Cardigan/『folklore』(2020)/Taylor Swift/Light Years/『I Am Easy to Find』(2019)/The National

00_12_15.jpgほんの少ししかリクエストしていない2019年、2020年のアルバムをリクエストしようと思っているんだけど、その半年前、2018年夏の面白かったイベントを思い出していた。

僕が唯一、最初から最後まで参加できたイベント、
2018/07/06
普段よくかかる人/バンドの普段あまりかからない曲大賞
は4回に分けて、
1曲目~10曲目(投票があった2003年のホワイト・ストライプスをリクエストした)
11曲目~25曲目(投票とは関係なく2004年のブラック・アイド・ピーズをリクエストした)
26曲目~45曲目(投票とは関係なく2010年のk.d.ラングをリクエストした)
46曲目~60曲目(投票とは関係なく2005年のグリーン・デイをリクエストした)
と、全曲実況中継のようなことをしたけど、そもそも普段よくかかる人/人たちの普段よくかかる曲って何かな?

00_12_16.jpgあまりかからない曲として、I’ve Just Seen A FaceShe Said She SaidRevolutionHoney Pieの4曲が選ばれて、解散後のソロではジョン・レノンのNobody Loves You(When You're Down And Out)Gimme Some Truth、ポール・マッカートニーのHelen Wheels、ジョージ・ハリスンのCheer Downのリクエストがあったビートルズは、ロックバーの人気投票では、1位:Nowhere Man、2位:And Your Bird Can Sing、3位:All My Loving、4位:In My Life、5位:Here Comes The Sun
Rolling Stone誌の2010年の『オールタイム・グレイテスト・ソング』では、3位にジョン・レノンのImagine、8位にHey Jude、13位にYesterday、以下16位:I Want to Hold Your Hand、20位:Let It Be、23位:In My Life、28位:A Day in the Life、29位:Help!

00_21_01.jpgあまりかからない曲として、You Don’t Have To Mean ItChild Of The MoonAngieJiving Sister FannyMonkey ManHand Of FateHeavenと最多の7曲が選ばれたローリング・ストーンズは、upsetの人気投票での1位:Sympathy for the Devil、2位:Jumpin' Jack Flash、3位:Brown Sugar、4位:Tumbling Dice、5位:Honky Tonk Womenっていうのはけっこうオーソドックスな順位だと思う。

00_21_02.jpgロックバーの人気投票では、僕も投票したAchilles Last Standが第1位で、2位:Kashmir、3位:Rock And Roll、4位:When The Levee Breaks、5位:Immigrant Songっていう日本のロックバーって感じだったレッド・ツェッペリンは、Baby Come On HomeFour SticksOzone BabyRoyal OrleansHot Dogの5曲。
人気投票イベントはまだないDeep Purle/Rainbowは、HallelujahSmooth Dancer、The ShedLazyの4曲で、人気投票では"Heroes"が第一位だったデヴィッド・ボウイはWho Can I Be Now?Queen Bitchの2曲。
あとは1曲ずつだから、そもそもよくかかる曲が沢山あるってわけじゃなくて、ビートルズ、ストーンズ、ツェッペリン、パープル/レインボウ、ボウイがよくかかるベスト5ってことかな?

00_21_04.jpgリクエストは、久しぶりに年間ベスト・アルバムが僕のリクエストと被った、Rolling Stone誌の2020年のベスト・アルバム。
1977年に始まったらしい(1966年生まれで11歳の僕はそんなこと知らなかった)Rolling Stone誌の年間ベストアルバムはこんなの。

1977年:Sex Pistols/『Never Mind The Bollocks』
1978年:The Rolling Stones/『Some Girls』
1979年:Neil Young/『Rust Never Sleeps』

1980年:The Clash/『London Calling』
1981年:The Rolling Stones/『Tattoo You』
1982年:Bruce Springsteen/『Nebraska』、Richard & Linda Thompson/『Shoot Out The Lights』
1983年:R.E.M./『Murmur』
1984年:Bruce Springsteen/『Born In The U.S.A.』

00_21_03.jpg1985年:Talking Heads/『Little Creatures』
1986年:Paul Simon/『Graceland』
1987年:Bruce Springsteen/『Tunnel Of Love』
1988年:Midnight Oil/『Diesel And Dust』
1989年:Neil Young/『Freedom』

1990年:Sinéad O'Connor/『I Do Not Want What I Haven't Got』
1991年:R.E.M./『Out Of Time』
1992年:R.E.M./『Automatic For The People』
1993年:Nirvana/『In Utero』
1994年:Hole/『Live Through This』

00_21_05.jpg1995年:PJ Harvey/『To Bring You My Love』
1996年:Beck/『Odelay』
1997年:Bob Dylan/『Time Out Of Mind』
1998年:Lauryn Hill/『The Miseducation Of Lauryn Hill』
1999年:Rage Against The Machine/『The Battle Of Los Angeles』

2000年:Eminem/『The Marshall Mathers LP』
2001年:Bob Dylan/『Love And Theft』
2002年:Beck/『Sea Change』
2003年:Outkast/『Speakerboxxx/The Love Below』
2004年:Kanye West/『The College Dropout』

00_21_06.jpg2005年:Kanye West/『Late Registration』
2006年:Bob Dylan/『Modern Times』
2007年:M.I.A./『Kala』
2008年:TV On The Radio/『Dear Science』
2009年:U2/『No Line On The Horizon』

2010年:Kanye West/『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』
2011年:Adele/『21』
2012年:Bruce Springsteen/『Wrecking Ball』
2013年:Vampire Weekend/『Modern Vampires of The City』
2014年:U2/『Songs of Innocence』

00_21_07.jpg2015年:Kendrick Lamar/『To Pimp a Butterfly』
2016年:Beyoncé/『Lemonade』
2017年:Kendrick Lamar/『DAMN.』
2018年:Cardi B/『Invasion of Privacy』
2019年:Ariana Grande/『Thank U, Next』

2020年:Taylor Swift/『Folklore』

2010年代はアデルの『21』とブルース・スプリングスティーンの『レッキング・ボール』の2枚しか被らなくて、聴いたのも他にはU2とバンパイア・ウィークエンドとビヨンセくらい。
有名なロック雑誌とベスト盤が被らなくなったのは、僕が流行に疎(うと)くなっているからかな?

00_22_05.jpg2019年に『特集 50年の邦楽アルバム・ベスト100』をやったMUSIC MAGAZINEの2021 MARCH号は『2010年代の邦楽アルバム・ベスト100』なんだけど、こっちはもっと被ってない。

96枚選んだので、ベスト100に入ったのは、CHAIの『PINK』(2017)水曜日のカンパネラの『私を鬼ヶ島に連れてって』(2014)の2枚だけ。

選んだのが2010年代でないのだと、4位、55位のサニーデイ・サービス、70位の曽我部恵一ゆらゆら帝国で選んだ6位、11位、60位の坂本慎太郎シュガーベイブYMOで選んだ63位の大貫妙子坂本龍一と10位の細野晴臣、22位のカーネーション、36位の佐野元春(&THE COYOTE BAND)、82位の遠藤賢司

00_22_04.jpgリクエストしたってことではcero宇多田ヒカル一十三十一ECD山本精一中川敬、ソウル・フラワー・ユニオン小沢健二七尾旅人

96枚に僕は2枚選んだきのこ帝国は、金子厚武さんが23位に『渦になる』栗本斉さんが16位に『タイム・ラプス』近藤真弥さんが8位に『フェイクワールドワンダーランド』を選んでいたけど、100位以内には入らなかった。
ニガミ17才赤い公園神聖かまってちゃんも何人かが選んでいたけど、100位圏外。

やっぱりちょっとずれてるのかな?
00_22_03.jpg写すのは4回目になる日経新聞『パクスなき世界』の今回の副題は「夜明け前」。
いつものように見出しだけ。

世界裂く「K字」の傷
民主・資本主義 修正へ挑む
(2021年2月22日、日本経済新聞『パクスなき世界』夜明け前⓵)

コロナが迫る国際協調
反グローバリズムの限界
(2021年2月23日、日本経済新聞『パクスなき世界』夜明け前②)


中国買い 通貨覇権揺らす
膨張続く「戦時財政」
(2021年2月24日、日本経済新聞『パクスなき世界』夜明け前➂)

00_22_02.jpg困窮絶つ高度教育の輪
学歴が生んだ賃金格差
(2021年2月25日、日本経済新聞『パクスなき世界』夜明け前④)

資本主義 危機が問う進化
破綻よそに高額報酬
(2021年2月26日、日本経済新聞『パクスなき世界』夜明け前⑤)

リクエストは、Rolling Stone誌の2020年ベスト・アルバムから、

Cardigan/『folklore』(2020)-Taylor Swift

一緒に曲を書いたプロデューサー、Aaron DessnerのThe National、2019年のアルバムから、

Light Years/『I Am Easy to Find』(2019)-The National

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3670,3671)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3684,3685)

Ghosts/『Letter To You』(2020)/War/『Live/1975–85』(1986)/Bruce Springsteen & The E Street Band/The Temptations(1970)/Edwin Starr(1970)

00_20_01.jpg加えるばかりじゃなくて削除したり整理した方が見やすくていいかなって思うんだけど、ロックバー upset the apple-cart が採り上げられた雑誌新聞のインタビュー記事、取材を受けた著作なんかを追記して行っているブログのプロフィールに、ロックバー読本を加えた。

May 9, 2020
ロックバー読本: すべての心若き野郎どもへ (KOMOREBI) Kindle Edition
by 西川宏樹 (著)

June 18, 2020
ロックバー読本: すべての心若き野郎どもへ Part.2 (KOMOREBI) Kindle Edition
by 西川宏樹 (著)

00_20_03.jpgDecember 7, 2020
ロックバー読本: 新型コロナウイルスをぶっ飛ばせ (KOMOREBI) Kindle Edition
by 西川宏樹 (著), 本田しずまる (イラスト)

November 23, 2020
Guide to Rock Music by a Japanese Madman: 1965-1971 Rock has started (English Edition) Kindle Edition
by Hiroki Nishikawa (著), Makoto Miyata (イラスト)

を追記して、それからトーク番組っていうか、ラジオっていうか、Extended Playかな?エピソードかな?ロックバーEPも。

ロックバーEP:
第1回:リライト/Asian Kung-Fu Generation
第2回:Flathead/The Fratellis
第3回:Several Thousand/The Resentments
第4回:Alive Again/Chicago

00_20_02.jpgひと月前にはボブ・ディランのカバーを聴きながら、こんなことを書いていた。

この前ようやく2020年12月発売(ボーナストラックの入った日本盤は2021年1月の発売)のTayler Swift の『evermore』からリクエストをしたんだけど、2018年10月28日から2020年10月29日までの2年間、1966年、僕が生まれた年のスパイダース『No.1』から、2020年、去年のラブリーサマーちゃん『三度目の正直』まで、ずっと日本のロックをリクエストしてて、その後はジョン・レノン生誕80周年40回目の命日に合わせてジョン・レノン(録音は1969-1980)ばっかり。

00_20_04.jpgその前には2016年の大みそかに108枚とかって、そもそもは2012年の大みそか2013年のお正月に選び始めたロック名盤みたいなのをリクエストしていて、最初に選んだ20枚のうちの一枚でもある映画『アメリカン・グラフィティ』のサントラを2017年5月13日から2017年8月9日まで1曲ずつ全曲リクエストなんていうのを間に挟んで、2017年8月12日のロバート・ジョンソンから2018年10月22日のローリング・ストーンズまでを振り返ったりもしている。

なので、ずっと昔の曲ばっかりリクエストしてるみたいだ。

00_20_05.jpg108枚に『Born To Run』(1975)選んだブルース・スプリングスティーンは、持ってないので選ばなかった、CDの売り上げがレコードに拮抗して来た大学2年生の時の『Live/1975–85』(1986)にしたら良かったかなって思う。

CD3枚組、レコードだと5枚組で、アメリカ、カナダ、オランダで第一位、オーストラリア、ドイツ、ノルウェイ、スウェーデン、イギリスでも大ヒットしたライブ盤はこんな選曲。(年次)は(元のスタジオ盤/ライブ録音の年次)で。
このアルバムにしか入っていないっていう曲や、MTVでも何度か流れたカバー曲が何曲か入ったライブ盤。

00_20_07.jpg<DISC1>
1."Thunder Road" /『Born To Run』(1975)/1975
2."Adam Raised a Cain" / 『Darkness on the Edge of Town』(1978)/1978
3."Spirit in the Night" /『 Greetings from Asbury Park, N.J. 』(1973)/1978
4."4th of July, Asbury Park (Sandy)" /『The Wild, the Innocent & the E Street Shuffle』(1973)/1980
5."Paradise by the "C"" /1978
6."Fire" /1978
7."Growin' Up" /『Greetings from Asbury Park, N.J.』(1973)/1978
8."It's Hard to Be a Saint in the City" /『Greetings from Asbury Park, N.J.』(1973)/1978
9."Backstreets" /『 Born to Run』(1975)/1978
10."Rosalita (Come Out Tonight)" /『The Wild, the Innocent & the E Street Shuffle』(1973)/1978
11."Raise Your Hand" (Cropper/Floyd/Isbell) /Eddie Floyd『Knock on Wood』(1967)/1978
12."Hungry Heart" /『The River』(1980)/1980
13."Two Hearts"/『The River』(1980)/1981

00_20_06.jpg<DISC2>
1."Cadillac Ranch" /『The River』(1980)/1981
2."You Can Look (But You Better Not Touch)" /『The River』(1980)/1980
3."Independence Day" /『The River』(1980)/1981
4."Badlands" 『Darkness on the Edge of Town』(1978)/1980
5."Because the Night" (Springsteen/Smith) Patti Smith『Easter』(1978)/1980
6."Candy's Room" /『The River』(1980)/1981
7."Darkness on the Edge of Town" / 『Darkness on the Edge of Town』(1978)/1980
8."Racing in the Street" / 『Darkness on the Edge of Town』(1978)/1981
9."This Land Is Your Land" (Guthrie) Woody Guthrie(1945)/1980
10."Nebraska" /『Nebraska』(1982)/1984
11.“Johnny 99"/『Nebraska』(1982)/1985
12."Reason to Believe" /『Nebraska』(1982)/1984
13."Born in the U.S.A." /『Born in the U.S.A.』(1984)/1985
14."Seeds" /1985

00_20_09.jpg<DISC3>
1."The River" /『The River』(1980)/1985
2."War" (Strong/Whitfield)/The Temptations(1970)/1985
3."Darlington County" /『Born in the U.S.A.』(1984)/1985
4."Working on the Highway" /『Born in the U.S.A.』(1984)/1985
5."The Promised Land" / 『Darkness on the Edge of Town』(1978)/1985
6."Cover Me" /『Born in the U.S.A.』(1984)/1985
7."I'm on Fire"/『Born in the U.S.A.』(1984)/1985
8."Bobby Jean"/『Born in the U.S.A.』(1984)/1985
9."My Hometown" 『Born in the U.S.A.』(1984)/1985
10."Born to Run" 『Born To Run』(1975)/1985
11."No Surrender" /『Born in the U.S.A.』(1984)/1984
12."Tenth Avenue Freeze-Out" /『The River』(1980)/1984
13."Jersey Girl" (Waits) Tom Waits 『Heartattack and Vine』(1980)/1981

00_20_10.jpgリクエストは、『Wrecking Ball』(2012)以来だから、僕にとっては8年ぶりになる2020年発売のアルバム(『High Hopes』(2014)、『American Beauty』(EP)(2014)は聴いていない)。
ローリング・ストーン誌の評(review)が面白かったけど長くてとても訳せないので、1995年にスタートしたピッチフォーク (Pitchfork)のWEBサイトから。
サム・ソドムスキー(Sam Sodomsky)の評点は10点満点の 7.4点と必ずしも高くないけど、古めかしいロック評論っぽい表現が多いアンディ・カッシュ(Andy Cush)の短評を、出来るだけ直訳、出来るだけカタカナ英語無しで、僕の下手くそな日本語訳で。

00_20_11.jpgオルガン、ギター、吹き上げるテナーサックスを詰め込んだ編曲で、高揚する見せ場をキラキラとしたロックに混ぜ合わせた『あなたへの手紙』は、ブルース・スプリングスティーンが少なくともこの10年間に発表した何よりも、かつてのEストリート・バンドのレコードのように感じる。彼はバンドの「歓喜のオーケストラ」を背に受け、しかしまた、それをより複雑な目的の為に操っている。

00_20_14.jpg「最後に残る人」は、夜の終わりにステージで楽器を一人片付けるミュージシャンが、演奏者の生業(なりわい)の黄昏(たそがれ)への胸を刺すような比喩として描かれている。
「雨を降らす人」は、その魅力的な欺瞞(ぎまん)が絶望的な大衆を打ち負かすという指導者の復活を描いた賛歌。トランプ政権より前に書かれたものだが、この嵐の時代が異常なのではなく頂点であるということを思い出させてくれる。
全ての曲が必ずしも時事に関するものではないが、全て歴史に重い荷物を負わされている
『あなたへの手紙』の懐かしい音は、その主題と優雅に調和しており、そこでは現在の全ての瞬間が過去の重い荷物を背負っているのだ。
-アンディ・カッシュ-

00_20_12.jpgロックバー読本:第4集に向けてもう100本以上のコラムを書いたというマスターのツイートからぼんやりとどんな曲について書いているのか考えている。
もうすぐ終わる『DOUBLE FANTASY John & Yoko』を夫婦で見に行って、話題のうどん屋で彼女は鴨のおうどん、ぼくはきつねのおうどんと鉄火巻を食べた。
きのこ帝国の歌が使われているのを佐藤千亜妃さんのツイートで知って、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』脚本家主演女優の、日記のように綴られる映画を50歳以上夫婦割引きで見た。
名刺に書かれた名前ってことだけど社会人になって9社目の名刺をもらって8社目と兼務。労働法上の健康面での制限や配慮もあって兼務というのはなかなか難しいんだけど、映画でもやりたいこと/できることといった話があった。

