの世は素晴らしい-ジェリーはそこにいる/クーラ・シェイカー

1997年・平成9年/31才/ 神戸連続児童殺傷事件/S社N-T2課
Fitter Happier/『OK Computer』(1997)/Radiohead
もっとふさわしく、もっと幸せに/レディオヘッド

1998年・平成10年/32才/北朝鮮、テポドン発射/S社N-T2課、歌って踊れる豚の会
3 Speed/『Electro-Shock Blues』(1998)/Eels
3粒のすぐにいっちゃうクスリ/イールズ

画像1999年・平成11年/33才/(パソコン)2000年問題/S社N-H部、Xバンド(バンド)/Common Stockクローズ
For Me This Is Heaven/『Clarity』(1999)/Jimmy Eat World
僕にとってはこれが天国/ジミー・イート・ワールド

2000年・平成12年/34才/ストーカー規制法/S社K部
Walk On /『All That You Can't Leave Behind』(2000)/U2
歩き続ける/U2

2001年・平成13年/35才/アメリカ同時多発テロ(9.11)/A社K部、志士の会
All Things Must Pass /『All Things Must Pass 』(2001)/George Harrison
あらゆるものは通りすぎる/ジョージ・ハリスン
あらゆるものは通りすぎる。誰にもそれを捉えることはできない。僕たちはそんなふうにして生きている。/村上春樹(1979年5月:『風の歌を聞け』:1970年8月8日にはじまり、18日後、つまり同じ年の8月26日に終わると嘯いたデビュー小説=フィクション=から)

2002年・平成14年/36才/日韓ワールドカップ/A社K部
No Woman, No Cry (Live) /『Legend』(2002)/Bob Marley
ねえ、君、泣かないで/ボブ・マーリー(1981年5月に癌でこの世を去った英雄が1975年に発表したライブ盤に収録した曲)

2003年・平成15年/37才/六本木ヒルズ・マニフェスト/A社K部
Black Tangue/『Fever To Tell』(2003)/Yeah Yeah Yeah's
黒いベロ/ヤーヤーヤーズ

2004年・平成16年/38才/自衛隊イラク派遣/S社F部・N病院S科
Heroes and Villains/『Brian Wilson Presents SMILE』(2004)/Brian Wilson
英雄と悪漢/ブライアン・ウィルソン(1966年に"Good Vibrations"に続いて発表されたシングル・レコードのオリジナルを38年後に再生してみせた曲)

2005年・平成17年/39才/ローマ法王ヨハネ・パウロ2世死去/S社F部・N病院S科
Talk/『X&Y』(2005)/Coldplay
話す/コールドプレイ(あまりにもオリジナル過ぎて「ジャーマン・プログレ」とは言われないクラフト・ワークの1981年のアルバムの1曲をサンプリングした曲)

2006年・平成18年/40才/タイで軍事クーデター・フセイン死刑執行/S社E部
Is This Love/『Clap Your Hands Say Yeah』(2006)/Clap Your Hands Say Yeah
これは恋か/クラップ・ユア・ハンズ・セイ・イエー

2007年・平成19年/41才/2007年問題(団塊の世代定年)/S社F部、X会議、upset常連
Revolution Begins/『Rise of the Tyrant』(2007)/Arch Enemy
革命が始まる/アーク・エネミー

2008年・平成20年/42才/イージス艦衝突事故/S社K部、XX Conference
Only The Good Die Young/『Have Another Bal!』l(2008)/Me First And The Gimme Gimmes
若死にするのは善人だけ/ミー・ファースト・アンド・ギミーギミーズ/私を最初に・そして・私に頂戴・私に頂戴

2009年・平成21年/43才/オバマ大統領就任/S社K部
Unnatural Selection/『Resistance』(2009)/Muse
不自然な選択/不自然な淘汰/ミューズ

2010年・平成22年/44才/ 尖閣諸島中国漁船衝突事件/M社M、Xの会
Trainwrecks/『Hurley』(2010) /Weeser
列車の残骸/ウィーザー

