メルトバナナ/有頂天/フリクション/ボアダムズ/ミドリ

160_02.jpgロックバー読本: すべての心若き野郎どもへPart 2 (KOMOREBI) Kindle版が出版になった。

今回は僕も投稿しているんだけど、やっぱり同人さんたちのコラムから読み始めて、ペンネームから全員の顔を思い浮かべられるわけではないけど、読んでると、あ、って思う。
Part2、vol.2の同人さんたちからの寄稿は、最初の号、vol.1と比べると、書いた人たちがロックバー読本vol.1を読んでいるっていう違いがあって、少し密度が濃くなっている。そういうところも面白い。
M原くんがマスターを「音楽と同様、ひょっとしたらそれ以上に音楽を聴く人への関心が高い」と書いていたけど、寄稿/投稿した僕たちみんな、ちょっとそんな面があるかも知れないな。

了解を頂いているわけじゃないけど、リクエスト曲(や編集者が選んだと思う曲)や、印象に残ったところをちょっとずつ転載。
敬称略で、ご容赦です。

同人さんたちが取り上げた曲、編集者さんが選んだ曲も、
ここで紹介された曲たちをネットでググって歌詞を読みながら一度聴いてみてください。きっとみんないい曲で、きっとあなたの人生に何らかの色どりを加えてくれるでしょう。
だからね。

160_11.jpg◆同人コラムvol.1
Mr.Rapport
あれは40歳前後だったと思うが、コモンストックに一人で行ったとき、誰もいない店内で、G氏がキング・クリムゾンの「Earthbound」をリクしてないにもかかわらず、LP両面をかけてくれたことがあった。
21st Century Schizoid Man(Live 1972)/King Crimson

KWN
(略)「イカし(れ)た店長」に「次の作品におれを役者として出せ」と言われた。いいですねー、なんて軽く返事しながら店を出たのだが、後日メールが来てこうあった。
「なんで映画やテレビに出たいといったのかというと、ロックバーを続けるための売名行為以外のほかに他意はない。今は続いているけど、いつ続けられなくなるかわからぬという危機感の中に生きている」
夜の盗賊団/BLUE HEARTS

ガミ
その日は自分の誕生日だったけど、一緒に祝ってくれる彼女も友人もいなくて、一人ぼっちで西川さんのお店でひとしきり飲んで、帰り際に「今日、誕生日なんですけど、誰も祝ってくれなかったから、何か一曲かけて下さい」と厚かましいお願いをしたら、吉田拓郎の「人生を語らず」を選曲してくれた。
Why Can't This Be Love/Van Haren

160_01.jpg◆同人コラムvol.2
ベロベーマン
最後に、西川宏樹さんについての注目すべき文を私はこの冊子から発見してしまった。
11月18日 15年間同じ独り言を続けた奴はいるか?
「実は、僕は大学の卒論で、『マイ コンテンポラリー』というのをでっち上げたのです。直訳すると、私の同時代」
西川宏樹さんは40年過ぎた今でも、未だ卒論を執筆中なのである。
That Summer Feeling/Jonathan Richman

M原
多分、音楽と同様、ひょっとしたらそれ以上に音楽を聴く人への関心が高いからであろう、時々、店内の音量が下がってトークタイムに突入する。
Do Anything You Wanna Do (Live)/Eddie & The Hot Rods

牛込散人(a.k.a.F-SAKURA)
それでもなお折に触れて顔を出してしまうのは、時にはイヤホンや自宅の小さなスピーカーではなく、大音響とアルコールで心置きなく好きな音楽に耽溺したいというのもあるが、つまるところマスターである西川さん、そしてそこに集う人々に共有されている何かを求めてのことである。
Penny Lane (2009 Mono Remastar)/The Beatles

160_03.jpg◆同人コラムvol.3
Mr.Universe
Gが「何か1曲リクエストしてくれ!」というので迷わずDoobie Brothers「Long Train Running」をかけてもらう。何年も繰り返し聴いたベタな曲だがコモンストックの時も最初にリクエストした曲であり、オーディオチェックも兼ねている。
One Night Stand/Janis Joplin

HYS
ロックが転がり続けるならロックバーもしかり。「upset the apple-cart」もロックを全うしなければいけないのである。再開して、リトル・リチャードを一緒に偲ぶ日を楽しみにしておこう。
A Change Is Gonna Come/Sam Cooke

S先生
この年になっても探しているのである。いつか、自分の心の底に秘めているあらゆる希望を満たしてくれる絶対的な一曲に巡り合うことはないであろうか。もしかしたらこのお店の中で流れているのではあるまいか。
いい娘だね/JACKS

160_04.jpg◆同人コラムvol.4
のり
大学生時代、バンドサークルの友人に、一度だけ連れていってもらったロックバーがあった。(略)また行きたかったけれど、名前も場所もわからなかった。
就職して数年した頃、会社の先輩に、連れていってもらったロックバーがあった。(略)Neville Brothersをリクエストした」と話したら、Gさんはなんと、Metersをかけてくれたことを覚えていた。(!!!)
Road Runner/Bo Diddley

シセル
酒癖の悪さで叱られたことはあるが、同人の皆さんからも「節操のなさ」で叱られたことは一度もない。むしろその「節操のなさ」から個人個人が何を受け取ろうか、これから何を聞こうか、貪欲に感じ取ろうとしている同人の皆さんが多く、節操なしの集まり、ともいえる。「正しさ」から自由になることがここでは推奨されている、と感じる。
Crazy/Neu!

ASNM
ここにはいわゆる狭義の意味でのロックから外れる音楽も多数あったりする。しかし、だからといって何でもかんでも節操なくあるわけじゃなくて、iPadのリストを見ればわかることだが、ここにある音楽にはロックスピリットが流れていることを感じることができるだろう。
Be Young, Be Foolish, Be Happy/Booker T. & The MG's

160_05.jpg◆同人コラムvol.5
chr
さて、もう少し成長してくると、ラジオでかかっているのが誰の何という曲、までわかるようになるけれど、 わかっていたとしても、忘れていた曲を思い出すのは気持ちいい。 (略)その後も爆音で何度か聴いたけど、いい曲感、いい音感は衰えない。
Cherry Baby/Starz

直哉
そして、すでにこの世からいなくなってしまった仲間や離れていった人たちにも、 今もあの暗い部屋からロックが聴こえていると信じている。
Small Town Talk/Bobby Charles

Tbt
キミには Woodentops 、Mark Stewart、、 と楽曲集めの一員に。 何か嬉しかったですね、大人の遊び仲間に入れて貰えた感じがして。
Baby/Whitehouse

160_06.jpg◆同人コラムvol.6
かねげん
話は戻りまして、それじゃあ信楽焼タヌキとこの3つのバンドがどう関係あるの? と申しますと…。「頭を撫でながら変化の象徴キッス、胸をさすって融通の象徴ジャーニー、金的をシゴいて不変の象徴モーターヘッドに思いを馳せることで商売の教訓としている」とそういう次第なわけです。
Tush/ZZ Top

たまちゃん
毎回誰かのリクやマスターが選ぶ音楽に心を躍らせ、カウンターに身を乗り出してはモニタ(に表示されるアーティスト名と曲名)を撮る(忘れるから)。カウンターの後ろでゆらゆら踊るのも良いし、自由に過ごせるところが好きだ。
Invincible/Muse

川口溶接所
それでも俺がコモンストックに通ったのは確かに「居心地」がよかったからなのかもしれません。それは「癒される」とか「ほっこりする」とか、いかにもありきたりの言葉で表現されるようなものではなく、ここへ行けば魂が解放されるというか、欠けた心のワンピースがバチっと嵌るというか、そういう場所だったのでしょう。
Dreams/Fleetwood Mac

160_07.jpg◆同人コラムvol.7
KMT
また、このロックバーにはノスタルジーが無い。ノスタルジーでロックを演出しないし、なにかの文脈で場を着色しようという気配が無い。この極度にソリッドで透明な空間は、リクエストという現在進行形のスパークから生まれ出る、一期一会の色彩へ全力でフォーカスしている。
My Guitar Wants To Kill Your Mama/Frank Zappa

MIE
自分が何をリクエストするか、その選曲で値踏みされる感じも、そこでリクエストする曲で何らかの承認欲求を満たす自分のメンタリティにも、なんとなく疲れていたのだと思う。だから、人に連れられてでなければ、apple-cartへの階段を上ることも、きっとなかっただろう。
Crash/Primitives

He is Me
(送った原稿には結構誤字脱字があったので訂正します)
正)先輩たちと4人で
誤)先輩たち4人で
正)リクエストが3400曲になった。
誤)リクエストが3000曲になった。
正)Common Stock(1991-1999)
誤)Common Stock(19991-1999)
I Am The Walrus/The Beatles

160_08.jpg◆同人コラムvol.8
Momoka
頼むのはだいたいウイスキーのソーダ割りで、タバコに火をつけてから、渡されたiPadのライブラリから何をリクエストしようか考えている時間がとても好きだ。(略)適当にリクエストしたけど、流れてきたその曲を聴いていると、ああ今、私にはこの曲が必要だったんだなあとじんわり思った。
Changes/David Bowie

Go To
先ずシステムだが、スピーカーが国産のDIATONEである。ほかにもウーファーがあると思うが暗くてみえない。JBLやBOSEの店が多いがこのシステムで鳴る音楽がすごい、(略) ただしこのシステムで鳴らす音楽には得意・不得意がある。どんな音が不得意なのかはご自身で確かめていただきたい。(略)ーよくリクエストする曲 中島みゆき「ファイト」 アップルカートで聴くとイントロのドラムソロから痺れまくり。
Network 23/Tangerine Dream