00_20_15.jpg2週間前からポチポチ書いていたブログをアップしようと、学生時代は会社名、ブランド名じゃなくて、トラックとかセダンとかいう車の種類だと思っていたJEEP(ジープ)のCMに出演した(コマーシャル初出演だそうだ)と思ったら飲酒運転(ファンに写真撮影を頼まれてオートバイを降り勧められたテキーラを飲んだそうだ)ですぐに配信停止になった、ブルース・スプリングスティーンの2020年のアルバムを聴いていたら、福島沖で大きな地震があって、バタバタとメールやら電話やら。

00_20_16.jpgリクエストは、2020年のアルバムから、最初のシングルの、
Ghosts/『Letter To You』(2020)-Bruce Springsteen

1975年から1985年のライブ盤から、MTVでもよくかかった、
War/『Live/1975–85』(1986)-Bruce Springsteen & The E Street Band

モータウンのテンプテーションズで、
War/『 Psychedelic Shack』(1970)ーThe Temptations

もう1曲、ブルース・スプリングスティーンがカバーしたのは、こっちかな?モータウンの、
War/『War & Peace』(1970)-Edwin Starr

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3666,3667,3668,3669)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3680,3681,3682,3683)

Blake Mills(2012)(2020)/My Chemical Romance(2012)/Lucinda Williams(2012)(2020)/Silversun Pickups(2012)(2019)

00_19_01.jpgボブ・ディランの元歌が好きだったり、カバーしたミュージシャン/バンドが好きだったりっていう曲を1枚から1曲ずつ4曲。
元々レコード/CDには歌詞は付けない考えだそうで輸入盤には歌詞がないんだけど、あまり持っていないけど日本盤には歌詞が載っているし、書籍は出版されているし、それ以上にネットには歌詞や翻訳が沢山でているので、そういうのを参考にして、下手くそな日本語訳も少しずつ4曲。
女性ボーカルは女性言葉で。

00_19_02.jpgSimple Twist of Fate/『Blood On The Tracks 』(1974)/Diana Krall を選んだDisc1から、
Not Dark Yet/ 『Time Out Of Mind』(1997)/Silversun Pickups

ここで生まれて ここで死ぬ
動いているよう 見えるかも
でもただじっと 立っている
身体の全ての 神経が むき出しズキズキ 疼(うづ)いてる
何から逃げて ここに来た そんなことも 覚えてない
祈りの囁(ささや)く 声さえも もはや聞こえや しないんだ
まだまだ暗くは ないけれど でも近づいて 来てるんだ
時々背負い きれないほど 重い荷物が あるんだよ
まだまだ暗くは ないけれど でも近づいて 来てるんだ

ーシルヴァーサン・ピックアップス

00_19_03.jpgLicense To Kill/『Infidels』(1983)/ Elvis Costello を選んだDisc2から、
Heart Of Mine/『Shot Of Love』(1981)/Blake Mills

俺の心よ 静まって
火遊びしたら 代償(だいしょう)も
彼女に知らせて くれるなよ
愛しているって 知らせるな
馬鹿(ばか)はやめろよ 闇雲(やみくも)
やめておけって 俺の心よ 

-ブレイク・ミルズ

00_19_04.jpgI Want You/『Blonde On Blonde』(1966)/Ximena Sariñana を選んだDisc3から、
Desolation Row/『Highway 61 Revisited』(1965)/My Chemical Romance

シンデレラ 彼女とっても 軽いんだ 人を知るには 取らなくちゃ 彼女は笑って そう言うよ
そして両手を おしりのポケット ベティ・デイヴィス スタイルさ
するとロミオが やって来て 君は僕の ものだって 信じてるって 呻(うめ)いてる
そして誰かが 言っている 友よ来るとこ 間違ってる 帰った方が いいですよ
それから残った 物音は 救急車が 出た後に シンデレラが 掃き掃除 廃墟を掃いてる 音だけさ

-マイ・ケミカル・ロマンス
 
00_19_05.jpgI'll Remember You/『Empire Burlesque』(1985)/Thea Gilmore を選んだDisc4から、
Tryin' to Get to Heaven - Lucinda Williams

ホームに佇(たたず)む 人々が 電車が来るのを 待っている
心の鼓動 聞こえてる 振り子 揺れるよう
私は貴方に 全てのもの 貴方の心が 望むもの
与えようと したけれど 
私は道を 下ってく 悲しみ抱えて 下ってく
天国たどり つくために が閉まる その前に

-ルシンダ・ウイリアムズ
 
00_19_08.jpgこの2012年のチャリティ・アルバムほとんどの曲それまで未発表のもの(previously unreleased)で、75曲中69曲がこのアルバムの為の新録音だそうだ。
もっと古い録音だと、ボブ・ディランのカバーは、こんな曲をリクエストしていた。

Mr.Tambourine Man(1965)//Byrds(1965)
My Back Pages(1964)//Byrds(1967)

Like A Rolling Stone(1965)//The Rolling Stones(1995)
Ballad Of A Thin Man(1965)//Kula Shaker(2003)

00_19_11.jpgJust Like A Woman(1966)//Rod Stewart(1981)
Just Like A Woman(1966)//Jeff Buckley(1993)

All Along Watchtower(1967)//Jimi Hendrix(1967)
Wicked Messenger(1967)//Faces(1970)
If Not for You(1970)//George Harrison(1970)

Knockin' On Heaven's Door(1973)//Guns'N Roses(1991)
Knockin' On Heaven's Door(1973)//Warren Zevon(2003)

00_19_10.jpgKnockin' On Heaven's Door(1973)//Avril Lavigne(2003)

Make You Feel My Love(1997)//Billy Joel(1997)
Make You Feel My Love(1997)//Adele(2008)

僕がリクエストしたカバーの元歌は、60年代、70年代の古い曲ばかりで、90年代が1曲だけ。

では、そもそもボブ・ディランのカバーってどのくらいあるんだ?とWikipediaを検索したら、英語とスウェーデン語で、List of artists who have covered Bob Dylan songsが。

00_19_07.jpgデータの並び替えも出来るようになっていたので、カバーされた回数/ミュージシャン・バンド数(発売されたレコード・CDの数)で順位を付けてみたら、こんなの。

第1位:Blowin' in the Wind(1962) 63バージョン
第2位:Don't Think Twice, It's All Right(1962) 50バージョン
第3位:Mr. Tambourine Man(1965) 34バージョン
第3位:I Shall Be Released(1967) 34バージョン
第5位:Like a Rolling Stone(1965) 33バージョン

00_19_06.jpg第6位:The Times They are a Changin'(1963) 30バージョン
第6位:All Along the Watchtower(1967) 30バージョン
第8位:Tomorrow is a Long Time(1963) 26バージョン
第9位:Girl from the North Country(1962) 24バージョン
第9位:Just Like a Woman(1966) 24バージョン

以下、Forever Young(1973)It Ain't Me Babe(1964)Knockin' on Heaven's Door(1973)Lay Lady Lay(1969)I'll Be Your Baby Tonight(1967)Masters of War(1962)One Too Many Mornings(1963)・・・。

00_13_04.png最近の、といっても20年になる2000年以降のアルバムだと『Love And Theft』(2001)はマリア・マルダーシェリル・クロウがカバーしてる曲があるけど、Rolling Stone誌のアルバム・レビューで満点だった『Modern Times』(2006)『Tempest』(2012)は、完成され過ぎてカバーしようがないってことかな?1曲もカバーされていないようだ。

リクエストは、ボブ・ディランをカバーしたミュージシャン・バンドの2019年、2020年のアルバムから。

00_19_13.jpg『Rough and Rowdy Ways』(2020)にも参加した、
Vanishing Twin/『Mutable Set』(2020)-Blake Mills

チャリティ盤の他には、”Positively 4th Street”もカバーしてる、
You Can't Rule Me/『Good Souls Better Angels』(2020)ーLucinda Williams

ボブ・ディランのカバーは1曲だけの、
It Doesn't Matter Why/『Widow's Weeds』(2019)ー Silversun Pickups

2019年に再結成したMy Chemical Romanceは、今年はアルバム出るかな?

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3659,3660,3661,3662,3663,3664,3665)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3673,3674,3675,3676,3677,3678,3679)

I'll Remember You - Thea Gilmore/ John Brown - State Radio/All Along the Watchtower-Dave Matthews Band

00_15_02.jpg2012年に発売になって、僕がリクエストしたのは2013年9月13日のことだから、もう8年以上前。
その時は曲のリストを転載して1曲リクエストしただけなんだけど、4枚組でいい歌と演奏が沢山入っているので、1枚ずつからリクエスト。

Disc 4 はこんな曲(作詞・作曲は一部を除いて全曲ボブ・ディラン)。

1. I Shall Be Released - Maroon 5
2. Political World - The Carolina Chocolate Drops
3. Like a Rolling Stone - Jeff Beck/Seal

00_18_05.jpg4. Bob Dylan's 115th Dream - The Phamtom Blues Band/Taj Mahal
5. Senor (Tales of Yankee Power) - Dierks Bentley
6. One of Us Must Know (Sooner or Later) - Mick Hucknall

7. I'll Remember You - Thea Gilmore
8. John Brown - State Radio
9. All Along the Watchtower - Dave Matthews Band

10. Subterranean Homesick Blues - Michael Franti
11. Mama, You Been on My Mind - We Are Augustines
12. Tryin' to Get to Heaven - Lucinda Williams

00_18_01.jpg13. Quinn the Eskimo (The Mighty Quinn) - Kris Kristofferson
14. Gotta Serve Somebody - Eric Burdon
15. I'd Have You Anytime - Evan Rachel Wood

16. Baby Let Me Follow You Down - Marianne Faithfull
17. Forever Young - Pete Seeger (featuring Rivertown Kids)
18. Chimes of Freedom - Bob Dylan

00_18_02.jpgリクエストは、ボブ・ディランの作った曲、歌った曲を、いろん,なミュージシャンが演奏し、歌った、4枚組のチャリティCDのディスク4から。

イギリスのシンガー・ソングライターのティア・ギルモアが歌ったのは、ベタベタのラブソングだけど、女性が歌うと本当にいい。
Disc4の7曲目。
こんな歌詞、ちょっと女言葉で。
僕は高校生で、この曲の入ったアルバムは聴かなかったけど、1985年頃の歌。

貴方を愛さな かったかな? 私は気を付け なかったの?
私は眠れな かったかな? 貴方の隣で 泣かないで 
貴方の髪を 濡らしてる 雨に濡れて なかったの? 


貴方は私を 覚えてる 風が松の木 吹き抜けて
正しかったの 貴方だった 分かっていたのは 貴方だった
私は一度も 口にせず 貴方が私を 好きになる
結局そんな ことはせず 私の大事な 友だちよ
私は貴方を 忘れない


00_18_03.jpgDisc4の8曲目も。
男性の名前がタイトルになった曲だけど、ちょっと女性が歌うと重すぎるかな?
こんな歌詞、男言葉で。
僕が生まれる4年前、1962年に作られたらしい曲。

覚えてるよね お母さん 僕が戦争 行く時に
僕にできる 最善と 貴方は 考えたんだよね

僕は戦場 貴方は家で 貴方は自慢 してたよね
貴方はそこで 僕の靴 代わりに履くこと できないよ


ああ 僕は 神さま 僕は考えた 僕はここで 何してる
誰かを殺そう してるのか それとも 死のうと してるのか
 
00_15_08.jpgだけど何より 怖かった それは敵が 来た時だ
僕は彼の 顔を見た 僕とおんなじ顔だった


考えずにはいられない 雷が鳴り 臭い中
僕はただの 人形だ ゲームの中の人形だ

凄い音と 煙の中 ついに糸は 引きちぎれ
砲丸、僕の 目ん玉を 吹き飛ばしたんだ ばっくりと


彼は背を向け 歩き出す 母親 ショックで 動けない
彼の腰を 支えてる 金具の留め具 見つめてた  

彼は母を 振り返り 近くに呼んで 手渡した
勲章ひとつ 手の中に 母の手の中 落としたよ


ちょっと暗くなっちゃったかな?
じゃあ、9曲目の同い年、デイヴ・マシューズ・バンドも。
あ、この曲この前リクエストしたか・・・

じゃあ、女声で。
ティア・ギルモアがアルバム丸々カバーしたやつから、
All Along the Watchtower/『John Wesley Hardin』 (2011)ーThea Gilmore

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3656,3657,3658)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3670,3671,3672)

I Want You(2012)/Resistiré México(2020)/Resistiré 2020(2020)/Resistiré(1988)

00_15_02.jpg2012年に発売になって、僕がリクエストしたのは2013年9月13日のことだから、もう8年以上前。
その時は曲のリストを転載して1曲リクエストしただけなんだけど、4枚組でいい歌と演奏が沢山入っているので、1枚ずつからリクエスト。

Disc 3 はこんな曲(作詞・作曲は一部を除いて全曲ボブ・ディラン)。

01. K'NAAN - With God On Our Side
02. Ximena Sariñana - I Want You
03. Neil Finn with Pajama Club - She Belongs to Me
04. Bryan Ferry - Bob Dylan's Dream
05. Zee Avi - Tomorrow Is A Long Time
06. Carly Simon - Just Like a Woman
07. Flogging Molly - The Times They Are A-Changin'
08. Fistful Of Mercy - Buckets Of Rain

00_17_01.jpg09. Joe Perry - Man Of Peace
10. Bad Religion - It's All Over Now, Baby Blue
11. My Chemical Romance - Desolation Row
12. RedOne featuring Nabil Khayat - Knockin' on Heaven's Door
13. Paul Rodgers & Nils Lofgren - Abandoned Love
14. Darren Criss featuring Chuck Criss & Freelance Whales - New Morning
15. Cage the Elephant - The Lonesome Death of Hattie Carroll
16. Band of Skulls - It Ain't Me, Babe
17. Sinéad O'Connor - Property of Jesus
18. Ed Roland and The Sweet Tea Project - Shelter From The Storm
19. Ke$ha - Don't Think Twice, It's All Right
20. Kronos Quartet - Don't Think Twice, It's All Right

00_17_03.jpgリクエストは、ボブ・ディランの作った曲、歌った曲を、いろん,なミュージシャンが演奏し、歌った(Disc3には歌のないインストもある)、4枚組のチャリティCDのディスク3から。

ロックバーのボブ・ディランvoteで、投票者13人の投票/リクエストから選んだ僕の「裏ベスト投票」で、第3位に選んだ曲。
こんな投票。

1.Like A Rolling Stone
2.Blowin' In The Wind
3.I Want You
4.A Hard Rain's A-Gonna Fall
5.Ballad Of A Thin Man
6.Lay Lady Lay
7.It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry

00_17_02.jpg8.One More Cup Of Coffee
9.Love Minus Zero/No Limit
10.Isis
11.The Times They Are A-Changin'
12.Forever Young
13.Wallflower 改め Hazel

リクエストは、Disc3の2曲目。

ロックバーのイベントでは僕一人のリクエストだった曲をメキシコのシンガー・ソングライター、女優、キシメナ・サリナーナ:Ximena Sariñanaが歌った、

I Want You/Ximena Sariñana

00_17_04.jpgキシメナ・サリナーナも参加した ”Resistiré México”は、Wikipedia(僕はスペイン語が訳せないので英語から)によると「4月16日にリリースされた、メキシコのスーパーグループ、アーティストたちによって録音されたチャリティー・シングル。DúoDinámicoの1988年のヒット曲”Resistiré”のリメイク」で「すべての収益は、メキシコでのCOVID-19パンデミックにつながることが確認されている」とのこと。

00_17_05.png

4月1日スペインでリリースされた“Resistiré 2020”は、元歌の"Resistiré"のWikipedia(僕はスペイン語が訳せないので英語から)にこんな解説。

"Resistiré" (英語では "I Will Resist"「私は耐える」)は、スペインのグループ Dúo Dinámico (英語だと”Dynamic Duo”ダイナミック・デュオ)の1988年のヒット曲。
アルゼンチンでは、2003年に Estela Raval が自身の癌闘病をテーマにカバー、またDavid Bolzoniのデュオでのカバーが大ヒットした。
ドミニカでは、トニョ・ロザリオがカバーし、ヒットさせた。
コロナ禍で、この曲は市民の間で再び人気となり、バルコニーに出て一緒に歌い、スペインの医療制度の労働者を励ました。
それは、健康危機に対する『抵抗と克服の賛歌』とされている。

00_17_06.jpg

僕はスペイン語が訳せないので英語からなんだけどこんな歌詞。
五七五っていうか、都都逸風の七五調で。

すべての勝負 負けたとき
ひとりぼっちで 寝れないとき


出口がないよな そんなとき
どんなにつらい ときだって


どんなに打ちのめ されたって
耐えていくんだ あきらめない


耐えていくんだ あきらめない

00_15_08.jpgリクエストは、”I Want You”。それから、
”Resistiré México”
“Resistiré 2020”
"Resistiré"
(English: "I Will Resist")。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3652,3653,3654,3655)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3666,3667,3668,3669)

License To Kill(2012)/No Flag(2020)/Elvis Costello / License To Kill(1983)/Bob Dylan

00_15_02.jpg2012年に発売になって、僕がリクエストしたのは2013年9月13日のことだから、もう8年以上前。
その時は曲のリストを転載して1曲リクエストしただけなんだけど、4枚組でいい歌と演奏が沢山入っているので、1枚ずつからリクエスト。

Disc 2 はこんな曲(作詞・作曲は一部を除いて全曲ボブ・ディラン)。

01. Queens Of The Stone Age - Outlaw Blues
02. Lenny Kravitz - Rainy Day Woman # 12 & 35
03. Steve Earle, Lucia Micarelli - One More Cup of Coffee (Valley Below)
04. Blake Mills - Heart Of Mine
05. Miley Cyrus- You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
06. Billy Bragg - Lay Down Your Weary Tune
07. Elvis Costello - License to Kill
08. Angelique Kidjo - Lay, Lady, Lay

00_16_03.png09. Natasha Bedingfield - Ring Them Bells
10. Jackson Browne - Love Minus Zero/No Limit
11. Joan Baez - Seven Curses
12. The Belle Brigade - No Time To Think
13. Sugarland - Tonight I'll Be Staying Here With You (Live)
14. Jack's Mannequin - Mr. Tambourine Man
15. Oren Lavie - 4th Time Around
16. Sussan Deyhim - All I Really Want To Do
17. Adele - Make You Feel My Love (Live)