2011年・平成23年/45才/エジプト100万人デモ・東北地方太平洋沖地震・原子力発電所事故/M社M、Xの会

まだ、2011年は、7ヶ月ある。

リクエストは、これまで採り上げなかったミュージシャン、60s90s

いつもと変わらない。

あれ?2011年を挙げなかったので、45曲か・・・。
どこか抜けてる。

いつもと変わらない。

ご容赦です。

upset the apple-cartへのリクエスト(503、504)
コモン・ストックへのリクエスト(517、518)

(*)12時2分前:アメリカの科学ジャーナリズム雑誌"Bulletin of the Atomic Scientist"では、毎月表紙に時計のかたちで、核戦争の危機を表している。12時ジャストが核戦争勃発。針が何時何分をさしているかで、現在の状況がわかる仕組み。(アイアン・メイデン/『パワースレイヴ~死界の王、オシリスの謎~』ライナーノーツの注釈より)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2011年05月27日 21:51
ろら~~ろら~っじか・みってり・たぁー
He is Me
2011年05月27日 22:49
あ~・あ・あ・あ・あ~あ~びこーざ~・さん♪ビートルズ/ビコーズをリクエストしたら、ラッシュのYYZが続いてかかりました。このドラムは果たしてすごいのか?僕はE・L&Pをとるな。あ、リクエスト漏れた~
コメント、コーラス、ありがとう。
2011年05月27日 23:36
ビクシーズ、フェア・イズ・オン・マイ・マインド。
キャレクシコ、スパニッシュなラブのアローン・アゲイン・オアのカバー。正統派。クライ・ベイビー・クライ、ビートルズ。普通、ドント・クライだが、これをインドで暇つぶしに作った天才二人。エンディングのポールの子守唄がすきだ。
チャック・プロフィット、エイジ・オブ・ミラクル。男三人、男前一人、手前勝手二人、男前勝手三人、勝手に男前一人(俺)。
音女
2011年05月29日 11:32
てんでばらばらに見えるリクエスト。
ばらばらなものを統合する能力を人格と言うのですね。
精神分裂症って今は差別用語だけど統合失調症も人が差別的に使うようになったらそのうちに認定されそう。
日本的ですね。外国ではどうなのかしら?
好きも嫌いも嫉妬もみんな女ヘンですね。
漢字の漢って好感とか悪漢とか、男って意味ですね。
うまくまとまりません。
ビーチボーイズのヒーローと悪漢初めて聴きました。凄い曲ですね♪グッド・バイブレーションより良いかも?
あらら、また女ですね~でも女は上書き保存でいいんだと思います。よし次!でいいんだと思います。いつもあなたが言ってることかな?女はばらばらなものを統合する能力がないんで、恋をすんるんです!卵を月に一つ生むんです!
男の人には分かりませんよーだ(笑)
音女
2011年05月29日 12:36
うまくまとまらないうえに誤字まで…好感じゃなくて好漢ですね…姦という漢字も嫌いだあ!
嬲も嫌!
怒!

でもここにお邪魔するときは努力しま~す(笑)女が笑うと妖精になるんだもん!
あ、夭逝すると?…

生きて、姓を得るんだもん!
応援してね!
死ぬほど愛してます!!
今だけ!(笑)
2011年05月30日 02:37
>音女さん

いつもコメントありがとう。
ソ・ソ・ソークラテスか・プラトンか♪
ニ・ニ・ニーチェか・サルトルか♪というCMソングではないですが、この前のニーチェに続いて、土曜日の新聞では、海老坂武さんのインタビューが載っていました。
インタビューはこんなのです。

『生きる意味は自分でつくらないといけない』
『黙っていれば人間は絶えず周りから選ばれ拘束されてしまう』
『「彼はなんと言ったか」と世界から、その発言が注目される知識人だった』

「現代は知識とは何かが問われています。サルトルが強調していたのは、自分の研究の目的が何かを、別の視点から見る必要性でした。別の視点で専門分野を眺めるときに、人は知識人になるという言い方をしています。」

「第二次世界大戦で日本に原爆が落とされたとき、サルトルは短い文を書きました。それまで人類はなんとなく生きてきたのだが、今後は『生き続ける』という強い意志を持つことを絶えず迫られるだろうという内容でした。」
(「海老坂武さんに聞く」日経新聞:編集委員 菅井道雄)
He is Me
2011年06月09日 21:24
6月9日、最初の5曲。
Rock Around The Clock/
Sha Na Na
Rock And Hard Place/Stones
Rock N Roll Jesus/Kid Rock
Hard As A Rock/AC/DC
Rock 'N Me/Steive Miller Band