WATARU
この度はロックバーupset the apple-cart様の発行する書籍にコラムを寄稿するという大役を仰せつかり、誠に恐悦至極、身に余る光栄にございますが、会ったこともない人様に向けて文章を書くという不慣れな行為、しかもその御相手がまだ見ぬ「将来の御客様」ということで戦々恐々としているところでございまして、少しでもこのお店(とその店主様)の魅力が伝わり、お店に足を運ぶちょっとしたきっかけの一つになるような文章がお届けできるよう、とりあえず緊張をほぐすためにソファでダラっとしながら煙草を一服、缶ビールを流し込んでこの文章を書いている次第です。
Kick Out The Jams[Uncensored Version][Live]/MC5

160_10.jpg◆同人コラムvol.9
ABU
ロックバーというのは人生の玄人が行くような場所、そう思っていた20代の末期、おれはそこへ行ったんだ。(略)あの20代最後、30を迎えたその日には夜逃げする会社にいたどうしようもない頃、あの場で聴けたのがすごく良かったんだ。おれは確かに受け取った。袋小路だと思っていたけど道はあった。ありがとう。
おれたちはみな、いつだって生きることの素人だ。だからロックバーはそこに、ある。
やるせなく果てしなく/Carnation

K.I.
久しぶりに会ったKくんは父親になっていて、「息子に愛情を注ぐたび、みんなにしたことで自分が許せなくなる」と言った。そんなことを言わせてしまったことや頑なに彼を避けていたことが恥ずかしくなった。(略)
と、ここまで書いてて思い出したけど、僕らの喧嘩の発端ってマスターのデリカシーのない一言からだったような。あの時間、なんだったんだ…
街の報せ/cero

おけら
第一印象は無愛想で取っ付きづらい感じの西川さん。でも話してみれば分かるはず、とにかくやさしい人である。あなたも会いに来てみてはどうだろうか。
Little Wing/Jimi Hendrix

160_09.jpg日本のロック・アルバムは、160枚目から。
200枚くらいになりそうだけど、96枚×2=192枚までにして、最終的には半分にして、最初に考えた通り96枚にしよう。

ロックバー読本 vol.1 vol.2は、赤の表紙、緑の表紙で、僕らの世代には、というか1000万部の大ベストセラーだからみんな覚えていると思う『ノルウェイの森』(村上春樹、1987)のよう。

1987年は僕が大学の2回生から3回生(関西では2年生、3年生のことをこう言った)になる年で、大学のサークルなんかでは相変わらず流行ってた印象がある、ハードコア・パンク。
緑のジャケットのMelt-Banana (メルトバナナ)。

リクエストは160枚目/192枚から、ハードコアと言ってもボーカルのYasuko O.(Yako)が美人で歌声がcuteな、
Sick Zip Everywhere/『Scratch or Stitch』(1995)-Melt-Banana (メルトバナナ)

かなり気に入っているバンドなんで、もう2曲。
Surfin' USA/『MxBx 1998/13,000 Miles at Light Velocity 』(1999)-Melt-Banana (メルトバナナ)
Lost Parts Stinging Me So Cold/『Cell-Scape』 (2003)-Melt-Banana (メルトバナナ)

160_12.jpg日本よりもアメリカやヨーロッパで人気だそうで、ネットで見つけた英語で書かれたYakoのfavarite albumはこんなの。
RC Succession - Single Man (1976)
They were a very famous rock band in Japan. Their singer Kiyoshiro was a kind of idol to me. This album is their early work and one of my favorite albums
The Stalin - Stop Jap (1982)
They must appear on my list! They were the first Japanese punk band that I ever listened to
Jun Togawa - Tamahime-sama (1984)
She is still one of my favorite singers in the world. She was also in a band Guernica, and it was good too, but for this list I am going with her outstanding solo work Tamahime-sama.

160_13.jpgInu - Meshi Kuuna! (1981)
This is a band from Osaka. They didn’t put out many albums since [they] didn’t have a long career.
●Uchoten - Peace (1986)
I didn’t know much about this band before buying this album, but I just liked the sound of it. Kind of techno?

161枚目/192枚はこれまでリクエストしていなかった有頂天。
リクエストはメジャー・デビュー・アルバムの1曲目。
BYE-BYE/『ピース』(1986)-有頂天

160_14.jpg緑のジャケットと言えば、『No New York』かな?
特に好きというわけではないので、1回は見送った、『軋轢』はやっぱり選んでおこう。162枚目。
リクエストは、やっぱり名曲の、
OUT/『FRICTION(軋轢)』(1980)フリクション

この前選んだボアダムスはちょっとアートっぽすぎるんでもうちょっとロックっぽいの。
163枚目/192枚は、『WOW2』(1993)、リクエストは1曲目の、
Domsbore/『WOW2』(1993)-ボアダムス

ジャケットは後藤まりこのお馴染みのセーラー服だけど、すごく関西っていうか大阪っていうか、そんなファンキーなパンクのミドリを164枚目に。
ロマンティック夏モード/『ファースト』(2005)-ミドリ

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3409,3410,3411,3412,3413,3414,3415)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3423,3424,3425,3426,3427,3428,3429)

ボアダムス/羅針盤/ヒカシュー/P-MODEL/コトリンゴ

152_01.jpg僕はまだ行っていないのだけど、6月1日から With コロナ 営業を開始した upset the apple-cart のFacebookで、お客さん(再開を心待ちにしていた同人率が高いのかな?)の「本日のリクエスト」を、ロックバー読本: すべての心若き野郎どもへ (KOMOREBI) Kindle版の投稿コラムを読んだり、顔を思い浮かべたり、曲を想い浮かべたり、パソコンやスマホで曲を聴いたりしながら。

vol.2は、vol.1と同じく同人(vol.1で投稿しなかった人たち)からのコラム30本ほどと、ABC順で J の続きの K からの洋楽、あいうえお順の日本のロックのマスターの楽曲コラム211本が掲載されて6月11日に発売になるそうで、それまでに、キリがないからと写すのをやめたvol.1でマスターが採り上げたミュージシャン/バンドをもう少し振り返り。


Songs From 「C」から、ちょっと自分の日記を読み直したりもしたんで(それに、同じ曲を何度もリクエストしてるから)、リクエスト曲のリンクは別の日付の別の日記に変えて。

152_04.jpgSongs From「C」でリクエスト曲が被った、
Crazy Train/Ozzy Osbourne
Creep/Radiohead
Crocodile Rock/Elton John
以外だと、なぜだかリクエストしていないHard-Fi、一度しかリクエストしていないDonovan、好きな曲が違うPaolo Nutini

Songs From「D」でリクエスト曲が被った、
Don't Give Up/Peter Gabriel
以外だと、聴こう聴こうと思いながら聴いてない (なので、リクエストもしていない)Poco、つまんない理由でリクエストしていない Traffic、テレビを見て買った P!NK、一時ロックバーでブームになった Thin Lizzy、Common Stockでの僕の最後のリクエストだったかも知れない Warren ZevonManeaterはモータウン・イベントがらみでリクエストしたかな?Hall And Oates世代的にはポインター・シスターズだけどThree Degrees 、テレビでよくやってた Huey Lewis And The News、なぜだか好きでない James Taylor、けっこうリクエストするけど被らない Neil Young、このアルバムは誰かが持って帰ってて家にない Rolling Stones、upsetで好きになったと思う Hanoi Rocks 、少し年上の間で大ヒットしたこのアルバムを聴いてる同級生には会ったことがないPeter Frampton

152_02.jpg1曲もかぶらなかったSongs From「E」では、20代でCDを買ったのはロックバー(Common Stockじゃないとすればどこだろう?)で聴いて気に入ったからだと思うLittle Feat 、(L)ライオネル・(R)リッチー の発音は上手く出来なかったかもしれないけどThe Commodores、Common Stockでは珍しいMTV時代のTears For Fears(テレビではよく見たからかロックバーでリクエストしてないな)、MTVのクラシック・コーナー Sly & The Family Stone、なぜだか胸やけがしてあまり好きでない Manic Street Preachers

Flathead/Fratellis1曲のSongs From「F」だと、僕は Mott the Hoople が先だったBad Company、 僕は Don Henry のソロアルバムのプロデュース/ギター/キーボードからだったDanny Kortchmar 、僕は高校の文化祭のジャパメタのAction!が先だったSweet、メンバーがどんどん変わって108枚に選ぶタイミングがなかった Dinosaur Jr、 あ、日本のミュージシャン/バンドLove Psychedelico、MがCommon(そんなふうに略して言った)で最初にリクエストしたと思う10ccヴィジュアル系の『音』についてはこれがすべての出発点だと思う Cure

Give Me Love (Give Me Peace On Earth)/George Harrison
Gloria/Them
God/John Lennon
の3曲が被ったSongs From「G」では、ジム・ジャームッシュの映画『Gimme Danger』も見に行った Iggy Pop(& Stooges)、これもMTVかな?MTVでも放送禁止だっけ?Psychic TV、僕はNeil Young & の方しか持ってない Crazy Horse、一番好きだって思うこともある Jeff Buckley、upset が出来てからの Uncle Tupelo

152_05.jpgHot Burrito #1/Flying Burrito Brothersをリクエストした(別名のエルヴィス・コステロの方だったかな?)日記は削除されちゃったんだけど、Songs From「H」、
これ一枚だけよく聴いたNick Drake、サージェント・ペパーズの丸コピーなんてのもiPodに入ってるCheap Trick、いつ聴いても凄いって思うのはあまり聴かないからかな?System Of A Down

I Bet You Look Good On The Dance Floor/Arctic Monkeys
I Wish I Was Your Mother/Mott The Hoople
I'd Love To Change The World/Ten Years After
Is This Love?/Clap Your Hands Say Yeah
の4曲が被ったSongs From「I」は、
モータウン?ビートルズ?Miracles、紅白歌合戦で紅組の韓国のグループがやったよねJackson5、アイルランド系だとかプエルト・リコ系だとかそんな話も友達としたSupremes With Temptations 、あ、これも日本のロックだね、トロンボーンやトランペットをくるくる回してた Spectrum、広い世代が対象だけど世代によって聴き方が違うかな?Van Morrison、広い世代が対象だけど世代によって聴き方が違うかな?Bruce Springsteen、すごく限定的だった印象があるRick Derringer

152_06.jpgSongs From「J」は、転載漏れ。
Joe's Garage/Frank Zappaはロックバーでかかってるのを聴いた。
Grand Funk Railroadは、僕のリクエスト以外の別の曲何度か聴いた。

過去の記憶は懐かしい。
高揚はロックの華だ。
ただ、リクエストの合間に被せて返すマスターの曲は「お前はコレをどう感じるのか」と客に今を問うてくる。
今この瞬間を生きなくて、一体何がロックだ?と。
(がーわー、■同人コラム vol.10

日本のロック154枚目は、リクエストするって言っていたボアダムス:BOREDOMS

EYE:山塚アイは神戸三宮の出身で、学年も二つしか違わないのだけど、兵庫県尼崎市出身だっていう山本精一はかなり年上、8コ上。
Phewとかとも同じころに活躍した関西アンダーグランドかな?ベックのジャケットのアート・ワークの印象かな?世界中のドラマーが参加してみんなでドラムをたたくようなイベントはワクワクしてネットで動画を見たのだけど、ちょっととっつきにくい感じ。芸術、アートっていうのはそういうもんかな?
あ、単に僕が芸術とは無縁の体育会系バブル経済期に社会人になったサラリーマンだってこと、もっとはっきり言うと芸術センスがないってことかな?