00_16_02.jpgリクエストは、ボブ・ディランの作った曲、歌った曲を、いろんなミュージシャンが演奏し、歌った、4枚組のチャリティCDのディスク2から。

ロックバーのボブ・ディランvoteで僕は第4位に選んだ曲。
こんな投票。

1.I Want You(僕は君が欲しい)
2.Just Like A Woman(ちょっと女のように)
3.Joker Man(野郎)
4.License To Kill(殺人許可証)
5.Is Your Love In Vain?(それとも空しい恋なのか)
6.If You See Her, Say Hello(彼女にあったら、よろしくと)
7.Tangled Up In Blue(悲しい唄にこんがらがって)
8.Workingman's Blues #2(働く男の哀歌その2)
9.Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again(メンフィスのブルースと一緒に立ち往生)
10.Roll On John(ジョンよ、来い、早く来い)

リクエストは、Disc2の7曲目。
Elvis Costello - License to Kill

00_16_04.jpg1966年生まれで、1982年4月から1985年3月までが高校生で、一人でレコードをだけど、この2枚のアルバムは1曲1曲、沁み込むように聴いていた。
レコードだから通学や授業中やラグビーの練習中は聴けないから、平均すれば(平均する意味など全くないのだけど)一日に一曲くらいかな?
『Infidels』(1983)
Side one
1."Jokerman"
2."Sweetheart Like You"
3."Neighborhood Bully"
4."License to Kill"
Side two
1."Man of Peace"
2."Union Sundown"
3."I and I"
4."Don't Fall Apart on Me Tonight"

00_15_05.jpg『Punch the Clock』(1983)
Side one
1."Let Them All Talk"
2."Everyday I Write the Book"
3."The Greatest Thing"
4."The Element Within Her"
5."Love Went Mad"
6."Shipbuilding"
Side two
1."T.K.O. (Boxing Day)"
2."Charm School"
3."The Invisible Man"
4."Mouth Almighty"
5."King of Thieves"
6."Pills and Soap"
7."The World and His Wife"

あ、リクエストは、2019年、2020年の洋楽だから、コロナ禍のことを(ことも、かな?)歌った、

No Flag /『Hey Clockface』 (2020)-Elvis Costello

為政者のことを(ことも、かな?)歌った、

License To Kill / 『Infidels』(1983)ーBob Dylan

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3649,3650,3651)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3663,3664,3665)

Simple Twist of Fate(2012)/Wallflower(2015)/Diana Krall

00_15_02.jpg2012年に発売になって、僕がリクエストしたのは2013年9月13日のことだから、もう8年以上前。
その時は曲のリストを転載して1曲リクエストしただけなんだけど、4枚組でいい歌と演奏が沢山入っているので、1枚ずつからリクエスト。

Disc 1 はこんな曲(作詞・作曲は一部を除いて全曲ボブ・ディラン)。

1. "One Too Many Mornings" / Johnny Cash feat. The Avett Brothers
2. "Leopard-Skin Pill-Box Hat" / Raphael Saadiq
3. "Drifter's Escape" / Patti Smith
4. "Ballad of Hollis Brown" / Rise Against
5. "Blind Willie McTell" / The Nightwatchman
6. "Corrina, Corrina" (Traditional) / Pete Townshend
7. "Most of the Time" / Bettye LaVette
8. "This Wheel's On Fire" (Dylan, Rick Danko) / Charlie Winston
9. "Simple Twist of Fate" / Diana Krall

00_15_09.jpg10. "You Ain't Goin' Nowhere" / Brett Dennen
11. "Love Sick" / Mariachi El Bronx
12. "Blowin' in the Wind" / Ziggy Marley
13. "Changing of the Guards" / The Gaslight Anthem
14. "Not Dark Yet" / Silversun Pickups
15. "You're a Big Girl Now" / My Morning Jacket
16. "Boots of Spanish Leather" / The Airborne Toxic Event
17. "Girl from the North Country" / Sting
18. "Restless Farewell" / Mark Knopfler

00_15_01.jpg#400 2015/04/26
今おすすめのアルバムを教えてください。
****
最近買ったCDの中ではDiana Krallの『Wallflower』(Verve)が素敵だったです。冒頭の「カリフォルニア・ドリーミン」からぐんと痺(しび)れます。David Fosterの編曲も練れています。お気にいるといいのですが。
****
「村上さんのところ」村上春樹著、平成30年5月1日発行)

Wallflower (Diana Krall album)(2015)は、こんな曲が入ったカバー曲集

1."California Dreamin'" / The Mamas & the Papas
2."Desperado" / Eagles
3."Superstar" / Delaney & Bonnie
4."Alone Again (Naturally)" (duet with Michael Bublé) / Gilbert O'Sullivan
5."Wallflower" (featuring Blake Mills) / Bob Dylan / Doug Sahm
6."If I Take You Home Tonight" / Paul McCartney / Diana Krall

00_15_04.jpg7."I Can't Tell You Why" / Eagles
8."Sorry Seems to Be the Hardest Word" / Elton John
9."Operator (That's Not the Way It Feels)" / Jim Croce
10."I'm Not in Love" / 10cc
11."Feels Like Home" (duet with Bryan Adams) / Randy Newman / Linda Ronstadt
12."Don't Dream It's Over" / Crowded House

00_15_05.jpgリクエストは、ボブ・ディランの作った曲、歌った曲を、いろんなミュージシャンが演奏し、歌った、4枚組のチャリティCDのディスク1から。
僕にとっては、父親がジャズ・シンガー、トランペット奏者のエルヴィス・コステロの妻っていう印象が強いんだけど、90年代以降最も成功を収めたジャズ・シンガーと言われるダイアナ・クロールで、

Simple Twist of Fate/『Chimes of Freedom: The Songs of Bob Dylan Honoring 50 Years of Amnesty International』(2012)-Diana Krall

00_15_10.jpgいろんなミュージシャンが作った曲、歌った曲を、ダイアナ・クロールが歌った、村上春樹がおすすめのアルバムから。
ダグ・サームが『Doug Sahm and Band』(1973)に収録、ロックバーのボブ・ディラン・イベントでもリクエストがあって、「踊る相手がいない娘」って訳したりもした、

Wallflower (featuring Blake Mills) /『Wallflower』(2015)-Diana Krall

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3647,3648)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3661,3662)

All Along The Watchtower (Bob Dylan) feat. Warren Haynes / Playing For Change(2018)/ I Contain Multitudes/ Rough and Rowdy Ways(2020)

00_10_02.jpgいわゆる松の内に二度目の発令となった緊急事態宣言はその少し前、だいたい三が日の間に対応を決めていたところが多いと思うけど、upset the apple-cartも、1月4日には、22時までの営業は7日まで、8日からは1月いっぱい土日祝祭日のみ1600-2000での営業を発表した。
その後、正式に緊急事態宣言が発令されて、少し休業が伸びるとの案内

「それで俺はフリーな時間を14日獲得するわけですが、その間にまた原稿書きます、4冊目のロックバー読本です」とのこと。

ともあれ、4冊目のロックバー読本は、楽しみだ。
ときたから、今度は黄色かな?

00_05_02.jpgこの前ようやく2020年12月発売(ボーナストラックの入った日本盤は2021年1月の発売)のTayler Swift の『evermore』からリクエストをしたんだけど、2018年10月28日から2020年10月29日までの2年間、1966年、僕が生まれた年のスパイダース『No.1』から、2020年、去年のラブリーサマーちゃん『三度目の正直』まで、ずっと日本のロックをリクエストしてて、その後はジョン・レノン生誕80周年40回目の命日に合わせてジョン・レノン(録音は1969-1980)ばっかり。

Isolation/Superorganismはコロナ禍の中で録音されたものだけど、ライブ配信を観た佐藤千亜妃『PLANET』も、リクエストした The Weight/Featuring Ringo Starr and Robbie Robertson/Playing For Change/Song Around The World も2018年、2019年。
今年は、リクエストしなかった2019年、2020年の洋楽ももう少しリクエストしよう。

00_10_03.jpg単行本が2016年で文庫になったのが2019年の、村上春樹著「村上さんのところ」は「何年かに一度」の「読者の皆さんとのメールのやりとりのようなこと」で、2015年1月15日から2015年4月30日までの読者からの「メールの質問」に村上春樹が「メールで回答」したものをスタッフと選りすぐったものだとか。

かわいらしくって面白いフジモトマサルさんの絵(村上さんのところ)と本田しずまるさんの絵(ロックバー読本)がちょっと似てるってこともあるけど、ロックバーでのロックのリクエストは主(あるじ)と客(まろうど、まれびと)の「やりとりのようなこと」と僕が思っているからか、ロックバー読本にちょっと似ているように思う。

00_05_01.jpg著作権に問題がありそうだけど、ちょっと抜粋。

#350 2015/04/17
翻訳は時代とともに更新されるべきなのか 
****
(オリジナル・テキストは)時代性を含んで成立しているものですから、言葉が古くなっても、事情がかわっても、人の考え方がかわっても、(略)永遠の定点として存在します。
しかし翻訳は時代とともに更新されていく必要があります。なぜなら翻訳は芸術ではないからです。
それは技術であり、芸術を運ぶためのヴィークル=乗り物です。
乗り物はより効率的で、よりわかりやすく、より次代の要請に添ったものでなくてはなりません。
たとえば古い言葉は更新されなくてはなりませんし、表現はより理解しやすいものに変更されなくてはなりません。
それから、以前にはわかりにくかった様々な情報が、今ではわかるようになったということもあります。
(略)(フィッツジェラルド翻訳で「目の前をフランス大旅行団が通り過ぎていく」とあったのは、「ツール・ド・フランスの車列が目の前を通り過ぎて行った」だった、という話)
****
00_10_01.jpgThe Weight(The Band)/Featuring Ringo Starr and Robbie Robertson/Playing For Change
に続いて、
All Along The Watchtower (Bob Dylan)/ feat. Warren Haynes / Playing For Change
をリクエスト。
ロックバー読本でマスターのコラムがあった曲。

なかなか「乗り物」のようにも上手く出来ないけど、下手くそな日本語訳。

「ここから抜け出す 手はあるさ」
道化者(どうけもの)は 盗人(ぬすっと)に
「混乱ばかりで 休みなし
事業家どもは ワイン飲み 農夫どもは 土地耕す
やつらの誰も その価値を まったくわかっちゃ いないのさ」


00_05_00.jpg「そんなにイラつく 事じゃない」
盗人(ぬすっと)優しく 言うことに
「俺の仲間は 人生を ただの冗談 だって言う
そんな奴らが たくさんいる
だけどアンタと 俺は違う そんな考え 乗り越えて 
そんな運命 背負わずに 
思っちゃいない ことなんて 話をするのは やめようや
夜も更けて きたからな」


******
最後のところは、watchtower が上手く訳せない。
一般に、見張塔(みはりとう)って訳されると思うけど、僕は見張塔っていう言葉を使ったことがない。
消防署にある火の見櫓(ひのみやぐら)は良く知ってるけど別のものかな?望楼(ぼうろう)っていうのも漢詩か何かに出てきそうだけど、まあ、分かる。
東京に住むようになってから親しんだ赤坂見附、四谷見附の見附(みつけ)でもいいと思う。旧約聖書の訳で使われるっていう「ものみ」は物見遊山(ものみゆさん)の観光の印象。
やっぱり、監視塔(かんしとう)かな?
*******

監視塔から ずっと見る
王子たちは 眺めてた
裸足(はだし)の召使(めしつかい)従(したが)えた
女たちが 行き来する
外の遠くの 彼方では
ヤマネコの声 唸(うな)り声 
馬に乗った 者二人 近づいて来て そうしたら
風がざわめき 始めたさ


00_05_02.jpgThe Weight(The Band)/Featuring Ringo Starr and Robbie Robertson/Playing For Change(2018)
も、
All Along The Watchtower (Bob Dylan)/ feat. Warren Haynes / Playing For Change(2018)
も、まだ、CDになってないのかな?
CDになる予定はあるのかな?

Playing For Change: Songs Around The World(2009)/ 100 musicians/ 21 Countries
1.Stand by Me
2.One Love
3.War / No More Trouble
4.Chanda Mama
5.Don't Worry
6.Better Man
7.Biko
8.Lean On Me
9.Pemba Laka
10.All You Need Is Love

00_05_01.jpgPFC 2: Songs Around The World(2011)/ 150 musicians/ 25 Countries
1.Three Little Birds
2.Gimme Shelter
3.La Tierra del Olvido
4.Satchita
5.Music Is My Ammunition
6.Redemption Song
7.Higher Ground
8.Groove In G
9.Minuit
10.Imagine

PFC 3: Songs Around The World(2014)/ 185 musicians/ 31 Countries
1.La Bamba
2.Words of Wonder
3.Get Up Stand Up
00_05_00.jpg4.Reggae Got Soul
5.Down by the Riverside
6.A Better Place
7.What's Going On
8.Guantanamera

ちょっとネットで探してみたんだけどCDは見つからなかったので、Wikipedia(日本語)にはまだ記事がないけど、英語とそれを翻訳したスペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語ではこんな風に書かれている、ボブ・ディランの『Rough and Rowdy Ways』(2020)を。

下手くそな僕の翻訳で。

00_05_03.jpg『整備されていない荒れた道』はアメリカの曲を作る歌手(シンガー・ソングライター)ボブ・ディランの39枚目のアルバムで、2020年6月19日、コロンビア・レコードから発売された。2012年の『大嵐(テンペスト)』以来の自作曲集で、3枚組の古いポップスの流行歌集を含む3枚のアルバムに続くもの。

「もっとも卑劣な殺人」「私は多数を含んでいる」「 偽預言者」が先行シングル。批評家から広く賞賛され、ディランの最高の作品の1つと言われている。売り上げの最高位は10ヵ国以上で第一位、米国とオーストラリアで第二位だった。

アルバムタイトルは、1929年のジミー・ロジャーズの曲「俺の大雑把で乱暴なやり方」の引用と思われ、アルバムの内側の袖にはロジャーズの写真も含まれている。

00_13_04.pngリクエストは3曲の先行シングルのうちの1曲で、アルバム1曲目。

I Contain Multitudes/『Rough and Rowdy Ways』(2020)-Bob Dylan

こんな歌詞。

今日そして 明日それから 昨日また
花は枯れてく 全てと同じく


ぴったりと ついておいでよ ひっついて
わたしはベルリン 映画祭へと


君一緒 来てくれなけりゃ 平静さ
失くしてしまうよ きっとわたしは


髪型が ちゃんとしているか 不安だし
血の争いも してしまうかも


いろんなの わたしの中には いろんなの
いろんな面が いっぱいあるんだ


upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3645,3646)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3659,3660)

Sexagenary Cycle(2008-2021)/cowboy like me/『evermore』(2020)

00_12_16.jpg中国をはじめとするアジア漢字文化圏で用いられたっていうのがロックのリクエストにふさわしくないっていうのではない。干支(えと)の”Sexagenary Cycle”っていう英語は、なにやらロックっぽい響きもする。
これまでやらなかったのは、亥(い)、猪:いのししっていうのが、なかなか見つからないからかな?
干支(十二支)の一巡、12年も続けるなんて考えていなかったからかな?

毎年、来年からは賀状は失礼します、と連絡をもらったり、喪中を機になんとなく出さなくなったりで、だんだん減って来た年賀状は、今年は丑(うし)のイラストが入ったのを送ったんだけど、一度やってみたかった、干支(えと)の十二支(じゅうにし)のリクエスト。
ちょっとこれまでのお正月、年始のリクエストを振り返りながら。

00_12_01.jpg2008年01月03日、子(ね)年。
「年賀状」をやりとりしている人たちには、僕が何年か前に文字通りの意味で死にかけたことは伝えていない。
今後も伝えるつもりはない。
だって、どの道、今も死にかけているんだ。上手くいけば、何十年もかけて死ぬんだ。その時に伝えれば十分だろう。
運良く、じじいになっていたら、最高だね。
彼や、彼女や、君も、じじいや、ばばあになってたら、最高だね。

と書いて、
Keep Yourself Alive/『Queen』(1973)ーQueen
をリクエストした。
ネズミのジャケットからのリクエストは、マーティ・フリードマン在籍最後のメガデスのアルバムから、不眠症って曲。
Insomnia/『RISK』(1999/2004)ーMegadeth

00_12_02.jpg2009年01月03日、丑(うし)年。
何で、ロックなの?と聞かれて、
ロックはいつも2番だったから。不動の2番だったから。映画や文学は3番以下で色々入れ替わったけど、と答えた。
ロックバーの親父に、一番は?って聴かれていたら、人、と答えようと思っていた。
まあ、自分も含めて、人。
知ってる、生きてる、人。

と書いて、
Rock It(Prime Jive)/『The Game』(1980)ーQueen
をリクエストした。
ウシのジャケットからのリクエストは、upset the apple-cart(2007- )ではちょっとリクエストが難しいけど、Common Stock(1991-1999)ならありかな?
Atom Heart Mother(Father's Shout ~ Breast Milky ~ Mother Fore ~ Funky Dung ~ Mind Your Throats, Please ~ Remergence)/『Atom Heart Mother』(1970)―Pink Floyd

00_12_03.jpg2010年01月02日
寅(とら)年。
2010年を迎える僕は、1983年、高校生のころに、「こういう人になりたい、こんなふうになりたい」と思ったようには、全然なっていないけど、
「こんな人にだけはなりたくない、こんなふうにだけはなりたくない」と思ったようには、なっていない。
と、思う。
と、思いたい。

と書いて、
New Year's Day/『War』(1983)ーU2
をリクエストした。
トラのジャケットからのリクエストは、自分で買ったわけじゃないけどレコードも家にあって映画館に行ったわけじゃないけど、大ヒットからしばらくして『ロッキー3』は家でビデオを見た、
Eye Of The Tiger/『Eye Of The Tiger』(1982)-Survivor

00_12_04.jpg2011年01月01日
卯(う)年。
今日は僕の誕生日。数え年のだけど。
年頭所感とか所信っていうようなたいそうなものじゃないけど、何度も止めようと思ってはだらだら続けてるロックバーへのロックのリクエストを続けようと、今日の誕生日に決めた。