ジミヘンの"If 6 Was 9"をリクエストしてみる。かかるかな?
2011年06月10日 12:39
69で顔を赤らめてしまうわたくしは・・・
Roll Away The Stone
2011年07月07日 23:28
Mott The HoopleのRoll Away The Stone のなでるように叩く気取ったドラムの馬鹿でかいスティック、ギターのななめ帽子、
BlondieのDreamingのキース・ムーンみたいなドラムだけが一人盛り上がっているクラブ(ディスコ?)

あなたの選曲のプロモくそおもしろすぐる

曲だと3 Speedが好き
2011年07月10日 00:07
Mottはテレビ番組のスタジオ録画かな?70代ロックは楽器を弾いていないアテレコ(アフレコ)のヴィデオが沢山あって面白いです。
Deamingは残念ながらupsetの選曲からもれちゃってるんですが、ブロンディで一番好きな曲です。

3speedいいですね。
Eelsのリクエストもあった4周年はレポートしますね。
コメントありがとう。
持田先生
2011年07月28日 00:34
『ちはやぶる』11巻/末次由紀

本当に高いプライドは
人を地道にさせる
目線を上げたまま

笹塚一恵
『潔く柔く』4巻/いくえみ綾

あたしは人を救うことなんてできやしないけど
自分くらいなら救える
あたしはせめてあたしのことを救おう

二太
『ぼくんち』3巻/西原理恵子

じいちゃん。
ぼく知ってんで。
こういう時は笑うんや。

才賀勝
『からくりサーカス』1巻/藤田和日郎

何かしてもらったら・・・おかえししたいよね・・・
2011年07月28日 22:27
>持ち出せんえー さん
宝島の増刊号からでしょうか?
Tresure Island は、不道徳な児童書ですね。
図書館で読みました。
ぼくんちでは、「ぼくんち」しか読んでません。
二太や、その他のみなさん、コメントありがとうございます。
2011年11月13日 12:05
日本最初のHPって原子力についてなんですね。その次が憲法…。
もちろん、ここで教えて貰って、今の時代のネットで調べてみただけで真偽は分からないけど。
でも、私にとっての真実。
しつこくコメントすみません。
こんなふうにしてるとHe is Meさんが次に行けませんね。ごめんなさい。
ロックバーのマスターご夫妻が80s特集、つぶやいてらっしゃいましたよ!少し被ってましたよ!
以上、報告まで(笑)
2011年11月13日 20:12
>Kさん
報告(笑)ありがとうございます。upsetのツイート読みました。銀河鉄道999聴きたくなって聴きました。
アニメのジャケットのドーナツ盤(レコード)を引っ張り出して聴いたわけでなく、ネットでです。ご容赦です。
コメントありがとうございました。
K
2013年02月27日 11:12
改めて、スゴいリストですね!
ピストルズは後発だとか、メタルも意外に新しいとか、ビートルズとハードロックは同時期だとか、順番の印象、イメージがあるものありますね!
続き(この何年か)もお願いします!
2013年02月27日 22:51
>Kさん
今度、
Upset the apple cart the meeting vol. 1
2013-4.5 Fri
The First Cut Is The Deepest
というイベントがあるので、いろいろ思い起こしてみました。
片岡義男さんの"When Did You Turn Up The Volume On The Radio?"の観点か?最初に買ったレコードか?言葉として入ったときか?ギターやドラムを弾いている音が聞こえたときか?頭を振ったときか?足を踏み鳴らしたときか?と考えると楽しいです。
コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • Body2/『Terrorbird』(2004)

    Excerpt: ロックバーの常連のくせにロックバーのイベントにはほとんど参加できなかったり、遅れていったりなんだけど、 一応、常連なんで、 「行けないよ」とか、「行かないよ」とか、「遅くなる」とか、「間に合わない.. Weblog: upset the apple-cartに行こう racked: 2011-06-05 08:32