152_09.jpg154枚目からのリクエストは、バンド名になった曲。
BOREDOM/『恐山のストゥージス狂』(1987)-BOREDOMS(ボアダムス)

人気の高いアルバムを155枚目に選んで、1曲目。
SUPER YOU/『スーパー アー』(1998)-BOREDOMS(ボアダムス)

もう1枚、山本精一のプロジェクトから、156枚目。
永遠のうた/『らご』(2009)羅針盤

152_08.jpgボアダムスとか羅針盤とかは僕はロックバーで聴いた記憶はないんだけど、イベントで吉田達也の是巨人とか、おおたか静流とかリクエストがあるんで、芸術的なリクエストが揃う夜もあるんだろう。

世代的には、このあたり。
テクノ御三家って言われて、高校生に人気があったように思うプラスチックスだけ選んでたんだけど、中学生に人気があったヒカシューと大学生に人気があったように思うP-MODELを。

ちょっとダサいかな?リクエストは子供っぽくてアートっぽいのを、157枚目、158枚目から。
ガラスのダンス/『夏+2』(1980/1989)ヒカシュー
アート・ブラインド/『IN A MODEL ROOM』(1979)P-MODEL

152_07.jpg全く知らなかったんだけど、ロックバーのイベントとテレビで録画して三度見たアニメ映画の印象が重なったコトリンゴ。

日本のロックのカバー『picnic album 1』(2010)は、こんな選曲。
僕のリクエストともロックバーの選曲とも被ってる。

恋とマシンガン (Young, in Love) (フリッパーズ・ギター
渚(スピッツ
シカゴ(クラムボン
AXIA〜かなしいことり〜(斉藤由貴
悲しくてやりきれない(ザ・フォーク・クルセダーズ
以心電信 (YMO
う、ふ、ふ、ふ、(EPO
ノーサイド(松任谷由実

152_10.jpg洋楽のロックのカバー『picnic album 2』(2011)は、こんな選曲。
Downtown(Petula Clark
Video Killed The Radio Star (Buggles
Let Down(Radiohead
I Want You Back (The Jackson 5
Hyperballad(Björk
Hallelujah(Jeff Buckley
She's A Rainbow(The Rolling Stones
Kiss Me(Sixpence None the Richer)
僕のリクエストともロックバーの選曲とも被ってる。

日本のロック159枚目は、日本語の方で。
リクエストは、結構珍しい、Y.M.O.のカバー。
以心電信/『picnic album 1』(2010)-コトリンゴ

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3403,3404,3405,3406,3407,3408)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3417,3418,3419,3420,3421,3422)

恋がしたい(2003)/イエスタデイ・ワンス・モア(2004)/おみやげ(1990)/大変だあ(1991)

150_06.jpg新宿三丁目のロックバー、upset the apple-cart が6月1日よりWith コロナ 営業を開始するそう。
名刺に書かれた名前では8社目/8社の職場での役割とか立場とかいうのもあるので僕はすぐに行けるかどうかは分からないけど、目出度(めでた)い。

ロックバー読本: すべての心若き野郎どもへ (KOMOREBI) Kindle版も、vol.1で投稿していないロックバーの同人30人からのコラムと、マスターの楽曲コラムはABC順で J の続きの K からと、あいうえお順かな?日本のロックで211本が掲載予定のvol.2が出版されるそう。
僕は少しづつ読んでいて、スマホを読むのにちょうどよい電車通勤もずっと頻度が減っているので、まだvol.1は全部読めていないし、いわゆる読了というのはしないタイプで vol.1 もまだ何度も読むんだろうけど、目出度(めでた)い。

楽しみだ。

150_05.jpgこれまでのロックバーのイベントでは、

The BeatlesThe Rolling StonesBob DylanLed ZeppelinDavid BowieThe Who vs The KinksQueenっていうバンド/ミュージシャンの、事前にわかっちゃうと面白くない、ランキング投票はもちろん、

パンク・イベントのHere We Go: Punk Era
でも、ポップ・ソングの IT'S ONLY POP SONG BUT I LIKE ITでも、
「これがロックのヌートピアの国歌だ投票」でも、モータウン・イベントの Motown: An Another origin of Pop And Rock でも、

3周年や、4周年5周年9周年10周年でも、

いつでも、終わってから日記に書いていたんだけど、今回は同時に。

今日、2020年5月31日の期限ぎりぎりの投稿は、文字数400文字~2000文字、ペンネーム・性別・年齢(いずれも可能な限り)、自己紹介、よくリクエストする曲を含んで、フリーフォームで。
日記/ロックバーへのロックのリクエストについてって感じかな?こんなの。

150_04.jpg日付は偶々(たまたま)なのだけど、日経新聞の夕刊に記事が載ったのを読んで職場の同じ部署の先輩たちと4人で「西新宿の高層ビル街を見上げる場末」を頼りにうろうろと探し歩いて行ったロックバー、 Common Stock(1991-1999)が開店した日の16年後、upset the apple-cart(2007- )が始まる4カ月前に、ロックバーへのロックのリクエスト/日記のブログを始めて、ちょうどupset(長いので僕はこんな風に呼ぶことが多い)へのリクエストが3400曲になった。日記とは言っても毎日書いているわけではないから、13年間で3000曲、1年に230曲、2日に1曲より多いけど、まとめて何曲もリクエストすることがあるから、ロックバーと一緒で週に1回、行った時は5~6曲はリクエストするって感じかな?仕事が忙しい時ほどちょっとビール1本だけって寄りたくなるのは、Common Stock 時代から変わらないけど、名刺に印刷した会社名だと1社目、高知県の2社目を挟んで(高知での1年は一度も行っていない)、東京に戻るまでがCommon Stock(1991-1999)、なかなか終わりが見えない企画書を書き直したり、一日一日終わっていく翌日の営業の準備。アナログで聴く、Jimi Hendrix”Little Wing”、歌のないStevie Ray Vaughanのカバー、Rainbow”Difficult To Cure”、Mott the HoopleとBad Companyの”Ready For Love”聴き比べ、そんな雰囲気。「ころがる石ころになりたくて」という二人のマスター(うち一人が西川さんだ)が書いた本は、閉店間際になってから読んだ。

150_01.jpg2000年問題なんていうのがあって、その後大きなプロジェクト(project:集団で行なう期限のある計画っていう意味かな?)で3社目、4社目、5社目は、なくなってしまったCommon Stockが見上げる西新宿の高層ビル街で、線路を超えて、いくつかの新宿三丁目のロックバーにも行った。6社目に移ったところで、悪性腫瘍で7ヶ月入院して、退院してしばらくしてインターネットに残っていた昔のCommon Stockの掲示板で、ロックバーが復活することを知って、入院中につけていた日記の書き方、嘘を書かない、評価・評論をしない、コマーシャリズムを排除する、というのを出来るだけ守って、ロックバーへのロックのリクエストを1曲ずつブログに日記として書いていくことにした。中学生の時に大流行したYMOで一番好きだった細野晴臣さんがインターネットか雑誌か何かで「(このまま死ぬかもしれないと思って)日記を燃やすことにした」っていうようなことを書いていて、「燃やさなくてもいいことだけ書こう」って思ったのだったかな?