と書いて、
Beautiful Day/『All That You Can't Get Out Of』 (2000)-U2。
をリクエストした。
ウサギのジャケットからのリクエストは、2020年の初めに亡くなったドラムの名手、ニール・パート(ピアート)が「グルーヴを維持しながら、ギターのリフがもたらした奇妙なシンコペーションを追いかけるのは難しかった」と語った(Wikipedia)、
Show Don't Tell/『Presto』(1989)ーRUSH

00_12_05.jpg2012年01月03日
辰(たつ)年。
ノーベル賞経済学者のマイケル・スペンスは「世界人口の15%が享受する豊かな生活が今世紀半ばには75%にいきわたる」とみる。世界はシンクロニシティー(共時性)を強め、共有するものや感覚が一段と増える。
(2012.1.1 日本経済新聞)

と書いて、
Hallelujah/『Hymns of 49th Parallel』(2010)
をリクエストした。
リュウのジャケットからのリクエストは、”Heat Of The Moment”に続く2枚目のシングル、
Only Time Will Tell/『Asia』(1982)-Asia

00_12_06.jpg2013年01月01日
巳(み)年。
人が言うには 浮世をはなれ 正気の沙汰や ないんやと
落ちぶれんよう いろいろと 注意忠告 しよるんや
おれはだいじょぶ やって言う 変な顔して 答えとる
「ゲームを降りて 幸せな はずないやろが アホかいな」

と書いて、
Watching The Wheels/『John Lennon Collection』(1982)ーJohn Lennon
をリクエストした。
ヘビのジャケットからのリクエストは、5曲のシングルのうち日本盤のボーナストラックに入ったB面の、1955年に作られて1968年に (Peter Green's) Fleetwood Mac がカバーした、
Need Your Love So Bad/『Slide It In』(1983)ー Whitesnake

00_12_07.jpg2014年01月02日
午(うま)年。
お正月にいつもと違う新聞を読んでいたら、親父のもとに戻った万葉集の掉尾(ちょうび)(一番最後)の祝い歌が取り上げられていた。
新(あたらしき)しき年の始(はじめ)の初春(はつはる)の今日降る雪のいや重(し)け吉事(よごと)
吉事とはよいこと、幸運なこと。
当時、雪は豊穣(ほうじょう)のしるしとされた。
めでたい正月にめでたい雪が降るように、よいことがますます重なりますように、という祈りだろう。
(2014年1月1日。朝日新聞。「天声人語」)

と書いて、
Northern Lady/『Rock the Nations』(1986)-Saxon
をリクエストした。
ウマのジャケットからのリクエストは、 Rod StewartEverything but the Girlがカバーした、
I Don't Want to Talk About It/『Crazy Horse』(1971)-Crazy Horse

00_12_08.jpg2015年01月03日
羊(ひつじ)年。
「一年の計は元旦にあり」というのは、「計画は早めにたてたほうがよい」と言う意味のことわざで、仕事のことなら実際は数ヶ月前とか数週間前に計画をたてるので、所信とか初心ということなら、英語の"New year's day is the key of the year."の方がよいと思う。
と書いて、
Young Bloods(1985)/さらばシベリア鉄道(1981)ー佐野元春/大瀧詠一
をリクエストした。
ヒツジのジャケットからのリクエストは、シングルにはなってないけど人気がある
Elderly Woman Behind the Counter in a Small Town/『Vs.』(1993)-Pearl Jam

00_12_09.jpg2016年01月02日
申(さる)年。
とても珍しいことだけど、歌詞の一部はエルトン・ジョンが書いたらしい。
エルトン・ジョンが書いたと言われている部分を、ちょっとへたくそな日本語訳。
我等に 平和に生きること
憎しみなくす 道をくれ
彼の色が なんであれ 私はそんなの 気にしない
彼は私の 兄弟で 
我等に 平和に生きること
憎しみなくす 道をくれ

と書いて、
Border Song/『Here And There』(1976/1995)ーElton John
をリクエストした。
サルのジャケットからのリクエストは、日本でだけ2曲シングル盤が発売になったらしいんだけど、そのうちの1曲の、
Can You Roll Her/『No Heavy Petting』(1976)-UFO

00_12_10.jpg2017年01月04日
酉(とり)年。
何年振りか分からない潮の香りを嗅いで、通っていた高校の辺りに沈む夕陽を見た。
義父の勤めていた会社が持っていたような曳船(えいせん)に当たる水の音を聞いて、小学校からの友達が勤める会社の缶コーヒーと煙草を呑む。
少し寒さを感じて、レイア姫のことを考えていた。

と書いて、
Zombie/『Everybody Else Is Doing It, So Why Can't We? 』(1993)ーCranberries
をリクエストした。
トリのジャケットからのリクエストは、自分で買ったのではないんだけどレコードが家にある、
More Than This/『Avalon』(1982)-Roxy Music

00_12_11.jpg2018年01月01日
戌(いぬ)年。
2枚組の日本盤で4000円もしたのを買ったのは、多分、お正月にお年玉をもらったから。
中学2年生のお正月。14歳。数え年では16歳。お正月はレコード屋は休みだったので、三学期が始まる前の1月4日か5日か6日か、その辺りで買ったのだと思う。
1981年、中学3年生、と日記に書いたのは、初めてちゃんと訳して、ノートに書いたからだと思う。
英語の勉強という意味もあったのかも知れないし、詩というものに興味を持つ年頃だったからかもしれないな。

と書いて、
Take It Easy('72)('73)ーEagles/Jackson Browne, Hotel California('91)-Gipsy Kings, Heaven('79)ーTalking Heads
をリクエストした。
イヌのジャケットからのリクエストは、ロックバー読本: 新型コロナウイルスをぶっ飛ばせ (KOMOREBI) Kindle版:西川宏樹 (著)、本田しずまる (イラスト)でマスターがコラムを書いた、
Teach Your Children/『Déjà Vu』(1970)-Crosby, Stills, Nash & Young

00_12_12.jpg2019年01月02日
亥(い)年。
勝手な思い込みかも知れないけど、こんな歌だと思っていたように、英語にして。
出来る限りの直訳。
え?しあわせ?って思っていたので(今でもそう思う)、そこは上手く訳せないけど。
At that high window, that boy was watching the sky even before he died
We don't know now
No one knows
Just thinking that he was too young, but he's happy
He longed for the sky, and he is hanging over the sky
That boy's life is an airplane cloud

と書いて、
ひこうき雲/やさしさに包まれたなら/セシルの週末/スラバヤ通りの妹へー荒井由実/松任谷由実
をリクエストした。
イノシシのジャケットからのリクエストは、あ、これは猪(いのしし)じゃないな、アルマジロ?長い組曲はリクエスト出来ないな。
Tarkus( Eruption ~ Stones Of Years ~ Iconoclast ~ Mass ~ Manticore ~ Battlefield ~ Aquatarkus ) / 『Tarkus』(1971)ーEmerson, Lake & Palmer

00_13_00.jpg2020年01月01日
子(ね)年。
新年が明けたんだけど今年もロックバーへのロックのリクエスト/日記は続けるつもりで、出来る限りってことだけど
・嘘を書かない
・評価評論をしない
・コマーシャリズムを排除する
っていう制約もそのまま。

と書いて、
働く男(1990)/アジアの純真(1996)ーPUFFY
をリクエストした。
二巡目のネズミのジャケットからのリクエストは、あ、これはハリネズミかな?干支(十二支)にいない猫の歌
Cat In Red/Return of 13 Hedgehogs (MxBx Singles 2000-2009) (2015)ーMelt-Banana

00_12_15.jpg2021年最初のリクエストはSexagenary Cycle(2008-2021)って思ったんだけど、やっぱり原子心母組曲とか、タルカス組曲とか、長すぎるので、ロックバー向きじゃない。

全米アルバムチャートで8週連続第一位の、2020年の大ヒット『folklore』に続いて6ヶ月後に発売になった『evermore』は、テイラー・スウィフト自身曰く"sister album" to "Forklore"だとか。

干支(十二支)とは全く関係ないし、もう恋なんてしないっていう歌はお正月にふさわしくないかもしれないけど、きれいないい曲だ。

cowboy like me/『evermore』(2020)ー Taylor Swift

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3644)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3658)

The Weight/Featuring Ringo Starr and Robbie Robertson/Playing For Change/Song Around The World

00_10_01.jpg2020年最後のリクエストは、ロックバー読本: 新型コロナウイルスをぶっ飛ばせ (KOMOREBI) Kindle版:西川宏樹 (著)、本田しずまる (イラスト)の、同人コラムの残り3人。
投稿の順だと思う掲載の一番最後は、遅れて出した僕同人コラム

まろうど(客、稀人:まれびと)が書いたまほろば(素晴らしい場所、住みやすい場所)へのメッセージかと問われると、2020年02月13日から2020年11月23日までの日記のうち、コロナについて書いてあるところを抜粋して順に載せただけで、それで「my music life with covid-19」だと応えるのは、躊躇する。

仕事では、それがほんの少しでも読んだ人の記憶に残ればいいと思いながら、言葉を選んで、その10倍以上の文章を書いた。
来年か、いつか、読んだ人がきれいさっぱり忘れてしまう日が来ればよいと思いながら、仕事では、日記の10倍以上の文章を書いた。

00_05_02.jpg同人コラム10
しゃくなげ
そんな「変なジャケットを探す性癖」とは違う「冒険」の仕方も発見し、それで探し始めたのがミュージカル映画サントラである。ただし、例えば「オペラ座の怪人」の「Overture」や劇中の歌が良いのは勿論ではあるが、ここでは「2次元」という性癖に改めて目覚める事となった。
ここまで頑張って読んでくれている人は「何言ってんだコイツ」であろうが、これが大変面白い。
実写では役者本人が歌う事が必須となる訳であるが、アニメとなると自由度が一気に広がるために、子供向けアニメに出てはいけない殿下が歌っていたり(でもセサミストリートに出演して普段歌わないカントリーを涼しい顔してギター弾いてたな…涙)、スティーヴィー・ワンダーときゃりーぱみゅぱみゅが同じ作品に楽曲提供したり、デビュー直後のアギレラディズニーの「ムーラン」で歌っていたり、ウイルスミスが歌う「ジーニーのテーマ」が物凄くカッコ良かったり、と実は「2次元」の世界も宝の山なのである。ただ、さすがにいくら図書館でもアニメミュージカルのCDは少ないのが歯痒いところだ。
人生一路/美空ひばり

00_10_02.jpg『美空ひばり全曲集 川の流れのように』/美空ひばり
僕はティーネイジャーでギターを極めたわけないですが、その頃演歌を発見してから”ギターミュージック”について興味は劇減りした。もちろんギターの基本をたっぷり身につけたけど、表現力の事、ギタリストからよりも歌手から学んだ気がします。小林幸子、八代亜紀、石川さゆり、都はるみなどの細かいニュアンスを吸収したけど多分一番”真似したかった”歌手は美空ひばりさんでした。だからひばりさんのベスト盤はギタリストとして僕にもっとも意味のある邦楽アルバムです。
マーティ・フリードマン『ニッポンの偉大なギター名鑑100』(Guitar Magazine:2020 July)

00_05_01.jpg同人コラム10
おけら
緊急事態宣言が発令されて以降、行きつけの飲み屋も営業を停止し、図らずも引き籠りを余儀なくされて以来、音楽をほとんど聴いていなかった。いつもは通勤時にipodで聴いているだけに過ぎなかったので、在宅勤務になって聴かなくなったのだ。 外出が制限されたこの期間、ひたすらPCで動画を見た。ほとんど利用していなかったアマゾンプライムの動画配信で今迄の分を取り戻すように様々な映画を見た。のだが、見たのは何も考えなくて良いような作品ばかりだった。先行きの見えない世相がそうさせたのか自分の心と体が、考えるということをやめてしまったようだった。 そんなある日配信のリストを眺めていると、大いに話題になっている『鬼滅の刃』があることに気が付いた。見てみると結構面白かった。色々な作品を見たのであるが、結局これが一番印象に残っている。
緊急事態宣言も解除された今、件の飲み屋も営業を再開し、勤務形態も元に戻り、表面上は元の生活に戻ったように見えるが、心と体は未だに戻ってはいないように感じる。
一日も早く事態が収束して、元の日常に戻れることを願っている。(ムリかも笑)
Hey Hey, My My (Into The Black) /Neil Young

00_10_03.jpg投稿の順番で最後になった、
He is Me
は、これまでの日記を抜粋したんだけど、前に写したので、省略。
曲は、リクエストしたわけでもないのに、
Nowhere Man/『Robber Soul』(1965)ーThe Beatles
をつけてもらえて、とても嬉しかった。

リクエストは、美空ひばりもニール・ヤングもリクエストしたいところだけど、ちょっと見送って、コロナで同様のパフォーマンスの取り組みが多く見られた、遠隔地・世界各国での演奏を合成、編集した映像。プレイング・フォー・チェンジ。
しりとりのように、世界各国へ広げていくっていうことで、『ヴァイラル・パフォーマンス映像』って言うんだろうけど、ヴァイラルってウイルスのようなって意味だから、ちょっと今は相応しくないかな?

00_05_00.jpg“プレイング・フォー・チェンジ”が取り組んでいるヴァイラル・パフォーマンス映像シリーズから、『日本の偉大なギター名盤』の第一位に選ばれたCHARも参加した、
The Weight / Featuring Ringo Starr and Robbie Robertson / Playing For Change / Song Around The World

ロビー・ロバートソンと彼の息子が、“プレイング・フォー・チェンジ”が2018年に公開したボブ・ディランの「All Along The Watchtower」カヴァー・パフォーマンスを見て、感銘を受けたことがきっかけとなり、この最新カヴァーのレコーディングが実現した」(Wikipedia)とのこと。

00_05_02.jpgCDにもなってるようだ。
こんなの。

Playing For Change: Songs Around The World(2009)/ 100 musicians/ 21 Countries
1.Stand by Me
2.One Love
3.War / No More Trouble
4.Chanda Mama
5.Don't Worry
6.Better Man
7.Biko
8.Lean On Me
9.Pemba Laka
10.All You Need Is Love

00_05_01.jpgPFC 2: Songs Around The World(2011)/ 150 musicians/ 25 Countries
1.Three Little Birds
2.Gimme Shelter
3.La Tierra del Olvido
4.Satchita
5.Music Is My Ammunition
6.Redemption Song
7.Higher Ground
8.Groove In G
9.Minuit
10.Imagine

PFC 3: Songs Around The World(2014)/ 185 musicians/ 31 Countries
1.La Bamba
2.Words of Wonder
3.Get Up Stand Up
00_05_00.jpg4.Reggae Got Soul
5.Down by the Riverside
6.A Better Place
7.What's Going On
8.Guantanamera

いくらでもリクエストしたくなるけど、2020年の締めくくりは、 The Weight / Playing For Change で。

来年は、今年以上に、頑張る年にしようと思っている。

荷物を下ろせ 馬鹿野郎
荷物を取りな 無償だぜ
荷物を下ろせ あほんだら


00_05_03.jpgそして、そして、
そして私に 背負わせろ


旧年中は大変お世話になりました。
新年もよろしくお願い致します。

良いお年を。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3643)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3657)

It's A Rainy Day Sunshine Girl(1972)/(I'm not)by you(2003)/ロープ(2019)/Long Promised Road(1971)/Great DJ(2008)/ぼくの好きな先生(1972)

00_09_01.jpgまろうど(客)が書いたまほろば(素晴らしい場所、住みやすい場所)へのメッセージでもある、同人コラム「my music life with covid-19」の続き。
無断転載ご容赦です。

同人コラム8
YY
そういった事を見ていて、「愚かしい」とか「自分ファースト」だなと思う事が多かったが、俺だけでなく他の人も、それに慣れてしまって傍観している感じがした。目に見えないまま蔓延しているのはウイルスだけではなくて、別の何かも蔓延していて、皆、それによって感覚が麻痺しているような気さえした。

本当はとっくの昔に起きていた経済の縮小をコロナに託けて、皆が「新しい日常」と言うより「ニュー・ノーマル」(低成長、低インフレ、低金利)のほうを当たり前の事として受け入れるように持っていかれている気もした。「パンドラの箱」はとっくに開かれていたという事を小出しに知らされるような感じ。  

00_05_02.jpg俺はただ、家に篭ってYé-yé, Garage, Psyche, Krautrock といったロックの傍流の幾つかの細い水脈を辿っていた。脳天気なもの。スカスカなもの。無機質なもの。そういう音に浸って、現実逃避をしていたのか、せめて明日に希望を感じるくらいの力を温存しようとしていたのかはわからないが、そういう類いの音を聴いてボーっとしているのは自分にとって救いではあった。
It's A Rainy Day Sunshine Girl/Faust

SANO
その姿を見て頭の中に浮かんだのがsyrup16g というバンドの曲。(I'm not)by youです。 この曲のタイトルの意味は"私はあなたのそばにいない"という意味だそうでこの曲の歌詞も今の彼の現状にそっくりだと感じました。 この曲に"悲しみを追い払ったら喜びまで逃げてった。あの日から僕は全力で走ることをやめたんです" という歌詞が奥さんを離婚と言う形で追い払ったら喜びまで逃げてしまった。そして酒に溺れてただ日々が過ぎていく彼の現状にとても良く似ているなと感じました。 その後、彼の話を1時間ほど聞いて家に帰りました。

00_09_02.jpg自分は現在感染することも無く生活も安定していますが自分も状況が変わっていたのなら同じ事になっていたかもしれないなと思いました。 普段通りに生活出来ることに感謝すべきなのかもしれませんね。
(I'm not)by you/Syrup 16g

横1
階段を一歩下れば 足元から響くベース音、 光が泳ぐコンクリートの箱は、 優しく放置してくれる処、 そこで俺と君は、 消毒済みの手を交差させて、 イェイと挨拶を交わすのだ、 それが間違いか正解か、 誰に言える?

00_05_01.jpg今夜は異教徒のお祭り、 ミラーボールの下で、 髑髏たちが廻りながら、 陽気な笑顔で迎えてくれる、 聖と俗とがダンスする、 この世の頂上もしくは底蓋、 俺と君はそこにいる、 それが間違いか正解か、 誰に言える?