150_02.jpgupset the apple-cart(2007- )では、ちょうど入院中にあまり聴けなかったからとインターネットで調べたり、たまにロック雑誌を買ったりして、レコード・CDショップで見つけて聴いていた曲をよくリクエストした。Clap Your Hands Say Yeah”Upon This Tidal Wave of Young Blood"とか、Silversun Pickups”Lazy Eye"とか、Black Eyed Peas"Where Is The Love?"とか。Common Stock(1991-1999)では聴かなかったレディオヘッドやガンズ、スミスやレッチリが流れるとちょっと変な感じがした。職場は新橋の6社目から旧街道の町、浅草、日本橋を経て大手町に戻る7社目で相変わらず政治音痴だけれど法律の本を読むことが多くなった。ロックバーでは3周年、5周年、9周年、10周年とイベントが続いて、ロックバーへのロックのリクエスト/日記も、嘘を書かない、評価・評論をしない、コマーシャリズムを排除する、というのをちょっと努力して続けているつもりでいる。ロックバーのマスターというのはそういう要素が必要だとは思うけど、僕は、嘘、評価・評論、コマーシャリズムというウイルスのようにロックバーを蝕(むしば)んでしまうかもしれないモノを持ち込みたくないと思っている。

Sane Revolution:正気の革命という詩を掲げたロックバーへの、リンゴを積んだ荷車から零れ落ちるのを楽しく見てる僕たちのリクエストと、マスターがお節介でかける曲たちこそが、僕たちのCommon Stock:共有資産だと思ってる。

150_03.jpg日本のロック150枚目は、upset the apple-cartへのリクエストが3400曲になるので、思い出に残る曲にしようと思って、『3×3×3』(1998)『ゆらゆら帝国Ⅲ』(2000)に続いて、3枚目になるゆらゆら帝国

Diva/Museのイベントでは選ばなかったけど、終了後にすぐリクエストした女性ボーカル/デュエットの、
恋がしたい『1998-2004』(2004)-ゆらゆら帝国

2枚組だからDISC2からもう1曲。
upset the apple-cartへの3400曲目は、歌詞がほんとうにぴったりときた(曲もいい。カーペンターズのロックのスタンダードだから当然か)、
イエスタデイ・ワンス・モア/『1998-2004』(2004)-ゆらゆら帝国

150_08.jpgゆらゆら帝国を一枚ならやっぱりこれかな?
ミュージック・マガジンの特集で第3位に選ばれたアルバムを151枚目に。
リクエストは、
空洞です『空洞です』(2007)ゆらゆら帝国

日記の削除っていうのがあって、リクエスト曲も記録に残っていないやつ。152枚目。
記憶には残っているから、記録がなくてもどおってことはないんだけど、
おみやげ/『忘れてもいいよ(1979→1982)』(1990)-すきすきスウィッチ

ロックバー読本vol.1を読んでいて、あ、っと思った、リクエストしたつもりでしてなかったやつ。
メスカリン・ドライブを選んだんだから、ハバナ・エキゾチカ選ばないと。153枚目。
ハバナ・エキゾチカのシュガー吉永と大野由美子は、同い年
くるりともやってるし、カーネーションともやってるし、クラムボンともやってるしで、
大変だぁ/『踊ってばかりの国』(1991)ハバナ・エキゾチカ

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3399,3400,3401,3402)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3413,3414,3415,3416)

Season/春よ来い/バンザイ~好きでよかった~/今夜このまま/いとしのフィート/光について/この世に二人だけ/青い車

142_01.jpgロックバー読本: すべての心若き野郎どもへ (KOMOREBI) Kindle版が出版になった。

西川宏樹(著)だけどロックバーの同人30人が寄稿。
僕もvol.2で投稿するつもりだけど、さらに30名ほどが予定していて、もうすでに十数件の寄稿があるそうだ。

ペンネームから全員の顔を思い浮かべられるわけではないけど、読んでると、あ、って思う。
了解を頂いているわけじゃないけど、リクエスト曲や、印象に残ったところをちょっとずつ転載。
敬称略で、ご容赦です。

同人さんたちの取り上げた曲も、
ここで紹介された曲たちをネットでググって歌詞を読みながら一度聴いてみてください。きっとみんないい曲で、きっとあなたの人生に何らかの色どりを加えてくれるでしょう。
だからね。

142_02.jpg◆同人コラムvol.1
moon island
そもそも音楽に詳しいとか素人だとか、そんなこともは誰も気にしない。たとえ子供であろうと好きな音楽さえ持っていれば音楽ファンとして対等な立場と考える。
Downtown/Petula Clark

NEW NORMAL
壮年の私ですが、apple-cartに行くとロックを聞き始めた teenage の初期衝動がよみがえります・・・それが apple-cart に戻る理由でしょうね
Lust For Life/Iggy Pop

simizzy
マスターが自分と隣の人のリクエストを同時に引き取って、PCに向かって紙に書かれた曲を確認したら、
The Traveling Wilburys/Handle With Care
全く同じ曲だった!!
「こんなことたまにあるんだよ」
2000 Light Years From Home/Rolling Stones

142_03.jpg◆同人コラムvol.2
akichan!
さて、そろそろ帰るとしましょうかね。ラスト・リクエストは、ユニコーンの「いかんともしがたい男」で。それじゃあまたね、Gさん。いつまでもころがる石ころでいてください。
いかんともしがたい男/UNICORN

新留若人
他人のリクエストに文句をつけない、そんな唯一ともいえるルールが店の規律を支えている。
ゴロワーズを吸ったことがあるかい/かまやつひろし

小次郎
時に同じ趣向の同人が集えばそこに会話がなくとも音を共有できる場所。
Revolution/The Beatles

142_05.jpg◆同人コラムvol.3
KBT
ロックバーの最大の醍醐味は、リクエストを介して店主と対話する事ではないかと思う。実際に会話する事はほとんどない。だけどなにか通じてるみたいな。
Peg/Steely Dan

鏡P
・・・ねぇ、どうですか?面白いでしょう?こんな店。upset the apple-cart はこういう所なのです。
#9 Dream/John Lennon


そのことで気持ちがとても支えられたことと、亡くなった報告にお店に伺った時、悲しい曲ではなくて、なぜかクイーンの曲を沢山かけてくれて、楽しい気持ちに切り替えさせてくれたことが、今でも忘れられません。
You're My Best Friend/Queen

142_04.jpg◆同人コラムvol.4
α
「地面に降り注いだ雨が、いつの日か思わぬ場所から泉となって湧き出ることを願う」
大通りを横切って/泉谷しげる

しゃくなげ
そしてこれは当の西川さんにも言った事はないが、中学の時に父親を亡くしてから10数年経って、色々教えてくれる西川さんを父親の様に感じていた。(本当の父親だったらこんな偏屈と折り合わないだろう。笑)
Endorphinmachine/Prince

かまわぬ
一言居士による名曲コラムの文字化というリハビリ(?)アイドリング(?)を経て、不条理な伝染病も終結し、西川氏もRock Bar Upset The Apple-Cartも復活する。英雄と悪漢がカウンターに入り混じる爆音の中、「スマイル」のように。
Good Vibrations(The Smile Sessions)/Beach Boys

142_06.jpg◆同人コラムvol.5
TNK
COMMON STOCK 時代にこの曲をリクエストしたら、西川さんに「この曲はロックじゃないから、うちには無い」と言われ、かけてもらえなかった。
Hard To Say I'm Sorry/Chicago

腐乱ちゃん
何よりも爆音なので、会話はほとんど無く、音楽の話でマウント取ってくる人がいないのも、好きな理由の一つだ。
AEIOU/Gwar

YY
そう言えばこの人は「俺は自然には興味がない。人間に興味がある。」と言っていた。(略)
あのラリーズめいた「どうぞご勝手に」という店の雰囲気も膨大に Rock を聴いた都市生活者の一つの attitude なのかなと妙に腑に落ちるところがある。
The Bewlay Brothers/David Bowie

142_07.jpg◆同人コラムvol.6
吉田大吾(POISON GIRL BAND 吉田)
「売れてもいない若手芸人のことを、なんでこんなおじさんが知ってんだ?」と思った。
すると、暫くしてちぎった紙切れを目の前に置かれた。
「熱く生きろよ」と書いてあった。
空がまた暗くなる/RCサクセション

ロクスケ
考えに考え抜いた俺の結論は、俺の人生に影響を与えた人/モノを俺の体に彫っていくことで、次のそれはアップルカートだった。
YOU ARE THE SUNSHINE(OF MY LIFE)/仲井戸麗一

SANO
その時に西川さんが「身体が老いるのは仕方ないが心まで老いる必要はない」って言ってるのを聞いて凄くかっこいいなと感動した事がありますね。
All To All/Broken Social Scene

142_08.jpg◆同人コラムvol.7
HS
何度かの来店を重ねた頃、この店には他人のリクエストに対して、評論する人間がいないことに気づいた。これは僕にとって強烈な気づきであった。何故ならロックバーってのは煩わしい講釈垂れるジジイの巣窟だと思っていた節があったからに他ならない。
For Once In My Life/Frank Sinatra

ナクラーレン
当時あまりの閑古鳥に心配した僕は「いま進めている案件が成功したらお金が入るのでボトル100本くらいキープしますよ」と嘯いていたが、先輩は相変わらず「仕事うまく行けばいいね」とニコニコしていた。(略)もし僕がドクターに、余命が幾許かでアルコール摂取の禁止を言い渡された時には、最後の晩餐じゃあないが、キープしているボトルに加えて100本追加で残すために訪店するだろう。
Surrender/Cheap Trick

鳴屋 力
正直言って印象はいまいちでした。ぴったりくる人にはくるんだろうけど、なんていうか全てが自分の好みとは少しずつズレてる感じ。
(略)あれから10年
ほんとごめんね/踊ってばかりの国

142_09.jpg◆同人コラムvol.8
masa hoople
お節介な先輩者が減ってしまった現代において、若い世代にロック的な価値観(?)を相手の好みを尊重しながら一所懸命に伝えようとする西川氏のような人間は稀有で、そのお節介具合は昔から変わっていない。いや、この upset the apple-cart において、ますますその程度が増している気がする。
Both Ends Burning/Roxy Music

みやたまこと
時には天国のようでもあり、中学校の昼休みのようでもあり、説教部屋のようでもある。(略)
「どんなやつでも、どんな曲でもリクエストした曲を流してやると、笑うんだよ。嬉しそうに。その顔を見るのが俺はすごく好きなんだ」
まるいとんがり/Sundays

既読(kidoku)
そうして隣にいる人が自分と同じように年を重ね、ときに痛み、苦しみ、喜び、同じ音楽に感動する存在であることを確認すると、自分の中で人間ってものが、少しだけ温度と色彩と厚みを取り戻すような気がするのです。
Castle Made Of Sand/Jimi Hendrix

142_10.jpg◆同人コラムvol.9
マユコ
そんなわけで、店の趣旨には反するのかもしれませんが、すみません、リクエストは滅多にしません。
通ってる人は誰もが皆同じ想いだと思いますが、ただただ、変わらないこのままの店であり続けてほしいです。
Stuck In A Moment You Can't Get Out Of/U2

フク
UTACは疲労困憊した企業戦士を大音量で充電して再びビジネスフィールドに送り返してくれるような親切な店ではない。同時にGeorge Orwell 『1984』の最終章に出て来るパブ”Chestnut Tree”でもない。(略)誰に迷惑をかけるでもないし絶妙な距離を保っている。おそらく自分にとっても同人にとってもUTACは Asylum なのだと思う。
Eleanor Rigby/Esperanto

HIKO
父親と肩を並べてウイスキーが飲めるロックバー、upset the apple-cart、素晴らしいではないか。
また親父を連れて行きます。
Crazy Mama/Rolling Stones

142_11.jpg◆同人コラムvol.10
がーわー
自分だけに意味があったはずの曲が実は他者と繋がっているという、至極当たり前の事実にリアルに気づかされる場所、自分の思いが強いほど、自分からは見えなかった他者との繋がりに、ロックという音楽を通じて気づかされる場所、それが upset the apple-cart だ。
Julia/Beatles


星のない夜、混乱と刻まれた墓の前で、揺るがない巌であれかしと思った狂人が、ゆるゆると生きてきた末に目の当たりにしているのは、君へと続く道の果てにある、愛と蜜の溢れる土地でなく、分断され管理された救いのないアサイラムだった。
「で、お前は今ロックなの?」こいつはまた聞いてきた。
Fallen Angel/King Crimson

モリケン
口数は少ない、でも話しかけたら、”ああ、ロック好きで良かった”と、思える人との出会いがあったりして。
本当、東京って、新宿って、ロックって・・・
少し酔ったな。
NICK!NICK!NICK!/COLLECTORS

142_14.jpg2020年5月23日の日本経済新聞土曜版のNIKKEI プラス1の「何でもランキング」は『今こそ聴きたい元気になれる歌』。
マクロミル社の2回のネット調査、1回目は4月中旬10~60代男女3090人に自由に曲を挙げてもらって、5人以上が挙げた曲を1アーティスト1曲で48曲に絞って下旬に1036人から3曲ずつ、編集部が集計。

僕が選ぶ日本のロックはアルバム単位で142枚目からだから、この特集では選ばれなかった曲をリクエスト。

50代、60代の第1位、40代の第3位、10代の10位、20代の4位、30代の7位は、「負けないで」。
142枚目からのリクエストは、
Season/(負けないで)/『揺れる思い』(1993)-ZARD

生きていれば、70代後半になっちゃった義母は、調査の対象外だけど、この曲、選んだんじゃないかな?
143枚目から、
春よ来い/『THE DANCING SUN』(1994)-松任谷由実

30代の3位、40代の第1位、50代、60代の第2位は、僕と同い年の「ガッツだぜ‼︎」。・・ファイトと同じようによく使ったとはおもうけど、ガッツってGattaかな?
144枚目から。
バンザイ~好きでよかった~/(ガッツだぜ!!)/『バンザイ』(1996)-ウルフルズ

10代、20代、30代、40代の第2位は、50代、60代は10位圏外。なにか世代の断絶のようなものがあるのかな?
145枚目。
今夜このまま/(マリーゴールド)/『瞬間的シックスセンス』(2018)-あいみょん

142_12.jpg50代だけ、第6位にランクイン。一度見送ったサザンは、やっぱり選ぼう。
146枚目から、大晦日~お正月の年越しの歌リトル・フィートは出てこないけど、
いとしのフィート/(勝手にシンドバッド)/『熱い胸さわぎ」(1978)-サザンオールスターズ

147枚目は、僕が選ばないと落ちちゃいそうな、大阪のバンド。
バンド名はもちろん、マーヴィン・ゲイのヒット曲から。
光について/『Lifetime』(1999)-GRAPEVINE

50代は第9位、60代は第3位だから、70代にアンケートを取っていたら、第1位か第2位だったと思う、坂本九「上を向いて歩こう」
148枚目はとても有名な日本のロックンロール、ワン・ツー・ワンツー・さんし!
上を向いて歩こう/『PHAPSODY』(1980)ーRCサクセション

ファイト!『予感』(1983)は60代の8位。
149枚目はセルフ・カバー集。
この世に二人だけ/『いまのきもち』(2004)-中島みゆき


142_15.jpg日本のロックには選ばないけど、人気のある曲をもう少しリクエスト。

10代の4位、30代の6位。レディース(女性の暴走族、今はそんな言い方しないか)みたいな曲名の、
紅蓮華(2019)/LiSA

20代の9位、40代の6位。学生の時に買った中古の青い車を結婚しても乗っていたんで、
青い車/(空も飛べるはず)/『空の飛び方』(1994)-スピッツ

40代の7位。歯医者さんのバンドの、
キセキ/『あっ、ども。おひさしぶりです。』(2008)ーGReeeeN

10代の第3位、20代の5位。ピアノ・バンドっていうのかな?
I LOVE.../『エスカパレード』(2018)-Official髭男dism

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3387,3388,3389,3390,3391,3392,3393,3394,3395,3396,3397,3398)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3401,3402,3403,3404,3405,34006,3407,3408,3409,3410,3411,3412)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(2003-2009)

141_01.jpgロックバー読本: すべての心若き野郎どもへ (KOMOREBI) Kindle版が出版になった。

西川宏樹(著)だけどロックバーの同人30人が寄稿。
僕もvol.2で投稿するつもりだけど、さらに30名ほどが予定していて、もうすでに十数件の寄稿があるそうだ。

Common Stock(1991-1999)時代にマスターが火だるまGのペンネームで書いていたホームページ(当時はブログとは言わなかった)の文末にいつも書いていたものとも似た、upset the apple-cart(2007- )のブログ(汎用版のFBの前、開店にあたってあつらえた)に掲載されていたものと同じような、
「ここで紹介された曲たちをネットでググって歌詞を読みながら一度聴いてみてください。きっとみんないい曲で、きっとあなたの人生に何らかの色どりを加えてくれるでしょう。」
というキャッチコピー。

141_02.jpgマスターが以前mixiに連載していたものや、新たに書き加えたロックの曲の紹介が、KOMOREBI,Inc.によるIntroduction、マスターのInterview、Information、Additionalに挟まれて、たっぷり5431ページ、じゃない、行(ぎょう)かな?バイトかな?500ページくらい。
大体最初から順番に、目次を見て気になった曲や、同人のコラム優先で、ゆっくり読んでいる。
面白い。

僕がブログでリクエストした曲と被ることもある。

141_03.jpgSongs From「A」だと、

Alison/Elvis Costtello
All Along The Watchtower/Jimi Hendrex
All Summer Long/Kid Rock
America/Simon & Garfunkel
And Your Bird Can Sing/The Beatles

曲は違うけど、KornScritti PolittiBob DylanSmall FacesNirvanaFreeVelvet UndergroundLoveDavid BowieStranglersWorld PartySparksTom Petty & HeartbreakersGreen DayPaul Simonof MontrealGene SimmonsJoe WalshJapan宇多田ヒカルなんかもリクエストしてる。

まだ、Songs From「A」も全部読んだわけじゃないけど。

141_04.jpgSongs From「B」だと、

Babe I'm Gonna Leave You/Led Zeppelin
Barracuda/Heart
Bitter Sweet Symphony/Verve
Born To Be Wild/Steppen Wolf

曲は違うけど、JellyfishBrian EnoCage The ElephantAerosmithByrdsFleetwood MacSteely DanBen Folds FiveCribsAl GreenEric ClaptonR.E.M.Three Dog NightYeah Yeah YeahsPretendersBoz ScaggsBlack Crowes・・・
ロックのコラム/ロックのリクエストなんだから当然だとは思うけど、バンド/ミュージシャンは基本的にかぶるから、キリがない。

141_05.jpgSongs From「C」だと、
Crazy Train/Ozzy Osbourne
Creep/Radiohead
Crocodile Rock/Elton John

Songs From「D」だと、
Don't Give Up/Peter Gabriel

Songs From「E」はかぶらなかった。

Songs From「F」は、
Flathead/Fratellis

141_06.jpgSongs From「G」、

Give Me Love (Give Me Peace On Earth)/George Harrison
Gloria/Them
God/John Lennon

Songs From「H」、
Hot Burrito #1/Flying Burrito Brothers

Songs From「I」は、
I Bet You Look Good On The Dance Floor/Arctic Monkeys
I Wish I Was Your Mother/Mott The Hoople
I'd Love To Change The World/Ten Years After
Is This Love?/Clap Your Hands Say Yeah

141_08.jpg日本のロック141枚目は、「ハイスタ」は上の世代だったけど、「アジカン」はぴったり。でも個人的には「エルレ」って言ってたAsian Kung-Fu Generation

一枚に絞れないからベスト盤『BEST HIT AKG』にしようかなって思うんだけど、リクエストはアルバム1枚から1曲づつ。

アンダースタンド/『君繋ファイブエム』(2003)
リライト/『ソルファ』(2004)
ブラックアウト/『ファンクラブ』(2006)
転がる岩、君に朝が降る/『ワールド ワールド ワールド』(2008)

詩曲のほとんどを作るボーカル&ギターのゴッチ(Gotch)が「自身のルーツ」としているのは、

Live Forever/『Definitely Maybe』(1994)-Oasis

らしいので、これもリクエスト。

141_07.jpgもう1曲。

アジカンのジャケットのほとんどを手がけるイラストレーター、中村佑介のジャケット。
さだまさしのベスト盤から、ファン投票でいつも1位になる曲。
中学生の姉が好きで僕も聴いていた時にもファン投票一位だったと思うし、今も第一位なんだそう。

主人公/『天晴~オール・タイム・ベスト~』(2013)-さだまさし

あ、コモン・ストックへの3400曲目のリクエストだから、順番を入れ替えて、さだまさしじゃなくて洋楽のかっこいいやつ。

「主人公」と同じようなこと歌ってるかな? ”Live Forever”

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3381,3382,3383,3384,3385,3386)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3395,3396,3397,3398,3399,3400)

夏祭り(2000)/シャングリラ(2006)/チューチュー ラブリームニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ(2007)/すてきなモリー(2010)