あと5分、 もう一度鏡を見ろ、 おっさんよ、鼻毛は出てないか? おっさんよ、元気か? おっさんよ、病気か?
Great DJ/Ting Tings

同人コラム9
みちお
少し私の話をすると、私の認知特性は典型的な言語優位で、視覚や聴覚的な認知が弱い。例えば小学校のときなど授業で音読をさせられることがあるが、人の音読を聞いてもほぼ文章の意味は分からない。

00_09_03.jpg自分が音読しても声を出しているだけで自分が何を読んでいるのか理解できない。世の中には人の朗読や自分で音読することで文章の理解がより進む人がいるというのを知ったときは信じられなかった。あの音読の授業もただの嫌がらせか漢字の読みが合っているか確認することだけが目的だと思っていたくらいだ。そんなようだったので、趣味は昔から読書で、音楽にあまり興味がなかった。

00_05_00.jpgマスターの人柄についてはver.1, 2同人の方々のコラムを読んだ方が良くわかるだろうから、マスターの難解さ・大きさについて少し書いて、この文章を終わりたい。マスターの難解さといってもマスターは知識をひけらかさないし、わざと難しい言い方や持って回った言い方をしない。その逆に非常に端的に自分の考えを話してくれる。

難解さはむしろその端的さにある。マスターは質問にはすべて端的に答えてくれるが、その回答以上に自分語りや自分の考えを押し付けたりしない。時には回答同士で一見矛盾していることをいうことがある。

コラムでも他のコラムと言っていることが違う部分がある。それはしかし、より大きな観点では矛盾していないのだが、マスターはその関係をわざわざ説明することはない(矛盾に気づいて質問すれば、もちろん答えてくれる)。
僕の好きな先生/RCサクセション

00_09_04.jpgあさこ
「周りの目を気にするより自分の心が大事 あの人とかその人にどう思われているかなんかどうでもいい あの人とかその人にどう思われているかなんかどうでもいい」
自分のやりたいことがはっきりしていて、貫くことができるは羨ましいと思いつつ、私もただ自分の求めることをするだけなんだと思えた。
ロープ/KOHH

nyarome007
一致団結は一概に悪いことではない。そこに全体主義の萌芽を見る者は、言葉の意味を「一枚岩」もしくは「鉄の規律」と混同しているのではないか。そもそも、一つの集団が、特定の目標を達成するために協働することを否定していては、すべての社会活動は成り立たなくなる。

00_05_03.jpg新宿三丁目のロック・バー「Upset The Apple-Cart」は、そのような空気感とは無縁の稀有な店だ。この爆音でロックを聴かせる酒場の魅力は、もう既に多くの同人が書き尽くしているので、新参者のぼくが書き加えることは何もない。ただ一つ言えるのは、この店には、音楽を生半可に知っている者が陥りがちな「選民意識」や「優越感」という階級的でエリート主義的な厭らしい考え方を一瞬にして粉砕するパワーがあるということだ。

大学時代の悪友数名と初めて訪問した2014年の夏、ぼくたちは、はっぴいえんどの「はいからはくち」と、松田聖子の「夏の扉」と、ハニー・ドリッパーズの「シー・オブ・ラブ」をリクエストした。このような支離滅裂な選曲を無条件で受け入れてくれるロック・バーが他にあるだろうか。だから、ぼくは、その居心地の良さに陶酔するあまり、一切の記憶を無くすまで泥酔し、閉店後、深夜の新宿を一人彷徨い歩くことになるのだ。
Long Promised Road/Beach Boys

00_09_05.jpgちょっと暗くて(黒くて)、かっこいいアルバム・ジャケットが並んだ、4曲をリクエスト。

It's A Rainy Day Sunshine Girl/『Faust So Far』(1972)-Faust

(I'm not)by you/『パープルムカデ』(2003)-Syrup 16g

ロープ/『UNTITLED』(2019)-KOHH

Long Promised Road/『Surf's Up』(1971)-Beach Boys

00_09_06.jpgシングル盤も2曲。

Great DJ(2008)/Ting Tings

ぼくの好きな先生(1972)/RCサクセション

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3637,3638,3639,3640,3641,3642)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3651,3652,3653,3654,3655,3656)

シェリーに口づけ(1972)/26ばんめの秋(1973)/レット・イット・ビー(1970)

00_05_03.jpgロックバーupset the apple-cartの主(あるじ)はプロフィールにあるように「書く人」であるが、客(まろうど、まれびと)もロックを「聴く人たち」というよりは、ロックを「書く人たち」と言った方がよいようにも思う。

ランキングもののイベントだけでなくて、2013年3月の「"The First Cut is The Deepest Vol,1 20130405"」(140字)とか、2019年10月の「Baby You've Really Got A Hold on Me」(400字)とか、「書く」イベントも何度かあったので、慣れていたっていうことかもね。

あるじ(主)、まろうど(客)が書いた、まほろば(素晴らしい場所、住みやすい場所)へのメッセージでもある、同人コラム「my music life with covid-19」は、こんなの。何回かに分けて、抜粋で。
褒(ほ)める/貶(けな)すという概念(がいねん)はないけど、評価/評論しないっていうのは、しばしば制約違反。
無断転載ご容赦です。

00_05_01.jpg同人コラム7
masa hoople
この早い帰宅と自室籠もりっきり生活で定着した習慣が、定額制のapple musicを利用したプレイリスト作成です。私は、外ではロックやソウルのかかる店を利用することが多いのですが、家では8割がクラシック音楽です。このapple musicを使うと、例えば、私の好きなモーツァルトの交響曲第40番は、40種類くらいの指揮者とオーケストラを聴くことができます。その第1楽章だけのプレイリストを作って、シャッフルで再生すると、誰の演奏かわからない状態で、客観的にどの演奏が自分にとってしっくりくるのかというブラインドテストができるのです。同じことは、LPやCDでは絶対できません。スマホとステレオを5メートルのピンコードをつないでいるので、結構いい音で楽しめます。 ディスクユニオンで中古盤を漁るのがかけがえのない趣味だったのですが、すっかり所有欲がなくなってしまいました。風呂場にもBluetoothスピーカーを持ち込んで、スマホのプレイリストを流しています。この音楽定額制モデルが音楽家にどう利益還元されるのかが気になります。
Tout, Tout, Pour Ma Cherie/Michel Polnareff

00_05_00.jpgT氏
子どもは今までできなかったことができるようになり、年寄りは今までできていたことができなくなる。成長とはそういうものであり、老いとはそういうものだ。こうして散歩できるのはいつまでだろう。私も感じているし母も感じている。しかし、そんなことは口に出さない。 山は赤く赤く色づいて すすきが風に風にゆれている 朝はとても冷たい もうすぐ冬がくるね 朝はとても冷たい もうすぐ冬がくるね そろそろ、そういう季節になる。岡林信康の「26番目の秋」の一節だ。この曲を聴いたのは高校生2年の時だったと思う。
26ばんめの秋/岡林信康

00_05_02.jpgMYHR
斎場には長女家族も駆けつけてお見送りしてくれるとのこと。家を少し早めに出て、みるくとの思い出の散歩コースを車で辿る事にする。出発の直前、車の中で何か音楽をと思ったものの、さてどうしたものか。少し考えて一緒に乗っている妻と次女も知っている曲にしようと「Let It Be」を選曲。UTACに通い出した頃、ビートルズの好きな曲を投票するイベントがあるとの事で、それに合わせて作ったプレイリストから、ラストを飾るその曲をかけ、家族でみるくとの最後の散歩へ。 手術前に約束していた散歩を、元気なうちに果たせず悔やまれる。とはいえ、コロナの渦中で最後の時間を過ごせたのは幸運と思うべきであろう。そしてこの時期に、病の進行を共に憂い、その死を共に悲しむという形で、私に家族の絆を再確認させてくれたみるくには、何より感謝の気持ちしかない。 長い間、本当にありがとう。
Let It Be/The Beatles

00_08_06.jpgこれまで2回写してきている日経新聞『パクスなき世界』の今回の副題は「大断層」。
月曜、火曜、水曜に続いて、木曜と、金曜のを、いつものように見出しだけ。

勝者なき「Gマイナス2」
自由か権威か 体制二分
コロナ禍で明暗、協調乱す覇権国
(2020年12月24日、日本経済新聞『パクスなき世界』大断層④)

文明の進歩 停滞の恐れ
知の保護主義 科学揺らす
中国排除の機運、人材交流に制約
(2020年12月25日、日本経済新聞『パクスなき世界』大断層⑤)

00_08_07.jpgリクエストは、シングル盤を3枚。

水兵は5分ばかりじっとテレビを見ていたが、コマーシャルが始まると、何故ジューク・ボックスにジョニー・アリディのレコードが無いのか、と僕に訊ねた。
「人気がないからさ。」と僕は言った。
「じゃあフランス人の歌手では誰が人気がある?」
「アダモ」
「ありゃベルギー人だ。」
「ミシェル・ポルナレフ。」
「糞だ(メルドー)。」
水兵はそう言うとテーブルに戻った。
(村上春樹「風の歌を聴け」、講談社文庫1982年)
******
シェリーに口づけ(1972)/ミッシェル・ポルナレフ

00_08_08.jpg1966年ひのえうま生まれが3/4(4月~12月生まれ)の同級生の間でシングル盤(ドーナツ盤)を買うのが流行ったのは、小学校の4〜6年生(1976年~1978年)から中学生(1979年~1981年)のころ。
姉や兄や、両親が買ったシングル盤だと、もう少し前の、ミッシェル・ポルナレフなんかもあったかと思うけど、僕がアルバム『街はステキなカーニバル』(1979)を買った中学一年生で聞いて回った時には岡林信康のシングル盤は誰の家にもなかった。

26ばんめの秋(1973)/岡林信康

00_08_09.jpg中学校の2年、いや、3年、いや、やっぱり2年かな?
コーラス大会で「Let It Be」をやった時に聞いて回ったら、シングル盤が家にあるっていう者が結構いた。
1980年12月、ジョン・レノンが死んだ中学二年生の二学期の終わりより後だったら、コーラスのアレンジが難しくてもジョンの曲を選んだと思うけど、いや、やっぱり向かって左上から聴こえた倍音がとても気になったのは3年生かな?

レット・イット・ビー(1970)/ザ・ビートルズ

3曲、リクエスト。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3634,3635,3636)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(364836493650)

The World Became The World(1974)/She Rowed(1971)/MARCH(2018)/Soul Station(2008)/Time Is On My Side(1964)

00_05_01.jpg書かれた時期が主(あるじ)と客(まろうど、まれびと)で大きく違っていて、対象になってるロックが聴かれた時期もそれぞれに長い年月の隔たりがあったロックバー読本: すべての心若き野郎どもへPart.1 (KOMOREBI) Kindle版、ロックバー読本: すべての心若き野郎どもへPart 2 (KOMOREBI) Kindle版に対して、ロックバー読本: 新型コロナウイルスをぶっ飛ばせ (KOMOREBI) Kindle版:西川宏樹 (著)、本田しずまる (イラスト)は、書かれた時期は2020年4月から11月で一緒

対象になっているロックが聴かれた時期も、マスターは「70年代の楽曲ばかりになってしまった」というように元々聴いたのはばらばらだけど、2020年4月から11月に聴き直したり、頭の中で鳴ったり。

同じ時期であるから、主(あるじ)から見たロック/ロックバーと、客(まろうど、まれびと)から見たロック/ロックバーというものの違いも、くっきりとするかな?
主観/客観というのではないし、コラムの本数、143本:31本で比べるものでもないけど。

今回初めての投稿の方も何人かいた同人コラム「my music life with covid-19」は、こんなの。何回かに分けて、抜粋で。
褒(ほ)める/貶(けな)すという概念(がいねん)はないけど、評価/評論しないっていうのは、しばしば制約違反。
無断転載ご容赦です。

00_05_00.jpg同人コラム5
Fuku
「この未曾有のパンデミック時代に何を考えてあるいは考えずに、我々同時代人がどのように日々を暮らしてきたかを、記録に残しておくべき」が今回の設問。これはいかにも西川君らしい企画だ。彼のことだから荷風の『断腸亭日乗』を視野に入れていることは間違いない。これがupset the apple-cartの面白いところだ。
The World Became The World/Premiata Forneria Marconi(PMF)

TAI
というわけでリクエストは、「My Love」にしようか、「オールユーニードイズラブ」にしようか、「世界の国からこんにちは」にしようか、それとも「つきあいたい」にしようかな。
でもそういうのはやめて、いつまでも昔の曲ばっかり聴いてるのもどうかなと思うので、雨のパレードの「MARCH」をお願いします。
愛してますよ。だからって、なにが変わるわけじゃないけど。
MARCH/雨のパレード

00_05_03.jpgmoon island
コロナ禍の影響がとりわけ甚大なのは個人経営、小規模の店舗だろう。厳しい経営環境のなか、貴重な文化拠点を守っておられる店主の皆さんには頭が下がる。ここに感謝と敬意の気持ちを込めて筆者ゆかりの店を紹介させていただきたい。
(略。9店舗のロック/ジャズ/ソウル・バー)
いずれもapple-cart同人の諸姉諸兄には気に入ってもらえる名店と思う。お近くにお越しの折りはぜひお立ち寄りを。
She Rowed/Mungo Jerry

同人コラム6
S先生
この病気の病原体は宇宙から来たもので、人間に寄生して、神経系統を変容させることによって人間を成長させ進化させる。しかしそれは、人間が滅ぼしあうような状況にあるとしたら、それを加速させる(この小説が発表されたのは1951年である)。最後に青年はこの病気を受け入れ、そこで知り合った女性と共に変容しつつある人類を見るべくヨッ トで旅に出る、というのが結末である。
00_05_02.jpg印象に残ったのは、青年がそれを受け入れる(だから恩寵なのだ)という結論だからなのだと思う。
人間は一体どのように変容するのだろうか。果たして人はそのような変容を進んで受け入れるものだろうか。いろいろな思いがあって現在まで記憶に残ったのだろう。
新型コロナをめぐる状況は、さまざまな困難を引き起こしたが、その持つ意味は次第に明らかになると思う。
Time Is On My Side/The Rolling Stones

よう
特有の居心地の良さは、この空間を音楽が排他的に独占してるんで無理して誰かと話をする必要もないし、飲みながら音楽を聴いてりゃいいというところからきているんじゃないかな。音楽をBGMや雰囲気の一部として使用している数多のお店とはここにおいて一線を画している。それにRock系の音楽好きはいくらでもいるだろうが、このような環境を好むのはごく少数であり、そんな共通の趣味・嗜好を有する人間が集まっているからこそ、この非常にフランクな空間が安定して存在しうるんだろう。
Soul Station/Bobby Wayne

00_08_00.jpgひろし
1人の時間が増えたことにより、自分と向き合う時間が増え、人によっては気が滅入ってしまったり、コロナの影響で仕事自体がなくなったり先行きを覆う不安が、陽が差すことのない明日へ走って行っているように感じてしまったんだろう。 そんな鬱屈とした空気からか、世間では自粛警察のような狭い価値観で正義の拳を振り上げ、誰かを貶めて自分を拾うような行為が横行し、うんざりしていた気がする。 そして緊急事態宣言が解除された日=Today is the greatest day=これ以上悪くならない日 The Smashing Pumpkinsの曲 Todayが頭の中でリンクした。
Today/The Smashing Pumpkins

00_08_02.jpgリクエストは、同人コラムの文末に掲載された曲(各々のリクエストかな?)を4曲。

この前の日記でリクエストした4曲は、プログレっていうかメタルっていうか、奇妙な偶然で、共通性があったように思うんだけど、

The Musical Box/『Nursery Cryme』(1971)-Genesis
Let It Out/『Chapter V』(2005)-Staind
The Funeral Portrait/『Blackwater Park』(2001)-Opeth
Difficult To Cure/『Difficult To Cure』(1981)ーRainbow

に続く、5曲目にしたいような、イタリアのプログレ・バンド

The World Became The World/『The World Became The World』(1974)-Premiata Forneria Marconi(PMF)

00_08_01.jpgこれも、レインボーに1977年、1978年に在籍したベーシスト、ボブ・デイズリーがいたバンドだから、繋がるかな?