133_05.jpg4月30日はテレワークの予定を変更して出社して、家に帰ってから、期限ギリギリになっちゃったと『ロックバー読本』に投稿しようと事務局のHさんのメールを開いたら、沢山のコラムの寄稿があったそうで一旦募集を〆て、残りを漏れなく掲載するために分冊化する方針とのこと。

マスターからみんなへの寄稿のお礼のメールも入っていて、最大で4冊、少なくともvol.2までは出すと。

■vol.1のスケジュール
・同人コラム(~4/30)
・校了予定(5/6)
・5月前半に出版(Kindleでの確認方法案内)

■vol.2のスケジュール
・同人コラム(〜5/31)
・6月前半に出版(予定)

とのことなので、僕はvol.2に回してもらうことにして、書いていたものは送らずに没(ボツ)にした。

133_06.jpg4月中にということで投稿しようと思っていたのは、僕はCommon Stock(1991-1999)からの客なんで、ちょっとその頃のことも書こうと思っていて、日記で自分のブログの名前のことを書いたので、ロックバーの名前について書いてみた。
引用や転載ばっかりなんだけど、こんなの。
文字数400文字~2000文字は純粋に文字数なのか改行の際の空白も入れるのか、その場合は取りあえず400字を20字×20行で考えればいいのかな?Kindleのフォームって決まってるのかな?とかいろいろ気にもするんだけど、没(ボツ)にした原稿を少し補記修正して転載。


133_03.jpgCommon Stock(19991-1999)とupset the apple-cart(2007- )by He is Me

僕が読んだのは閉店間際だったのだけど、「西新宿の高層ビル街を見上げる場末」(1991年の新聞記事より)にあったロックバーCommon Stockの名前の由来についてマスターの一人、Gさんが『ころがる石ころになりたくて』(1991年6月10日発行)でこんな風に書いている。

ピーター・バラカン氏がブラック・ミュージックの歴史をたいへん親切丁寧にまとめてくれた名著『魂(ソウル)のゆくえ』(新潮文庫)の133ページに、
「・・・(1940年代の)黒人音楽の側から見てみよう。ブルース・シンガーが食っていくために白人のピクニックなどでエンターテイナーを務めた。そんな際には白人のフォーク・ソングを歌うこともあるわけだが、そういった機会を通じて白人の歌に少し言葉を付け足して黒人が歌う、それをまた白人が覚えてまた少し変えたりして、もともとは誰が作った曲か、どちらの文化から出てきたものかもはっきり分からなくなった、「コモン・ストック」と呼ばれる黒人と白人が共有する民謡が生まれた。・・・」(傍線 筆者)
という記述があり、ぼくたちのROCK BAR《COMMON STOCK》はそこから店名をいただいています。
『レット・イット・ブリード』を最後に<ローリング・ストーンズ>を追いだされ1969年に27歳で自宅のプールで水死したブライアン、<フライング・バリッド・ブラザース>を脱退、セカンド・ソロ・リリース直前、1973年に同じく27歳で死亡、宿泊先近くのジョシュア・トゥリー・ナショナル・モニュメント<砂漠の国立公園みたいなものか>で友の手で荼毘(だび)にふされたグラム、ともにいわゆるオーバー・ドラッグで死んでいったといわれる破滅型のふたりですが、彼らこそロック・ミュージックに僕らの考える《COMMON STOCK》のエッセンスを持ち込んだ偉大なるパイオニアという気がしてなりません。

131_07.jpg<ビートルズ>の解散が1970年、直後ジョンは非常に内省的なLP、『ジョンの魂』を発表して人々の耳目を驚かせました。(このLPはぼくが買った4枚目のLP) 時代が変わった感じでした。それは白人が黒人の音楽を、黒人が白人の音楽をやり、おたがいのエッセンスを学びあうといった次元を超え、白人黒人にかかわらず音楽を通して自分のいる、その時代に対する問題意識をつたないにせよ、個人的にせよ、おおげさにせよ、どんな形にしてもなにかしら表現していく、そんな時代の幕開けを感じさせるできごとでした。(マーヴィン・ゲイの『ホワッツ・ゴーイング・オン』は1971年のアルバム) 僕たちはそんな音楽に触れて育ちました。
(『ころがる石ころになりたくて』)

133_08.jpg僕は大学は国公立の経済学部で、原書を読んだわけではないけど、教科書の最初に出て来る経済学の祖と言われるアダム・スミスの著書/講義・講話の記録にはこんなことが書かれている。
「犬のような動物は、たとえ才能があったとしても、それをいわば、共同資産(コモン ・ストック)としたり、生産物を交換したりすることはできない。したがって、彼らの才能の差異は、彼らにとっては何の役にもたたない。人類においては全く事情がことなる。すなわち彼らはその幾多の生産物を量または質に応じて交換することができる。このようにして、哲学者と運搬人は相互に利益をあたえ合うのである。運搬人は哲学者のために荷物を運ぶことによって有用であり、そのかわりに、運搬人は哲学者が蒸気機関を発明することによって、より安い石炭を使うことができる。」
(法学講義)
「人間のあいだでは、もっとも異質的な天分こそがたがいに有用なのであって、それぞれの才能のさまざまの生産物を、取引し、交易し、交換するという一般的性癖によって、いわば共同資財 (common stock) のなかにもちこまれるのであるから、あらゆる人は、自分が必要とする他の人々の才能の産物のどのような部分をも、そこから購買することができるのである。」
国富論

133_02.jpg僕は高校は公立のラグビー部で、みんなで見たオートバイの映画の原作者だったからか、沢山出ていた文庫本のうち小説家になる前の片岡義男の『ぼくはプレスリーが大好き』を買って、ラグビージャージや教科書と一緒に通学のスポーツバックに入れっぱなしにしてよく読んでいた。

個人の努力による経済的成功が現実になりうるとして、それをもっとも小さい状況でながめなおすと、自分の成功は他人の犠牲にほかならない。犠牲者は黒人だけではない、オレたちもここにいるのだ、とブルースをとおして白人が初めて発言できたのが、ロックンロールだった。
アダム・スミスの『国富論』が世に出たのとアメリカの独立とは、おなじ年のことだ。アメリカがようやく自分のかかげてきた理想に不安を持ちはじめた一九五〇年代なかばにチャック・ベリーエルヴィス・プレスリーがあらわれている。歴史の歩みは偶然でも目にみえないほどに小きざみでもなく、はっきりと意図をもって突然にやってくるのだ。
(片岡義男『ぼくはプレスリーが大好き』)

133_04.jpg (略)
ロックンロールは表面的にはハッピーなサウンドであった。
だから、いつのまにか人々の心のなかに入り込むことができた。
入りこんでしまうと、人と人とをきりはなそうとする社会のなかで逆に人々を結び付けあう力を持った。
たとえばファシズムのように、なにかひとつの考え方で人々を半ば強制的にひっくくるのではなく、ひとりひとりが自分自身のことに目覚めたあとで、「YEAH!」なら「YEAH!」のひと言で、物理的なものよりさきにヘッドによるコミュニティをつくりあげる役をはたす、というかたちの結びつきだ。
(略)
(『ぼくはプレスリーが大好き』(1970):片岡義男)

直訳だとリンゴを積んだ荷車をひっくり返す、慣用句として「台無しにする」(この"梯子を外す"みたいな"台を無しにする"というのも慣用句というのかな?)っていう意味のupset the apple-cartという名前は、高校生の時に友達に聴かされて大ファンになった(買ったのはCDになってから)MOTT THE HOOPLEのアルバム『MOTT』(邦題は『革命』)に印刷されたD.H.ロレンスの詩から採ったことはピンときた。
小学校からの友達が大学生の時に、僕らの世代はみんな読んでいた村上春樹の中では「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」が好きだと手紙に書いて寄越して(~彼らが目覚めた時、彼らの頭の中は少年時代のD・H・ロレンスの貯金箱のように空っぽだった~というような比喩を沢山使うのが村上春樹の特徴だった)、CDのジャケットを読み直したりしていた(レコードやCDは日本語の解説のない廉価盤ばかりだったから、書いてあるものは、全部読んだ。音を全部聴くのと一緒。もちろん、どうやって演奏してるのかとか、録音してるのかとか、分からないことも沢山あるんだけど)。
出来るだけ直訳で、七五調で訳してみるとこんなの。

133_10.jpg正気の革命

もしも革命 やるんなら 楽しくやったら いいじゃない
ひどく真面目に やっちゃだめ ひどく熱意を 持っちゃだめ
楽しくやらなきゃ いけないよ。

すべての人を 憎むから そんな理由じゃ なくってさ
やつらの目玉に つばを吐く そんなつもりで やればいい。

お金のために やっちゃだめ 革命やって そうしてさ
お金なんか くそ食らえ そんなふうに 思わなきゃ。

平等なんかの ためじゃなく 平等すぎる からでしょう
りんごを積んだ 荷車を ひっくりかえしゃあ 楽しいよ
りんごがどっちに 転がるか 見てるのって 楽しいよ。

労働階級の ためじゃなく ちょっと貴族を 気取ってさ
愉快な逃げ出す ロバみたく かかとをけって やろうじゃん。

そういや 国際労働の ためにやっても いけないよ
労働ってのは 人間が  ちとやりすぎてる ことのうち そんな一つの ことだから 
労働なんて 無視しよう 労働なんて 終わってる
働くことは 面白い 人っていうのは 面白い だから労働 なんかじゃない。

そうしようよ そうしよう レボリューションを 革命を 楽しみのために やりましょう。

133_09.jpgD.H.ロレンスは『チャタレイ夫人の恋人』が有名な小説家、詩人で、1939年にアダム・スミスやマルクスと並んで有名な経済学者で、同時代を生きたJ.M.ケインズと一度だけ会って、影響を与え合ったそうだ。「昼近くなってパジャマ姿で出てきたケインズの姿を見て、ロレンスはたちまち彼のホモセクシャリティを見抜き、激しい嫌悪感を抱いた」という通説があるが、ケインズの「若き日の信条」を読んでも明確には分からない。
”Sane Revolution”ー正気の革命ーという詩をアルバムに載せたMOTT THE HOOPLEの意図も僕が持っているのが解説のない廉価の輸入盤だからか、よく分からない。

でも、なんとなく、分かる。
ような気がする。
ロックバーでの人と人との出会い、人と曲との出会いも、そんなもんだと思う。

*****

133_11.jpg僕が選ぶ日本のロックは133枚目から。

もう少しちゃんとリクエストしたかった女性/女声ミュージシャンDIVA/MUSEがちょっと中途半端なままなので、女性/女声ミュージシャンを多めに。

事前宣伝無しの発売で、27歳年下の彼女にとっては「ひと回り上」の人たちがアルバイト先に勤め帰りに押し寄せて、帰れなかった思い出があるっていう、ハイスタ
最初のヒット。テレビ・アニメの主題歌。

My First Kiss(はじめてのチュウ)/『Love Is A Battlefield』(2000)-Hi-Standard

当時は、カバーは邪道だったらしい。134枚目。
女子のバンドはみんなコピーしたとか。

夏祭り/『(初)』(2000)-Whiteberry

133_12.jpg2006年、病み上がり。135枚目。

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ『僕と君の全てをロックンロールと呼べ』(2006)-サンボマスター

赤い方が衝撃かも知れないけど、とにかくシャン・グリ・ラッ♪136枚目。希望の光なんかなくたっていいじゃないか。

シャングリラ/『生命力』(2006)-チャットモンチー

これも女性ボーカル。137枚目。
文化祭ではデスボイスも出せるボーカルが男声パートもやってた。
コーラスはみんなで。
リストにあったかな?

チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ/『ぶっ生き返す』(2007)-マキシマム・ザ・ホルモン

5月31日まで休業とのこと。
聴きたい曲がどんどんたまっていく。これはシングルかな?138枚目。
ぼうず、最後に必ず正義が勝つ。

Beautiful/『ビューティフル/愛する or die』(2008)ー毛皮のマリーズ

明太ロックとは言わないんだろうけど、これもテレビアニメ。男の子向けかな?姉弟で見てたやつ。139枚目。
歩く彼女は雨に怯えて。

曇天/『The World's Edge (ザ・ワールズ・エッジ)』(2009)-DOES

これも女性ボーカル。140枚目。
リストにあったかな?
春を売った覚えなどないのに、あれが全く来やしないわ。

すてきなモリー/『毛皮のマリーズ』(2010)-毛皮のマリーズ

何が来ない?
花かな?

133_07.jpg


日曜日に息子に花をもらった母親は本当に嬉しそう。
母にも義母にも生前数えるくらいだけど花をあげれてよかった。
墓にカーネーションというのもいいかな?あんなにも喜んではくれないと思うけど。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3373,3374,3375,3376,3377,3378,3379,3380)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3387,3388,3389,3390,3391,3392,3393,3394)

ジターバグ/Missing/Salamander/ELLEGARDEN(2003-2006)

130_08.jpg3月30日に志村けんさんの訃報と共に延期の発表があった50 years gone since we lost beatlesの投票は3月31日にメールで。

8年前の最初のイヴェント、ビートルズ結成50周年のひとり10曲の人気投票から、今年は解散50年、このひと昔の間にビートルズの曲の好み変わったのか変わらなかったのか確認しながら、5曲。

好みが変わったとは思えないけど、8年前に涙を呑んで見送った213-10=203曲から5曲選んで、twitter の DM(direct mail/direct message)で投票。

130_05.jpgLet's go to the upset the apple-cart

I will go to the upset the apple-cart
ダブル・ミーニングというか、いや、実はロックバーが始まった頃「ブログの名前変えようか?何がいい?」と訊いたら「『upset the apple-cartに行こう』でいいじゃん」と言うのでその場で決めたブログ名も、、
東京都の休業指定業種に入りました
補償については15日以降と
まだ不透明ですが
コロナ対策に賛同という立場で
休業します

とのことで、「しばらくはupset the apple-cartに行くのを控えよう」に変えないといけないかな?

130_02.jpgいや、実は、僕自身がもう何ヵ月もの間、今年に入ってからは一度も、upset the apple-cart に行けていないんだ。
(マスター、ご免!)

それは新型コロナ対応/対策っていうのが理由で、その間もずっとブログ名/日記のタイトルupset the apple-cart に行こう だった。

こういうのは、言動不一致というのかな?

この日記/ロックバーへのロックのリクエストの制約
嘘を書かない
には違反してるな

130_03.jpgコマーシャリズムを排除する
も怪しいな。そもそもコマーシャリズムって言葉自体何を指しているのかよく分からないし、コマーシャリズムを排除することで何がしたかったのか?と言われると、上手く応えられない
理解してもらえるように伝えられる自信がない

評価・評論をしない
だって、・・・
と、ここまでは、4月12日に書いた。

130_04.jpg中国湖北(こほく/フーペイ)省、武漢(ぶかん/ウーハン)の保健医療当局が、のちに新型コロナウイルスと判明する最初の症例を報告したのは11月、最初の死者が確認されたのは1月初め
名前は最初の症例の時、2019年だから、2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患、COVID-19(コビッド19)。
日本の法令上は、新型コロナウイルス感染症

コロナっていうのは、原義ではラテン語で王冠を意味するcorona。英語のクラウン(crown)の語源。
理科の好きな少年で、一番読んだ本は「図鑑」だし、受験の前にやめちゃったけど小学校では教えないようなことを教える学習塾にも行っていたので、太陽コロナは知っていた。

130_06.jpg麻疹(ましん。はしか)は、社会人3年目、東京に異動した年の冬にかかった。
Common Stock(1991-1999)が始まった年。名刺に書かれた会社名では1社目/8社。
婚約者の父脳腫瘍で入院して週末には新幹線でがんの本や資料を読みながら東京と神戸を往復していた頃、神戸で発症した。すぐに良くなったけど少し仕事を休んだのだったかな?結婚してすぐには子供が出来なかった妻の家族からはあれで種なしになったと思ったと、あとになっては笑い話。ワクチンによる抗体価の低下した時期だったんだろう。

130_07.jpgインフルエンザには2回かかった。
一度目はupset the apple-cart(2007- )が始まった年。名刺に書かれた会社名では6社目/8社。
なるほど、インフルエンザにかかるっていうのはこういうことかっていう感じだったけど、薬を飲んだらすぐに治った

二度目はupset the apple-cart(2007- )の10年目。名刺に書かれた会社名では7社目/8社。
久しぶりに娘や息子の受験もなくて、予防接種も絶対に行っておかなきゃってわけではなかったのかな?

131_06.jpg志村けんさんが亡くなった後、僕にとっては「連想ゲームの」岡江久美子さんが新型コロナで亡くなった。
職場でもさんざん、おかしいやろ、どうすんねん、取りあえずか?いや、給料出して休んでもらってください、もちろん初日からです、待たなくていいです、連絡とって、いえ、そんな事どうでもいいです、くだらないこと考えなくていいです、ってやってた4日間の待機中に悪化したとか。

131_07.jpg普通のサラリーマンの職場だと一発アウトで、少しでも被害が出ないうちに謝って、損切りすべき、1世帯2枚の布製のマスク。
ないよりはあったほうがいいとは全く思えなかったけど、住所が別になった娘と息子は「2枚来たから夫婦で使え」と2枚づつ送ってくるだろうし、妻は「2枚しかないから」と食べ物でも他の何でもと同じように、娘と息子に1枚づつ送るだろうし、行って来いで都合4枚になったうち2枚は4人の親のうち一人残った親父に2枚送ろうと思っていた。

131_03.jpgテレビは疲れるからと手放して、もう10年くらいはラジオもNHKのAM放送をかけっぱなしっていう感じの親父は、野党の威勢のいいお姉ちゃんが好きなんだとは思うけど、NHKのラジオでそんな報道あるの?アナウンサーがそんなこと言う?っていうようなことを電話で言ったりしてちょっと驚く。

何か読むもの持って来てくれ、と言うので、年明けから読み直していたジャレド・ダイヤモンドの『銃・病原菌・鉄』(上巻・下巻)と迷って、高校二年生の時に捨てた世界史を後悔したウィリアム・H・マクニールの『世界史』(上・下)を2月の中頃


131_04.jpg4月20日になって、これまでの記念文集とはちょっと趣の違う『ロックバー読本』への寄稿依頼。

文字数400文字~2000文字というのは、普段の仕事からいってもどうという事のない分量だけど、いつものロックバーへのリクエスト/日記は自分のことばかり書いているから、ちょっと勝手が違うかな?