She Rowed/『Electronically Tested』 (1971)-Mungo Jerry

なんかきのこ帝国聴きたくなる、

MARCH/『Reason of Black Color』(2018)-雨のパレード

ネット検索したけど、なぜだか上手く見つからなかった、

Soul Station/『Soul Station』(2008)-Bobby Wayne

00_08_03.jpg英語だと欠陥、障害、過ち、間違いと同じ fault の断層(だんそう)は、中学生の時に、この下が有馬-高槻断層(ありま・たかつき・だんそう)だなんて、理科の教師が教えてくれて、理屈もわかるしイメージも沸くけど、見たことがない。
地層(ちそう)は崖や土手、どこでも簡単に見れたけど、断層は、見たことがない。
これまで2回写してきている日経新聞『パクスなき世界』の今回の副題は「大断層」。
いつものように見出しだけ。

「冨める者」襲う恐怖
「バイデノミクス」土俵際の出発
(2020年12月21日、日本経済新聞『パクスなき世界』大断層⓵)

00_08_04.jpg「巨大ITが秩序」現実に
デジタル化 国家置き去り
AIがカルテル、警戒強める政府
(2020年12月22日、日本経済新聞『パクスなき世界』大断層②)

報われぬ世代 渇望を力に
30歳未満、17%が仕事失う
コロナが共通項、創造は教育から
(2020年12月23日、日本経済新聞『パクスなき世界』大断層➂)

おまけで、もう1曲、
Time Is On My Side/『12×5』(1964)The Rolling Stones

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3629,3630,3631,3632,3633)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3643,3644,3645,3646,3647)

The Musical Box(1971)/Let It Out(2005)/The Funeral Portrait(2001)/Difficult To Cure(1981)

00_05_02.jpgロックバー読本: 新型コロナウイルスをぶっ飛ばせ (KOMOREBI) Kindle版:西川宏樹 (著)、本田しずまる (イラスト)にマスターが新規に書き下ろしたコラムは、「同人コラム」によると2020年4月11日に書き始めたものだそうで、そうすると、ロックバー読本Vol.3は、マスターの143本のコラム、31本の同人コラムは、すべて新型コロナウイルスの世界的な流行の時期に書かれたことになる。

もっともVol.1が5月Vol.2が6月だから、同人にとっては、Vol.1,Vol.2も「my music life with covid-19」なんだけど、コロナによって一時的に不存在になったことでその存在を考えてみたロックバーについてのコラム。
客としてのロックバー。
マスターを主(あるじ)とすると、一時的に訪問している人たち、客(まろうど)、まれびと(稀人)から見たロックバー。

それから半年が過ぎて、今回初めての投稿の方も何人かいた同人コラム「my music life with covid-19」は、こんなの。何回かに分けて、抜粋で。
褒(ほ)める/貶(けな)すは全くの埒(らち)外だけど、評価/評論しないって制約は出来る限りってことで。
無断転載ご容赦です。

00_05_03.jpg同人コラム1
YMGS
ロックンロールは問題を解決しないかもしれないが、お前を躍らせそいつを忘れさせてくれる。」という言葉がある。
これをロックの名言とする向きもあるようだが、オレにとってはクソだ。
「宗教は阿片である。」という意味において、クソだ。
Problems/Sex Pistols

一郎さん
私達は開けてはいけないパンドラの箱を開けてしまったのだろうか。
しかし、以前もう一つのパンドラの箱を聞いたことがある。
神さまから箱をもらったパンドラは、嬉しさのあまりに飛び跳ねて行ったので、中に入っていた沢山の良いものが飛び出してしまい、最後には希望しか残っていなかった、というものだ。
私はこちらの方が好きです。
The Musical Box/Genesis

かまわぬ
CHICAGOって凄いバンド名だよね。日本なら仙台とか旭川とか盛岡とか八戸かな」とつぶやいたのだけど。
「その流れでいうとBostonなんかは札幌ですか。」
「イギリス人構成の「JAPAN」は、さらに上をいく地名バンドかとw」と、くるから、Twitterは楽しい。
Stand!/Sly & The Family Stone

00_05_01.jpg同人コラム2
KBT
今回のウイルス騒ぎに関しては、私は何も語ることができない。色々な人が自説を述べた所で、本当の所は誰もわからないのだろうと思うから。ただ一つ思うのは、いつから日本人はこんなに「カタカナ英語」を使うようになったのか?そもそも「ソーシャル・ディスタンス」って言葉が嫌い。「社会的距離」でしょ。「東京アラート」は「東京警報」でしょ。小池都知事の選挙演説なんて、横文字ばかりでアラビア語かと思った。
君のひとみは10000ボルト/堀内孝雄

小次郎
4月7日に発令された緊急事態宣言を受けて、4月11日から6月19日まで外出自粛生活を送った。
その間の1日の過ごし方は
・早朝、顔を布で覆っての10kmちょいのRUNトレ
・8時間のテレワーク
・徒歩数分の生活必需品の買い出し
2ヶ月強、毎日これの繰り返し。
Running On Empty/Jackson Browne

NEW NORMAL
「カゼはヒク」、コロナは罹(かか)る。トランプ米大統領も入院した。
この曲はカゼは、=インフルエンザと推定される。なにせインストの曲なので、歌詞がないから推定する。コロナに関する曲は、私の知る限り、まだ発表されていないだろうから、「カゼをヒク」で代用する。
カゼはヒク/金子マリ

00_05_00.jpg同人コラム3
歯医者T
ただ一つだけ言うならば、地球上の微生物はだいぶ多岐に進化しているが、人間はこの数千年で肉体的にも精神的にもほぼ変わってないな、ということ。
当たり障りのない発言で申し訳ないですが、いろいろ言ってしまうと大問題になるので自重します。
Let It Out/Staind

simizzy
人との関わりが大きくかわり、飲みながら話すことも、食事をしながらの会話も制限されるような社会の流れに、それが当たり前と成長してくる世代との価値観の違いを、何かを、人間を、大きく変えてしまう時代になるのではないかとふと考えてしまう。
Valerie['68 Version]/Amy Winehouse


2019年12月31日13時41分、COVID-19の最初の報道が流れた。影響で仕事が薄くなり、希望が消え失せた。然し、また音楽に助けられた。
あの報道の前に、歪んだ自分を一掃してくれるような体験をした。人生初のヘヴィ・メタル・バンドのLive。北欧の暗黒神[Opeth]という超絶テクのプログレッシヴ・デス・メタルバンドの来日公演へ、ふとした切っ掛けで出向いた。
The Funeral Portrait/Opeth

00_06_01.jpg同人コラム4
直哉
長年地元で営業していた喫茶店や料理店、ジーンズ・ショップなどが突然閉店している。今年の夏は暑くてもマスクは必須で、花火大会や夏祭りなどの地元のイベントは中止。有名人が亡くなったというニュースも多く、コロナがなければこんなことも無かったのに。最近、母親が入院したが面会にも行けない始末だ。いかに以前の普通の生活が、当たり前の自由だったかを今更ながら感じている。
夏まつり/井上陽水

00_06_02.jpgG
そして、20年4月11日から5月いっぱい、新型コロナウイルス蔓延で、店は強制休業させられた、おそらく、俺の人生における最後の場面転換、ハーフタイムであろう。
ロックバー読本1-2は07年のupset the apple-cart開店時に営業戦略SNS対策で書き溜めたものを20年でも読めるようにと修正を加えたものであった、一方、この、コロナウイルスをぶっ飛ばせ版は、その4月11日からの間に書いたものである。
Mind Games/John Lennon

00_06_03.jpgAkichan!
あれから2ヶ月余り、9月16日に自粛が解除され店も通常営業に戻った。”夜の街”にもヒトビトが戻ってきた。だけどミヤコの感染者数は、相変わらず伸びたり縮んだりを行ったり来たりの日々。
なかなか”withコロナ”と言えない事情があって、僕は未だ”聖地 新宿”に足を踏み入れられないでいる。今年中にapple-cartを訪問できるのだろうか・・・。
Difficult To Cure/Rainbow

00_06_04.jpg新留若人
特に津野の書いた、ぱっとしないヒットチャートや重たいニュースが「瞳を閉じて聞いていられる」という詞もラジオならではだ。
二人の冥福を祈りたい。
NOW ON AIR/赤い公園

リクエストは、プログレっていうかメタルっていうか、同人コラムの文末に掲載された曲(各々のリクエストかな?)を4曲。

The Musical Box/『Nursery Cryme』(1971)-Genesis
Let It Out/『Chapter V』(2005)-Staind
The Funeral Portrait/『Blackwater Park』(2001)-Opeth
Difficult To Cure/『Difficult To Cure』(1981)ーRainbow

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3625,3626,3627,3628)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3639,3640,3641,3642)

帰れない二人(1999)/ACO/大人になったら(2015)/GLIM SPANKY/街の報せ(2016)/cero

00_05_00.jpgロックバー読本: 新型コロナウイルスをぶっ飛ばせ (KOMOREBI) Kindle版:西川宏樹 (著)、本田しずまる (イラスト)にKOMOREBIさんがつけた広告宣伝・解説にはこんなのが。

※本書は2020年5月、6月に発売された「ロックバー読本」に続いて、143本、全編新規に書き下ろされたコラム集です。
それぞれ独立したひとつの作品としてお楽しみいただけます。
店に訪れる客達が新型コロナ禍における音楽との向き合い方を綴った「同人コラム」も31本収録されています。
今回のテーマは「my music life with covid-19」です。

マスターの「同人コラム」によると2020年4月11日に書き始めたもので「自分でも驚くのだが70年代の楽曲ばかりになってしまった」らしい選曲は、僕がリクエストしたのとも少し被ってる。
その曲をリクエストしたってことしか覚えていない日もあれば、出来事ははっきり覚えていてその曲をリクエストしたことははっきり覚えていないって日もある。
みんな忘れてしまって、気持ちだけをなんとなく覚えているっていう日もある。
こんな曲。曲名のアルファベット順で。

00_05_01.jpg<Songs From A>
2010年09月12日にリクエストした、
A Song For You/Leon Russel
2017年08月23日にリクエストした、
Alabama Song(Whisky Bar)/Doors

Chicagoや、Jellyfishや、Broken Social Sceneや、Dave Mathews Bandは、別の曲をリクエストしている。

<Songs From B>
2015年03月06日のリクエスト、
Best Of My Love/Eagles

Alice CooperHanoi Rocksは、別の曲。Big Starや、Glen Cambellは、リクエストしたかな?

<Songs From C>
Byrdsも僕らの世代は代表曲しか聴かないかな?

<Songs From D>
2013年10月16日にリクエストした、
Dancing In The Dark/Bruce Springsteen
2014年05月11日にリクエストした、
Don't Dream It's Over/Crowded House
2011年02月14日にリクエストした、
(Don't Fear)The Reaper/Blue Öyster Cult

Hall & Oates は別の曲で、Captain Beyondや、Randy Meisnerは、多分リクエストしてないな。

00_05_02.jpg<Songs From E>
The Jacksonsはリクエストしたような、していないような。

<Songs From F>
2012年12月10日、
Fight For Your Right/Beatsie Boys
2013年10月05日、
Forever Young/Bob Dylan

Bee Geesや、Dinosaur Jr.は別の曲だ。

<Songs From G>
2014年04月18日の日記、
Get Lucky/Daft Punk
2017年03月20日の日記、
Guitar Jamboree/Chris Spedding

J.Geils Band は世代的にリクエストが分かれるし、Delaney & Bonnieはイベントで。

<Songs From H>
2017年12月28日のリクエストは、2008年8月10日以来の、
Heart Of The Moment/Asia

Fleetwood Macはリクエストしてるのに、Alcatrazzはしていなかった。How Longは僕はロッド・スチュワートのアルバムで。

00_05_03.jpg<Songs From I>
2008年09月21日の、
I Wanna Be Your Dog/Stooges
2014年01月22日の、
I Will Survive/Cake

Glenn FreyParliamentは僕はリクエストはしていないと思う。
Al Kooperや、Facesは、ロックバー読本:Part2にもコラムがあった。

<Songs From K>
ABBAも何度かかかった。

<Songs From L>
2013年06月19日にリクエストした、
Livin' On A Preyer/Bon Jovi

Cardigans はリクエストするけど、James Taylorは僕はリクエストしないな。

<Songs From M>
2011年06月19日の日記に書いた、
Mr.Wilson/Hormones

Gladys KnightBobby WomackChuck BerryFrankie Valliはリクエストしたような、してないような。
Animal Collective はたまたま今日聴いていた。

00_05_04.jpg<Songs From O>
Ian Hunterも、 Janis Joplinも、 Bobby Womackも2曲目か、3曲目かな?

<Songs From P>
Holger CzukayならCANにするかな?

<Songs From R>
かぶらなかった。

<Songs From S>
2014年03月27日にリクエストした、
Sex & Drug &Rock & Roll/Ian Dury
2014年02月09日にリクエストした、
She Does It Right/Dr.Feelgood
2008年03月04日にリクエストした、
She's Always A Woman/Billy Joel
2009年07月11日にリクエストした、
Surf's Up/Beach Boys

「S」で始まる曲は多くて、Jimmy CliffJimi Hendrix
Cocteau TwinsBobby Charles Curtis Mayfieldなんかは、他のお客さんのリクエストでよく聴いた。

<Songs From T>
2010年07月25日にリクエストしようとして、結局しなかったのかな?
The Music Makes Me Sick/It's A Musical

Crosby, Stills, Nash & Youngや、 Kate Bushや、 Eurythmicsはリクエストしたけど、Duran Duranや、 Bruce Hornsbyはリクエストしなかったかな?

00_05_06.jpg<Songs From U>
Guns N' Rosesも別の曲。

<Songs From W>
2017年12月15日以外にも何度かリクエストしてる
(What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding/Brinsley Schwartz
2014年07月01日以外にも何度かリクエストしてる
Where Is The Love/Black Eyed Peas
2014年04月20日にリクエストしたきりの、
Wake Me Up/Avicii

Green DayDoobie Brothersの曲が被らないのは世代かな?
Circle Jerks は僕が良く知らなくて、 Allen Toussaintは別の人の歌ったのばかり。

<Songs From Y>
2013年02月06日のリクエストと2015年10月31日のリクエストでは別のことを考えていたと思う、
Yesterday Once More/Carpenters

Joe Cockerや、Billy PrestonBay City RollersJackson Browneでもそんなことがある。
Alanis Morissetteや、Carly Simonは、何故かリクエストしないな。

<Songs From Z>
何度もリクエストしてるんだけど、最初は2010年01月10日かな?
Zombie/Cranberries

00_05_05.jpg<Japanese Songs>
何度もリクエストしてるんだけど、最初は2012年03月20日かな?
不屈の民/A-Music

日本のロック96枚には、Finger 5は1曲選んだけど、hideや、Carolや、GLIM SPANKYや、ACOや、 ceroは選ばなかったな。

リクエストしよう。

シングル盤で、

帰れない二人(LIVE)/『哀愁とバラード』(1999)-ACO

大人になったら/『大人になったら / 褒めろよ』(2015)ーGLIM SPANKY

街の報せ/『街の報せ』(2016)-cero

3曲リクエスト。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3622,3623,3624)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3636,3637,3638)

Nowhere Man(1965)/Rain(1966)/I Am The Walrus(1967)

00_1008_1208_02.jpg2020年12月8日、ジョン・レノンの40回目の命日に発行になったロックバー読本: 新型コロナウイルスをぶっ飛ばせ (KOMOREBI) Kindle版:西川宏樹 (著)、本田しずまる (イラスト)に投稿して掲載してもらったんだけど、文末に添えてもらったのは、 upset the apple-cartが始まって間もない2007年9月3日にもリクエストした、
Nowhere Man/『Robber Soul』(1965)ーThe Beatles

2012年11月のイベント、ビートルズ・デビュー50周年記念リクエストの順位投票では、僕は第2位で投票して、第1位に選んだ人が一人、第2位に選んだ人がもう一人、第3位に選んだ人が二人、ベスト10に選んだ人が他に10人いて、43人の投票で第1位だった曲。

00_1008_1208_01.jpgロックバー読本: すべての心若き野郎どもへPart 2 (KOMOREBI) Kindle版は、2020年5月に発行されたロックバー読本: すべての心若き野郎どもへ (KOMOREBI) Kindle版に続いて2020年6月の発行で、僕の投稿の文末には、”my music life with covid 19”の投稿募集のメールを見つけたちょうど13年前、2007年11月23日にもリクエストした、
I Am The Walrus/『Magical Mystery Tour』(1967)ーThe Beatles

ビートルズの歌詞をそのまま転載していたのでライブ・レポートもほとんど削除されちゃったんだけど、20位台だったかな?
雑誌の<青の時代>では第3位

00_1008_1208_03.jpgイギリスでは1965年と1967年、僕が生まれた1966年を挟んでの発売の2曲。
せっかくだから、もう1曲、1966年発売の曲も。
”Paperback Writer"のB面で、僕が聴いたのは、4歳の子供の両親なら買って子供が大きくなるまで捨てずに持っててもおかしくない誰かの家にあった編集アルバムの『Hey Jude』かな?
Rain/『Hey Jude』(1970)ーThe Beatles

あ、この前リクエストしたばっかりだ。
まあ、いいや、好きだから。

00_03_19.jpgイギリスの倍くらいあるアメリカでのシングル盤のA面・B面ばっかりだから、その前後もアメリカ・シングル盤から。

Please Please Me (1963)/I Feel Fine(1964)
Nowhere Man(1965)/Rain(1966)/I Am The Walrus(1967)
Revolution(1968)/ Don't Let Me Down(1969)/You Know My Name(Look Up the Number)(1970)

ジョンが作った曲ばっかり、8曲、リクエスト。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3614,3615,3616,3617,3618,3619,3620,3621)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3628,3629,3630,3631,3632,3633,3634,3635)

This Boy(1963)/I've Just Seen A Face(1965)/Rain(1966)/Birthday(1968)/The End(1969)

00_00_00_1.jpg2020年11月23日の日記に、
新型コロナでテレワークが習慣になって、スマホ/PCが個人/仕事で2台ずつで滅多に見なくなった個人PCのメールボックスに、KOMOREBIさんからの期限を過ぎた”my music life with covid 19”の投稿募集のメールを見つけて、「新型コロナと共にある音楽生活」っていえばネット検索(けんさく)やパソコンで音楽を聴く時間が増えたことかな?って思って、自分の日記を検索していた。
って書いた通り、期限を大幅に過ぎて迷惑かけちゃったけど、自分の日記を抜粋して、ロックバー読本vol.3~”my music life with covid 19”に、投稿した。
新聞記事とか、著作権の問題があるかな?って思ったのは選ばないようにしたんだけど、12月だしちょっと1年を振り返る感じで。

00_03_13.jpg2020年02月13日
職場での役割としては、名刺に書かれた会社名では6社目の2009年の新型ウイルスの大流行以来だから随分と久しぶりなんだけど、名刺に書かれた会社名では8社目の職場で、政府の発表や国内外の報道機関の記事を追いかけたり呆れたり、マスクやアルコール消毒液を探したり、次亜塩素酸ナトリウムは効くかとかネット検索したり。
何度経験しても、人々の動きや感じ方は予想がつかないものだけど、まだまだ先は長そうなので、出来るだけ日常生活は変えずに。

00_03_12.jpg2020年03月09日
新型コロナウイルスの状況次第で行けるかどうか、やるかどうかも分からないけど、3月末締切りの50 years gone since we lost beatlesへの投票5曲をどれにするか、考えている。

2020年03月16日
普通のサラリーマンの仕事では禁句というか、いや、それを考えるんが仕事だろって感じなんだけど、つい、先が見えないっていうようなことを口走りそうになる新型コロナウイルスの状況次第で行けるかどうか、やるかどうかも分からないけど、3月末締切りの50 years gone since we lost beatlesへの投票5曲をどれにするか、考えている。

00_03_10.jpg2020年03月30日
普通のサラリーマンの仕事は修学年度に合わせて3月末を決算年度の締めにしているところが多いんだけど、首相会見はTwitterで流れてきて、第二次世界大戦(太平洋戦争)を想った、
「長期戦を覚悟してもらう必要があるが兵站の用意はしていない、最前線で自ら補給してほしい」
って感じだった新型コロナウイルスの影響で、ちゃんと決算できるかどうか難しいお客さんも多いと思うんだど(中には数日後に始まる来期の計画を作り替えなくてもよいラッキーな組織にいる人もいるとは思うけど)(いや、個人としてはいないけど)、同じく3月末締切りの50 years gone since we lost beatlesへの投票5曲は、期日ぎりぎりに。

00_03_11.jpg2020年04月12日
いや、実は、僕自身がもう何ヵ月もの間、今年に入ってからは一度も、upset the apple-cart に行けていないんだ。(マスター、ご免!)
それは新型コロナ対応/対策っていうのが理由で、その間もずっとブログ名/日記のタイトルは upset the apple-cart に行こう だった。こういうのは、言動不一致というのかな?

2020年05月09日
4月30日はテレワークの予定を変更して出社して、家に帰ってから、期限ギリギリになっちゃったと『ロックバー読本』に投稿しようと事務局のHさんのメールを開いたら、沢山のコラムの寄稿があったそうで一旦募集を〆て、残りを漏れなく掲載するために分冊化する方針とのこと。

00_03_06.jpg2020年05月29日
新宿三丁目のロックバー、upset the apple-cart が6月1日よりWith コロナ 営業を開始するそう。名刺に書かれた名前では8社目/8社の職場での役割とか立場とかいうのもあるので僕はすぐに行けるかどうかは分からないけど、目出度(めでた)い。

2020年06月06日
僕はまだ行っていないのだけど、6月1日から With コロナ 営業を開始した upset the apple-cart のFacebookで、お客さん(再開を心待ちにしていた同人率が高いのかな?)の「本日のリクエスト」を、ロックバー読本: すべての心若き野郎どもへ (KOMOREBI) Kindle版の投稿コラムを読んだり、顔を思い浮かべたり、曲を想い浮かべたり、パソコンやスマホで曲を聴いたりしながら。

00_03_07.jpg2020年07月20日
リクエストは、タバコをやめて、テレワークで運動不足で、このままだと太るだけだと、ダイエットをしてるんだけど、その範囲で、今一番欲しいモノ。
おいしい水/『ニガミ17才a』(2017)-ニガミ17才

2020年07月23日
yonigeをもう1曲。リクエストは、PVの風景が、川も、橋も、駅も、空き地も、電車も、横断歩道も、公園も、商店街も、アパートもどこも見覚えがある場所のような気がする、
さよならプリズナー/『Neyagawa City Pop』(2017)-yonige

00_03_08.jpg2020年07月26日
テレワークで家にいることが多くて、『逃げるは恥だが役に立つ』の再放送を見ていたら、聴きたくなる、
恋/『POP VIRUS』(2018)-星野源
テレワークで家にいることが多くて、録画した『8年越しの花嫁 奇跡の実話』や『大恋愛〜僕を忘れる君と』の再放送を見ていたら、聴きたくなる、
瞬き/『MAGIC』(2019)/back number

00_03_09.jpg2020年08月05日
ものすごく暑いので、少しは涼しくなるような曲を。
ノーウェジアン・ウッド(ノルウェーの森)/『抱きしめたい』(1988)-高中正義・松任谷由実
CLOSE YOUR EYES/『ON THE STREET CORNER』(1980)-山下達郎(w/吉田美奈子)
セシルの週末/『時のないホテル』(1981)-松任谷由実
雨は手のひらにいっぱい /『SONGS』(1975)-シュガー・ベイブ

00_03_20.jpg2020年08月13日
それに、YMOと言えば、やっぱり、ライブ!
実際にコンサートに行ったことは一度もないけど、カセット・テープで聴いていたのは、半分くらいはライブ盤やラジオから録音したライブだからね。

2020年08月26日
もう1枚、ニューミュージックじゃないやつ。
女優・歌手の満島ひかりさんが「ファイト!」を歌っているのを聴いて、すごく聴きたくなった、きのこ帝国。
殺気(さっき)というか、凛(りん)とした感じが、80年代の中島みゆきを想わせ、サウンドは一番よく聴いた頃のシューゲイザー、オルタナティブな洋楽で、1曲も落とせないので67枚目/96枚に。

00_03_05.jpg2020年09月03日
沢山ニュースが入ってくるんだけど、やっぱり、せっかくなんで、これまでの膿みたいなものは少しでも出して、過去の誤りは正してもらいたいと思っている。

2020年09月27日
YouTubeでアフリカのストリート・ミュージシャン、ビコマナ (BIKO'S MANNA)っていう姉弟、ビコ(姉)とマナ(弟)二人組が日本語で歌ってるのを見つけた、
14.青空(1989)/ブルーハーツ
生まれたところや皮膚や目の色で一体僕の何が分かると言うんだろう?
B面は、上を向いて歩こうで始まって、見上げると、青空で終わるっていうのは、よくないか?
9月に入って初めて、雨が全く降らない見込みの、晴れた日に。

00_03_02.jpg2020年10月03日
アレンジはそんなに変わらないんだけど、なんだか、全然別の歌みたいだ。
僕は、コロナ対策ってこともあって、煙草をやめてしまったんだけど、落ち着いたらロックバーでビールを飲んで、1本吸いたいと思っている。
月明かりに照らされたら、悪い事してるみたいかな?
14.染まるよ(2018)/きのこ帝国

00_03_01.jpg2020年10月29日
会うのは2回目で2年ぶりくらいのストラトキャスターのTさんと『ニッポンの偉大なギター名盤100』(Guitar Magazine:2020 July)の話をしていて、有名な俳優や女優が亡くなるけどミュージシャン大丈夫かな?若い女性の自死が増えているそうだけどどうすればいいのかな?って話していて、暫くしてTさんからメール。津野米咲さんのことは、本当の天才だと思っていた、と。
急に周りの気温が下がった。
絶対零度/『THE PARK』(2020)

00_03_04.jpg2020年11月01日
3.Isolation(1970):第18位
「コロナ禍の今、本曲をカヴァーした若手バンド、スーパーオーガニズムの慧眼」(柴崎祐二)って慧眼(けいがん。物事の本質を見抜く力)というのは大げさだけど、とてもとてもいいカバーだ。

2020年11月05日
僕の日記は、アメリカ合衆国の大統領選挙について記録することも多いし、アメリカのミュージシャンの出身州について書くこともあるけど、政治については書かないようにしているので、ロックのリクエストを。

00_00_00_8.jpg2020年11月11日
カマラ・ハリス氏のスピーチは、ジョン・レノンの『Plastic Ono Band』(1970)を聴いた時のように英語が母国語でない僕にも分かりやすくて、メッセージの中身はジョンというよりはヨーコかもしれないけど、ジョン・レノンみたいな白いスーツを着て、女性参政権100周年、黒人女性の投票権は彼女の生まれた1964年の次の年から、という解説もあって、
「私はこの仕事に就く最初の女性ではあるけど、最後の女性ではない」
という印象深いものだった。

00_03_16.jpg2020年11月15日
『65th Anniversary John Lennon Tribute HAPPY BIRTHDAY,JOHN』(2005)に収録された「Yer Blues」を、「木綿のハンカチーフ」も入ったアルバムから
Yer Blues/『唄ひ手冥利〜其ノ壱〜』(2002)-椎名林檎

2020年11月21日
それを最後にライブ・レポートをやっていないのは行ってないからなんだけど、新型コロナウイルス以後は開催されなくなって、それから徐々に、観客数を制限してのライブやネット配信も少しずつ。
リクエストは、僕が見たアーカイブ配信から、偶然だけど僕が2020年2月に96枚に選んだ『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』(NUMBER GIRL)を『GUITAR magazine ニッポンの偉大なギター名盤100』の第一位に選んでいた佐藤千亜妃。

00_03_14.jpg投稿からは外した、新聞記事を見出しだけ抜粋。

「黒い象」向き合う株主
感染症や気候変動 リスク直視
迅速な開発促す、モノ言うNPO
<2020年11月30日、日本経済新聞。コロナと資本主義 再生への道⓵>

成長回帰へ移民開国再び
グローバル化が生んだワクチン
技術革新を育(はぐく)む、始まる人材争奪
<2020年12月1日、日本経済新聞。コロナと資本主義 再生への道②>

00_03_19.jpg進化する政策 次代に布石
大きな政府より賢い政府
「薄く広く」は限界、デジタル投資軸に
<2020年12月2日、日本経済新聞。コロナと資本主義 再生への道➂>

支えるのは新たな学び
所得補償は最適解か
経済弱者に痛手、出世払いでスキル
<2020年12月3日、日本経済新聞。コロナと資本主義 再生への道④>

00_03_15.jpg新しい社会契約描くとき
公益重視 企業が歩む難路
数値目標を開示
<2020年12月4日、日本経済新聞。コロナと資本主義 再生への道⑤>

リクエストは、流れちゃった50 years gone since we lost beatlesへの投票5曲。
ジョン・レノンの命日も近いし、またやるとしたら選び直すだろうから。

00_03_18.jpgThis Boy(1963)/『Past Masters Vol.1』-The Beatles
I've Just Seen A Face(1965)/『Help!』-The Beatles
Rain(1966)/『Past Masters Vol.2』-The Beatles
Birthday(1968)/『The Beatles』-The Beatles
The End(1969)/『Abby Road』-The Beatles

5曲、リクエスト。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3609,3610,3611,3612,3613)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3623,3624,3625,3626,3627)

Once Were Brothers: Robbie Robertson and The Band/2020

00_02_02.jpgロックの映画、ビデオってどのくらい見てるのかって、新型コロナでテレワークが習慣になって、スマホ/PCが個人/仕事で2台ずつで滅多に見なくなった個人PCのメールボックスに、KOMOREBIさんからの期限を過ぎた”my music life with covid 19投稿募集のメールを見つけて、「新型コロナと共にある音楽生活」っていえばネット検索(けんさく)やパソコンで音楽を聴く時間が増えたことかな?って思って、自分の日記を検索していた。

ビデオというのは、もちろん、2000年くらいからはDVD。レコード/CDと同じように特に媒体を分ける必要のない時はビデオと言って、映画館に観に行ったのを映画、映画をテレビで見たのをテレビって言おうと思ってる。80年代以降はほとんど曲の数だけあるMUSIC VIDEOはキリがないんで除いて、日記に書いた映画やテレビやビデオを中心に。

00_02_03.jpgロックのっていうのは2020年11月25日に発行された”Guide to Rock Music by a Japanese Madman"によると、1965年(僕が生まれた年の前年だ)からってことなんだけど、ちょっとそれ以前のロックン・ロールやリズム&ブルースも含んで、ロックが主役やそれに近い役をやっていると思う映画やビデオ。

この前日記に書いたロックのライブ、コンサートに合わせて、年代順に。

00_02_07.jpg坊主頭の中学生、古い繁華街が近くにあった高校生の時も映画館にはほとんど行かなかった。

1980年:『地獄の黙示録』(映画)、松任谷由実(神戸文化ホール)
1983年:『アメリカン・グラフィティ』(テレビ)
1984年:『レット・イット・ビー』(テレビ)

大学生になるのとBS放送が始まるのが同じ頃で、自宅だったのでテレビと共同アンテナがあった。

00_04_01.jpg1985年(?):『夢のサーフシティー(Deadman's Curve)』(テレビ)、TAMI Show(ビデオ)、『ワン・プラス・ワン』(ビデオ)
1986年(?):『イージー・ライダー』(テレビ)、『ブルース・ブラザーズ』(テレビ)、『ウッドストック』(テレビ)
1987年:スタイル・カウンシル(ワールド記念ホール)、ビリー・ジョエル(大阪城ホール)、『スタンド・バイ・ミー』(映画)
1988年:ミック・ジャガー(大阪城ホール)、『20 Years of Rock'n Roll』/Rolling Stone Magazine(ビデオ)、『イマジン』(映画)
1989年:『ミステリー・トレイン』(映画)、『宇宙サウンド』/ボ・ガンボス(ビデオ)

00_02_06.jpg就職して結婚するまではテレビがなかった。

1990年:ローリング・ストーンズ(東京ドーム)
1991年:エルヴィス・コステロ(日本武道館)
1992年:マイケル・ジャクソン(東京ドーム:横浜と記憶していたのは何だっけ?子供の頃から夢だったサーカス?)、『トミー』(ビデオ)
1993年:U2(東京ドーム)、『シド・アンド・ナンシー』(ビデオ)、『エル・トポ』(ビデオ)
1994年:スティーヴィー・サラス(新宿リキッドルーム)、『さらば青春の光』(ビデオ)

子供たち用のビデオと一緒によくレンタルをして、見る時間がなくてそのまま返すってことも何度もあった。

00_02_05.jpg1996年:『The Rolling Stones Rock and Roll Circus』(ビデオ)
1997年:『ドアーズ』(ビデオ)
1998年:ローリング・ストーンズ(東京ドーム)、ビリー・ジョエル&エルトン・ジョン(東京ドーム)
1999年:『トレインスポッティング』(ビデオ)

DVDは字幕を切り替えられたり、飛ばしたり何度も見たりできるので、便利だった。

2001年:『ベルベット・ゴールドマイン』(ビデオ)
2002年:『あの頃ペニーレインと』(ビデオ)、『ブルース・ブラザーズ2000』(ビデオ)

00_02_04.png2003年:『ラストワルツ』(ビデオ)
2004年:『Ray/レイ』(ビデオ)

子供たちから教えてもらうことも多くなって、ブログを始めたらDVDを焼いてくれたりする人もいた。

2005年:『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』(ビデオ)
2006年:ローリング・ストーンズ(東京ドーム)
2007年:筋肉少女帯、ボ・ガンボス、ウィルコ(焼いてもらったDVD)

00_076.jpg

2008年:『アイデン&ティティ』(ビデオ)
2009年:『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』(映画)、『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』(ビデオ)

00_02_09.jpgコンサートに行くことも多くなった。

2010年:『ジョン・レノンの魂』(テレビ)
2011年:『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』(ビデオ)、『BECK』(ビデオ)、『リトル・ミス・サンシャイン』(ビデオ)
2012年:L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)(国立競技場)、『Shine A Light』(ビデオ)
2013年:ポール・マッカートニー(東京ドーム)、「ジョン・レノン、ニューヨーク」(テレビ:放送は2012年末)
2014年:ディープ・パープル(日本武道館)、『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』(映画)、L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)(国立競技場)

50歳以上夫婦割引きで映画に行くことも多くなった。

00_077.jpg2015年:イアン・ハンター(下北沢GARDEN)、ポール・マッカートニー(東京ドーム)、エルトン・ジョン(横浜アリーナ)
2016年:『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』(映画)
2017年:『ギミー・デンジャー(Gimme Danger)』(映画)
2018年:AKi LIVE 2018 「Birthday Bash!」(クラブチッタ)、『すべての若き野郎ども/モット・ザ・フープル』(ビデオ)、『ボヘミアン・ラプソディ』(映画)、『You May Dream』(テレビ)
2019年:『ロケットマン』(映画)

00_00_0.jpg新型コロナの流行で、コンサートが開催されなくなった。
外国からバンドやミュージシャンが来日することがなくなった。
しばらくして人数を制限したり、ネット配信のライブが行われるようになった。
初めてネット配信のチケットを買って、1年ぶりに映画館で映画を見た。

2020年:佐藤千亜妃(Billboard Live TOKYO/ネット配信)『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』(映画)

『ロケットマン』の後も、『ラストレター』や『パラサイト』は映画館に行ったのだけど、そもそも僕の日記/ブログは、

00_02_10.jpg・嘘を書かない
・評価評論をしない
・コマーシャリズムを排除する
って制約
を(出来る限りってことだけど)設けているつもりで、

もちろん好き/嫌いはあるし、良い/悪いは感じるけど、褒(ほ)める/貶(けな)すという概念(がいねん)はそれ自体がないと思っている。

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』は僕にはとても面白くて、特に詞や曲の作り、スタジオ録音への興味はますます広がって、帰ってきて『Music From Big Pink』(1968)『The Band』(1969)『Stage Fright』(1970)『Cahoots』(1971)『Northern Lights-Southern Cross』(1975)を、僕はスタジオ盤はこの5枚しか持っていないんだけど、順番に聴いていた。

00_02_12.jpg「マーチンのギターのタグを見て、・・」っていうロビー・ロバートソンの説明や「凄い曲なんだ」っていうリード・ボーカルを取らなかったリチャード・マニュエルの熱弁にぐっときた”The Weight”(1968)の僕の下手くそな訳を再掲。

ナザレ来て 半分死んだ 気がしてた
寝転べる ちょっとした場所 欲しかった
なああんた どこか寝床を 教えてと
奴俺の 手を握って言う ねえよって

荷物を下ろせ 馬鹿野郎
荷物を取りな 無償だぜ
荷物を下ろせ あほんだら
そして私に 背負わせろ

00_02_15.jpg鞄持ち 隠れる場所を 探してた
カルメンが 悪魔と連れ添い 歩いてた
俺言った どうだカルメン 俺となら
下町に 俺と一緒に 行かないか
彼女言う 行きたいわでも 離れない

荷物を下ろせ 馬鹿野郎
荷物を取りな 無償だぜ
荷物を下ろせ あほんだら
そして私に 背負わせろ

00_02_13.jpg行っちゃいな モーゼスねえちゃん あなたには
言うべきの 言葉は何も ないだろう
偉大なる ルカってことさ ルカは待つ
審判の 日をただ待ってる ルカなのさ
なあルカよ アンナ・リーは どうするの
奴は言う 頼みたいんだ 我が息子
アンナ・リー あの子と一生 添い遂げて

荷物を下ろせ 馬鹿野郎
荷物を取りな 無償だぜ
荷物を下ろせ あほんだら
そして私に 背負わせろ

00_02_16.jpgイカれてる チェスターさんが ついてくる
霧の中 あの人俺を 捕まえた
彼言った この犬ジャック 連れてって
そしたらば あんたの家の 棚なおす
俺は言う ちょい待てチェルシー 俺様だ
彼は言う やっぱりさすがだ できるだけ
この犬に 餌をやってな できるだけ  

荷物を下ろせ 馬鹿野郎
荷物を取りな 無償だぜ
荷物を下ろせ あほんだら
そして私に 背負わせろ

00_02_18.jpg特急を 捕まえてくれ 今すぐに
今すぐに 俺連れてって 欲しいんだ
俺の荷も 重くなったぜ 潮時だ
あのバカの ところに帰るさ あの子のな
わかるだろ あの子はたった 一人の子
俺ここに みんなの前に 現れた
彼女のな みんなに対する 敬意でな 

荷物を下ろせ 馬鹿野郎
荷物を取りな 無償だぜ
荷物を下ろせ あほんだら
そして私に 背負わせろ

00_02_17.jpg"Acadian Driftwood"(1975)も。

戦争終わって 心はズタボロ
足ひきずって 歩いてる 
野郎の丘が 煙ってる

俺らは絶壁 佇(たたず)んで
舟が並んで 沈んでく 
静かに沈んで いくとこを 
じっとじいっと 見つめてた

00_02_19.jpg奴らは約束 紙切れに 
自分の名前を 認(したた)めて
そうして俺らの 住む家や 
育った場所は 取られたよ
俺が愛する ものや人 
見捨てられて しまったな

奴らは何も くれやせん
家族を守る ためになら 
伏せるさ降りるさ 負けたのさ
アブラハムの 平原に 
やってきたのさ こうしてね
 
00_02_20.jpgアカディアの 流れ木やい
はぐれ流しの 追い風やい
奴らは俺の 育った国を
雪の国って 呼ぶんだやい

カナダの寒波が やて来るぞ!
なんて道だい! 馬に乗り
なんて道だい! 俺は行く

2曲、リクエスト。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3607,3608)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3621,3622)

Summer Gate/『SickSickSickSick』(2018)/You Make Me Happy/『Planet』(2019)/橙ラプソディー(2020)/Girl meets NUMBER GIRL(2012)

00_01_01.jpgロックのライブ、コンサートってどのくらい見てるのかって2013年のポール・マッカートニー来日コンサートを見た時に思い出していた。

有名なロック・ミュージシャンの来日コンサートは、そんなにたくさん見ているほうじゃないと思うって書いてる。

1987年のスタイル・カウンシルビリー・ジョエル、1988年のミック・ジャガー

1990年1998年2006年ローリング・ストーンズ

00_01_07.jpg1991年のエルヴィス・コステロ、1992年のマイケル・ジャクソン、1993年のU2

1998年のビリー・ジョエル&エルトン・ジョン

ちょっと記憶違いもあるかもしれないって日記に書いてるけど、この時点で他に、すごく有名って訳ではないかもしれないけど、1995年?の新宿リキッドルームに来たスティーヴィー・サラス

それから、日本のミュージシャンだけど、1980年の松任谷由実

00_01_03.jpg2015年にディープ・パープルのライブ盤をリクエストして、その後3年間に行ったコンサートのことを思い出していた。

2013年:ポール・マッカートニー
2014年:ディープ・パープル
2015年:イアン・ハンターポール・マッカートニー

日本のミュージシャンだと、 2012年のL'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)、2013年のOne OK Rock(ワンオクロック)(あ、これは送り迎えをしただけかな?)、2014年のL'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)

00_01_04.jpg2015年には、ロックバーのマスターとGA-WA-さんと、エルトン・ジョン

2018年には、有名という訳ではない、日本のミュージシャンたちの、こんなカバーに感激した

Living On A Prayer/Bon Jovi
Smells Like A Teen Spirit/Nirvana
Basket Case/Green Day
Eat The Rich/Aerosmith
Live Wire/Mötley Crüe
Welcom To The Black Parade/My Chemical Romance

00_01_05.jpgそれを最後にライブ・レポートをやっていないのは行ってないからなんだけど、新型コロナウイルス以後は開催されなくなって、それから徐々に、観客数を制限してのライブネット配信も少しずつ。

きのこ帝国は活動休止中で、2019年にソロアルバム『PLANET』を出した佐藤千亜妃さんの『Special Cover Live VOICE4〜far and near〜』は11月14日(土)、15日(日)の、ジョン・レノンのLIVE IN NEW YORK CITYみたいに昼の部、夜の部の4公演のうち、アーカイブ配信された最後の夜の部の配信チケットを購入して、日曜の夜にライブでとその後もう1回、月曜日の夜、配信期限の火曜日の夜に、仕事が終わってから、翌日は朝から仕事なのであまり遅くならないように寝るまでに、1回ずつ見た。

00_01_06.jpgMCで曲の紹介もあった、こんなセットリスト

1.Pretender(2019)/Official髭男dism
僕は新聞に出ていた「I LOVE..」(2018)を前にリクエストしたんだけど、1曲って言ったら、やっぱりこちら。
僕は君の運命(うんめい)の人じゃない」っていうフレーズは沢山の男性、沢山の女性の心に響いた。深く、浅く。広く、狭く。

00_01_08.jpg2.コミュニケーション・ブレイクダンス(2000)/SUPER BUTTER DOG
バンドの演奏、音が本当に良くて感激した。宗本康兵(key、バンドマスター)、藤田顕(Gt)、種子田健(Ba)、BOBO(Dr)。
ハナレグミ(永積タカシ)や後に100s(ヒャクシキ)の池田貴史(Key)のいたSUPER BUTTER DOGは96枚にエントリーもしなかったけど、タイミングが合わなかったってことだと思う。 失くしちゃって分からないけど、MUSIC MAGAZINE 2019年4月号、『特集 50年の邦楽アルバム・ベスト100』ではSUPER BUTTER DOGを選んでいた人もいたかも。

00_01_09.jpg3.闇に降る雨(2000)/椎名林檎
失くしちゃって分からないけど、MUSIC MAGAZINE 2019年4月号、『特集 50年の邦楽アルバム・ベスト100』では、この曲の入った2枚目の『勝訴ストリップ』より1枚目の『無罪モラトリアム』を選ぶ人が多かったと思う。
『ニッポンの偉大なギター名鑑100』(Guitar Magazine:2020 July)でも、『モラトリアム』が44位で、『ストリップ』が93位。
雨だろうが運命(さだめ)だろうが」ってフレーズはそれほど多くの人の心にっていうんじゃないかも知れないけど、響いた。深く、浅く。広く、狭く。

00_01_10.jpg4.SWEET MEMORIES(1983)/松田聖子
1983年というのは高校1年生の冬休みから、高校2年生の冬休みまでで、女子はいわゆる「聖子ちゃんカット」から、合わせてショートカットにしたりしていたと思う。僕がもらったテープをカーステレオで聴いたのは「ソバージュ」が流行った頃。

5.エイリアンズ(2000)/キリンジ
失くしちゃって分からないけど、キリンジも『50年の邦楽アルバム・ベスト100』にけっこう選ばれていたと思う。
公団の屋根の上どこへ行く」「バイパスの澄んだ空気と僕の町」って見ていた風景は同じような、違うような。

00_01_12.jpg6.「バイバイ」(1999)/ゆず
失くしちゃって分からないけど、ゆず『50年の邦楽アルバム・ベスト100』に選ばれていたかな?
僕は夜が明けるまでってことはなかったけど。

7.初恋(2018)/宇多田ヒカル
失くしちゃって分からないけど、『50年の邦楽アルバム・ベスト100』では『First Love』を第一位に選んだ人もいた
うるさいほどに高鳴る胸」「柄(がら)にもなく竦(すく)む足」「静かに頬(ほお)を伝う涙」「勝手に走り出す足

00_01_13.jpg8.Sweet Pillow(2001)/平井堅
失くしちゃって分からないけど、『50年の邦楽アルバム・ベスト100』では選ばれていないかな?
駄目な僕を責めたてて」「花に水をあげている君がいる」「君の寝顔を見ていたらもう28時

9.世界が終わる夜に(2007)/チャットモンチー
『CHATMONCHY Tribute~My CHATMONCHY~』では、きのこ帝国は「染まるよ」  をカバー。
「世界が終わる夜に」は、集団行動がカバーした曲。
私が神さまだったらこんな世界は作らなかった

00_01_16.jpg10.ファイト!(1983)/中島みゆき
1999年、2000年、2001年と、西暦2000年、ミレニアムの頃の曲が多いんだけど、これは1983年。
1983年というのは高校1年生の冬休みから、高校2年生の冬休みまでで、CONVERSEのバスケットシューズからK-Swissのテニス・シューズっていう頃。
僕の通った下町の高校は名前は違うけど定時制の夜間高校でもあって、銘板(めいばん)(学校の表札)は二つかかっていた。
グラウンドやテニスコートにはナイター設備があったけど僕らは使えなくて、ラグビー野球サッカー吹奏楽の練習は6時まで。
教室を荒らされたりして時々けんかになった

あたし中卒やからね仕事をもらわれへんのやと書いた女の子の文字はとがりながらふるえている」っていう「ファイト!」は、1994年のテレビ・コマーシャルで知ったって人も多いと思うし、テレビで満島ひかりさんが歌ったのを聴いてって人もいると思う。
僕がリクエストしたのは2017年

00_01_00.jpg編曲:井上堯之で、鈴木茂とも言われる「木綿のハンカチーフ」で弾いた芳野藤丸のE.Guitarのオリジナル・スタジオ収録の感じを出したバンド演奏。

他の公演では、今でも通るたびにビール工場と競馬場を探してしまう、荒井由実の「中央フリーウェイ」(1976)なんかもやったそうだ。

<アンコール>
1.橙ラプソディー(2020)/佐藤千亜妃
2.You Make Me Happy(2019)/佐藤千亜妃
3.Summer Gate(2019)/佐藤千亜妃

00_01_02.jpgアンコールは、ソロ・アルバムから。
1曲目は未発表のアルバム未収録曲。

2日間の最後の夜の部だけ3曲。

1日目の昼の部では「キスをする」「STAR」、夜の部は「大キライ」「Bedtime Eyes」、
2日目の昼の部では「転がるビー玉」(新曲)、「空から落ちる星のように」。

00_01_17.jpgリクエストは、僕が見たアーカイブ配信から、偶然だけど僕が2020年2月に96枚に選んだ『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』(NUMBER GIRL)『GUITAR magazine ニッポンの偉大なギター名盤100』の第一位に選んでいた佐藤千亜妃

Summer Gate/『SickSickSickSick』(2018)(『Planet』(2019)にも収録)
You Make Me Happy/『Planet』(2019)
橙ラプソディー(2020)

00_01_18.jpg


パズルみたいな映画がみたいな
You make me happy
もう死んでもいい

アンコールのアンコールってことで。

00_01_19.jpgもう1曲。
日本のロック96枚に選んだ『渦になる』(2012)/きのこ帝国から、Girl meets NUMBER GIRL(2012)。

どこで会ったんだろう?
ライブハウスかな?
CDショップかな?
パソコンかな?
通学路かな?

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3603,3604,3605,3606)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3617,3618,3619,3620)

Isolation(1987,1995,2007,2020)/Yer Blues(2002)/(Just Like)Starting Over(2002,2004,2020)

00_00_104.jpg一般にカバーが難しくて、あまりトリビュート盤が出ていないって言われるジョン・レノンだけど、いい曲はいい曲だし、もちろん、みんながジョンよりうまく歌えるって思うわけではないだろうけど、歌手なら歌いたいっていう気持ちになるんじゃないかと思う。

ジョン・レノンのカバーをもう少しリクエスト。

2005年に東芝EMIから、生きていれば65歳の誕生日に出たやつは、日本のミュージシャン・バンドの、ビートルズのカバー集や、既発のアルバム収録曲も含んだ14曲。

『65th Anniversary John Lennon Tribute HAPPY BIRTHDAY,JOHN』(2005)

1.Oh My Love100s
2.Yer Blues/椎名林檎
3.Beautiful Boy(Daring Boy)/DREAMS COME TRUE
4.Happy Christmas(War Is Over)/槇原敬之
5.Hey Bulldog/奥田民生
6.God宮沢和史
7.Lucy In The Sky With Diamonds/PUFFY

8.Tomorrow Never Knows/ナカコウ
9.Loveフジファブリック
10.Revolution/BONNIE PINK
11.Woman/SAKURA
12.Don't Let Me Down/忌野清志郎&仲井戸麗市
13.Mother/Acid Test
14.In My Life/高野寛

00_00_102.jpg多分初めてのソロのカバー集は、これまでも何度かリクエストして、ロックバーにも何曲かリストアップされている、『Working Class Hero: A Tribute to John Lennon』(1995)。 Hollywood Recordsから、the Humane Society of the United Statesのチャリティ・アルバムとして発売になった15曲。

1.I Found Out - The Red Hot Chili Peppers
2.I Don't Wanna Be a Soldier - Mad Season
3.Steel and Glass - Candlebox
4.Imagine - Blues Traveler
5.Working Class Hero - Screaming Trees
6.Power to the People - The Minus 5
7.How Do You Sleep? - Magnificent Bastards

8.Nobody Told Me - The Flaming Lips
9.Well, Well, Well - Super 8
10.Cold Turkey - Cheap Trick
11.Jealous Guy - Collective Soul
12.Isolation - Sponge
13.Instant Karma! - Toad the Wet Sprocket
14.Grow Old With Me - Mary Chapin Carpenter
15.Mind Games - George Clinton

00_00_103.jpg今年出たのは、僕は知ってるミュージシャン・バンドが1つもないのだけど、ニュージャージー州のJem Recoedsからの『Jem Records Celebrates John Lennon』(2020)。ビートルズの曲や生前発表されなかった曲も含んで13曲。

1.The Word / The Weeklings
2.Child Of Nature / The Midnight Callers
3.Jealous Guy / The Midnight Callers
4.You Can't Do That / The Grip Weeds
5.(Just Like) Starting Over / Johnathan Pushkar
6.No Reply / The Gold Needles
7.Revolution / Power To The People / Richard Barone

8.Strawberry Fields Forever / The Grip Weeds
9.It Won't Be Long / The Midnight Callers
10.I Found Out / The Anderson Council
11.Cold Turkey / Hey Bulldog / The Gold Needles
12.I Call Your Name / Johnathan Pushkar
13.What's The New Mary Jane / The Weeklings

『The 40th Annual John Lennon Tribute』 (2020)は、
Featuring unreleased and newly recorded performances by:
Jackson Browne, Patti Smith, Natalie Merchant,
Taj Mahal, Jorma Kaukonen, Rosanne Cash,
Joan Osborne, Bettye LaVette and more!
とのことだけど、聞き逃しちゃった。

00_00_101.jpg『INSTANT KARMA : THE AMNESTY INTERNATIONAL CAMPAIGN TO SAVE DARFUR』(2007)は、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが主宰するキャンペーンの一環として制作された、アフリカのスーダン西部、ダルフール地方の避難民救済のためのチャリティ・アルバム。2枚組で23曲。

ディスク1:
1.Instant Karma - U2
2.#9 Dream - R.E.M.
3.Mother - Christina Aguilera
4.Give Peace a Chance - Aerosmith, Sierra Leone's Refugee All Stars
5.Cold Turkey - Lenny Kravitz
6.Whatever Gets You Through the Night - Los Lonely Boys

7.I'm Losing You - Corinne Bailey Rae
8.Gimme Some Truth - Jakob Dylan, Dhani Harrison
9.Oh, My Love - Jackson Browne
10.Imagine - Avril Lavigne
11.Nobody Told Me - Big & Rich
12.Jealous Guy - Youssou N'Dour

ディスク2:
1.Working Class Hero - Green Day
2.Power to the People - Black Eyed Peas
3.Imagine - Jack Johnson
4.Beautiful Boy - Ben Harper
5. Isolation - Snow Patrol
6.Watching the Wheels - Matisyahu

7.Grow Old With Me - The Postal Service
8.Gimme Some Truth - Jaguares
9.(Just Like) Starting Over - The Flaming Lips
10.God - Mick Fleetwood, Jack's Mannequin
11.Real Love - Regina Spektor

00_00_105.jpgリクエストは、"Isolation"をもういくつか。

Isolation/『Unchain My Heart』(1987)ーJoe Cocker
Isolation/『Working Class Hero: A Tribute to John Lennon』(1995)-Sponge
Isolation/『INSTANT KARMA : THE AMNESTY INTERNATIONAL CAMPAIGN TO SAVE DARFUR)』(2007)ーSnow Patrol

アルバムがでるという噂もあった(今でもあるのかな?)、
Isolation(2020)-Sean Ono Lennon

00_00_00_00_00.jpg


『65th Anniversary John Lennon Tribute HAPPY BIRTHDAY,JOHN』(2005)に収録された「Yer Blues」を、「木綿のハンカチーフ」も入ったアルバムから
Yer Blues/『唄ひ手冥利〜其ノ壱〜』(2002)-椎名林檎

00_00_106.jpgもう1曲、同じアルバムから、
(Just Like)Starting Over/『唄ひ手冥利〜其ノ壱〜』(2002)-椎名林檎

レコード会社が違うので入らなかったと思う、これはアルバムじゃなくて、何枚かのスナップ写真っていうのかな?
CDだから、A面・B面でなくて、ミニ・アルバムってことでもない、
(Just Like)Starting Over/「川の光」(2004)-スガシカオ

upset the apple-cartへの3600曲目のリクエストは、96枚に選びそこねた、同い年、同じ学年のスガシカオ。
この曲は、中学二年生の2学期の終わり頃、冬休みの前だ。

00_00_107.jpg歌ったJohnathan Pushkarも、バンドも、みんな生まれてないかな?
40年後のカバーも。
(Just Like) Starting Over / 『Jem Records Celebrates John Lennon』(2020) ーJohnathan Pushkar

ロックバーが始まった頃に話題になっていた、マスターの同世代(という印象なんだけど、実は83年デビューの僕の3、4歳上)。
(Just Like) Starting Over /『INSTANT KARMA : THE AMNESTY INTERNATIONAL CAMPAIGN TO SAVE DARFUR』(2007)The Flaming Lips

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3594,3595,3596,3597,3598,3599,3600,3601,3602)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3608,3609,3610,3611,3612,3613,3614,3615,3616)