4月中とのことなので、まあ、テレワークの合間、いや、休憩時間にでも。

131_01.jpg日本のロック(96枚)(126枚)200枚は、ブログ/ロックバーへのロックのリクエストを始めた2007年3月になると、ちょっと日記を書いた記憶も交錯してくるので、その前まで。

2005年秋の通院、検査入院、仕事の引継ぎをして、11月から本格的な入院。
は小学校の5年生、息子は小学校の2年生で、妻はいわゆる専業主婦で仕事はしていなかったとはいえ、インフルエンザにかかった1週間を除いて(がんそのものではなくて抗がん剤に抵抗力を下げてしまう副作用があるとされていて、毎日の血液検査で数値に問題があるときは一人部屋の無菌室、テレビドラマに出てくるようなのに入った)毎日病院に来てくれたのは、孫の面倒を見て、娘を励まし続けた義母のおかげだと思う。

131_02.jpg7~8ヶ月の間、音楽は殆ど聴いていないし、ましてや日本のロックとなるとその前後も全然聴いていないんで、3つ違いの姉弟が、学校の友達から聴かされたり、学校の友達とバンド演奏したりして好きになったやつ。

業種的には出て行って仕事を続けるのが役割で、どことも同じ人繰り・金繰りやマスク繰りだけでも大変なのに、パソコン繰りやライセンス繰り、アプリ繰りなんかのテレワークの分は追加のような感じの僕は、Hi-STANDARD(ハイスタンダード)とかチャットモンチーを選びたいんだけど、テレワークのやりようがない仕事で去年(昨年度)は有給休暇を消化させられて(彼女曰く搾取らしい)今年(今年度)は取りあえず特別有給休暇だというと、社会人生活がいきなりのテレワーク研修からスタートした息子が好きだった、ELLEGARDEN(エルレガーデン)

ベスト盤があるといいんだけど、132枚目は一番売れたやつ。最初から最後までインディーズだっていうのは知らなかったけど。

131_05.jpgリクエストは、好きな曲を3曲。

ジターバグ/『BRING YOUR BOARD!!』(2003)-ELLEGARDEN

Missing(ミッシング)/『RIOT ON THE GRILL』(2005)-ELLEGARDEN

Salamander(サラマンダー)/『ELEVEN FIRE CRACKERS』(2006)-ELLEGARDEN

131_08.jpg今日もたくさん自分のことばかり書いたので、『ロックバー読本』への寄稿は、出来るだけお店のこと、マスターのことを書こうと思う。
出来れば、嘘を書かずに、コマーシャリズムを排除して、評価・評論でないようなのを。

コロナ対策の一環でタバコもやめているんだけど、毎日、もの凄くタバコが吸いたくなる。
お酒は元々たまにしか飲まないし、家でもビールを少しだけ。
タバコはこのままやめてしまおうと思っているけど、店が再開したら、大きな音でロックを聴きながら、ビールを飲んで、タバコを一本だけ吸うのが楽しみだ。

言い忘れた
お誕生日おめでとう。
卒業おめでとう。
就職おめでとう。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3370,3371,3372)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3384,3385,3386)

朝日のあたる道 AS TIME GOES BY(1994)/男の子と女の子(2002)(2005)

129_01.jpg普通のサラリーマンの仕事修学年度に合わせて3月末を決算年度の締めにしているところが多いんだけど、首相会見はTwitterで流れてきて、第二次世界大戦(太平洋戦争)を想った、

長期戦を覚悟してもらう必要があるが兵站用意はしていない、最前線で自ら補給してほしい」

って感じだった新型コロナウイルスの影響で、ちゃんと決算できるかどうか難しいお客さんも多いと思うんだど(中には数日後に始まる来期の計画を作り替えなくてもよいラッキーな組織にいる人もいるとは思うけど)(いや、個人としてはいないけど)、
同じく3月末締切りの50 years gone since we lost beatlesへの投票5曲は、期日ぎりぎりに。

129_02.jpgupset the apple-cartが始まってからお客さんたちみんなでやろうかって始めた mixi (2004年からの名刺に書かれた会社名では6社目/8社では仕事として色々調べていた)の優れた機能に、当時は、PCや iPod で聴いている楽曲の共有っていうのがあって、これで在宅のロックバー出来るなって思ったんだけど、50 years gone since we lost beatlesもそんなふうなのもアリかな?

集計されたリストは3000円くらいなら現金を振り込んででも欲しいな。

129_04.jpg8年前店の最初のイヴェントとして
結成50周年でビートルズのファン投票カウントダウンを
行いました
今年は解散50年、このひと昔の間に
ビートルズの曲の好みが変わったのか変わらなかったのか
確認してみましょう


とのことだけど、その間に行った「ポール・マッカートニーがコンサートでやったビートルズ」は、候補だな。

2013.11.18, Tokyoでは、こんな選曲。

1.Eight Days a Week
2.All My Loving

3.Paperback Writer
4.Long and Winding Road

5.I’ve Just Seen a Face
6.We Can Work It Out

129_03.jpg7.And I Love Her
8.Blackbird

9.Lady Madonna
10.All Together Now

11.Lovely Rita
12.Eleanor Rigby

13.Being for the Benefit of Mr.Kite
14.Something

15.Ob-La-Di, Ob-La-Da
16.Back in the U.S.S.R.

17.Let It Be
18.Hey Jude

129_05.jpgアンコールでは、

19.Day Tripper
20.Get Back

2回目のアンコールでは、

21.Yesterday
22.Helter Skelter
23~25.Golden Slumbers/Carry That Weight / The End

2015年04月27日(月)は重複を除くと、

1.Magical Mystery Tour
2.Can't Buy Me Love

アンコールでは、

I Saw Her Standing There

129_06.jpg日本のロック(96枚)(126枚)200枚では、東京スカパラダイスオーケストラ は、(暫定の)93枚目の『FUJI ROCK FESTIVAL'98』(1998)に入ってるんで1回見送って(後で選ぶかも)、2001年から2006年までの歌モノシングルをリクエスト。

(歌モノシングル3部作・第一弾)
めくれたオレンジ(2001年8月)/東京スカパラダイスオーケストラ/vocalist:田島貴男 (ORIGINAL LOVE)

(歌モノシングル3部作・第二弾)
美しく燃える森(2001年 12月)/東京スカパラダイスオーケストラ/ vocalist:チバユウスケ

(歌モノシングル3部作・第三弾)
カナリヤ鳴く空(2002年 2月)/東京スカパラダイスオーケストラ/vocalist:奥田民生

129_07.jpg(歌モノシングル3部作その2・第一弾)
追憶のライラック(2005年 12月)/東京スカパラダイスオーケストラ/ vocalist:ハナレグミ(永積タカシ)

(歌モノシングル3部作その2・第二弾)
サファイアの星(2006年 2月)/東京スカパラダイスオーケストラ/ vocalist:CHARA

(歌モノシングル3部作その2・第三弾)
星降る夜に(2006年 5月)/東京スカパラダイスオーケストラ/ vocalist:甲本ヒロト

130_01.jpg日本のロック130枚目/131枚目/(96枚)(126枚)200枚は、東京スカパラオーケストラの2001年から2006年までの歌モノシングルで共演したミュージシャン/バンドで、選んでなかったやつ。

リクエストは、これまでリクエストした曲フレーズが曲名に入ってる曲/高校1年生から何度も読んでいる小説と同じタイトルのアルバム。

朝日のあたる道 AS TIME GOES BY/『風の歌を聴け』(1994)-ORIGINAL LOVE

リクエストは、(暫定の)123枚目に選んだくるりの2002年のヒット曲のカバー/これまで日本のロック(96枚)(126枚)200枚に選んだ中で(多分)一番長いタイトルのアルバム。

男の子と女の子/『帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。』(2005)ーハナレグミ

kururi.jpgあ、やっぱり、くるりの男の子と女の子/『THE WORLD IS MINE』(2002)も。

6曲+2曲+1曲、リクエスト。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3361,3362,3363,3364,3365,3366,3367,3368,3369)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3375,3376,3377,3378,3379,3380,3381,3382,3383)

大塚愛(2004)/銀杏BOYZ(2005)

128.jpg普通のサラリーマンの仕事では禁句というか、いや、それを考えるんが仕事だろって感じなんだけど、つい、先が見えないっていうようなことを口走りそうになる新型コロナウイルスの状況次第で行けるかどうか、やるかどうかも分からないけど、3月末締切りの50 years gone since we lost beatlesへの投票5曲をどれにするか、考えている。

8年前店の最初のイヴェントとして
結成50周年でビートルズのファン投票カウントダウンを
行いました
今年は解散50年、このひと昔の間に
ビートルズの曲の好みが変わったのか変わらなかったのか
確認してみましょう


とのことなで、それより前に、日記を始めた頃から、オリジナルアルバムの発売順に1枚から1曲選んだ13曲は外したほうがいいかな?

128_03.jpgでも、今でも全部好きだから、最有力候補には違いない。

Ask Me Whyは、2015年秋のIT'S ONLY POP SONG BUT I LIKE ITでの僕の1曲/2曲。
Please Mister Postmanは、2017年秋のMotown: An Another origin of Pop And Rockでの僕の1曲/3曲(4曲)。

A Hard Day's Nightデビュー50周年の僕の第4位投票曲/10曲。
No Replyは、今訊かれたら、一番好きって応えるかもしれない。

Help!デビュー50周年の僕の第1位投票曲/10曲。
Nowhere Manデビュー50周年の僕の第2位投票曲/10曲で、全体で第1位。

128_02.jpg I'm Only Sleepingジョン・レノンの命日には必ずかかるかな?
A Day In The Lifeデビュー50周年の僕の第9位投票曲/10曲。

I Am The Walrusジョン・レノンの命日には必ずかかるし、デビュー50周年でも上位。

I'm So Tired9枚目/108枚で選んだ。
Hey Bulldogジョン・レノンの命日には必ずかかるし、HR/HMイベントなんてのがあったら僕は投票しそう。

You Never Give Me Your Money~Her Majestyはメドレーの中の1曲/9曲をデビュー50周年の第3位投票曲/10曲にした。
Across The Universeは、今、やっぱりこっちって選ぶかもしれないな。

127.jpg13枚のオリジナル・アルバム以外のジョージが選曲したっていう(これは宣伝で、実際はマネージャーのアラン・クレインらしい)赤盤/青盤の、
She Loves You/『The Beatles 1963-1966』(1973)
Strawberry Fields Forever/『The Beatles 1967-70』(1973)

解説の日本語訳は間違えていると思う、Past Masters Volume One/Twoの、
This Boy/『Past Masters Vol.1』(1988)
You Know My Name(Look Up Your Number)/『Past Masters Vol.2』(1988)

30歳の頃の、Anthology 1/2/3の、
Free as a Bird/『Anthology 1』(1995)
Real Love/『Anthology2』(1996)
Oh! Darling/『Anthology 3』(1996)

I Want To Hold Your Hand/『1』(2000)
Two Of Us/『Let It Be... Naked』(2003)

Drive My Car/The Word/What You're Doing
/『Love』(2006)
Some Other Guy/Thank You Girl/『At The BBC』(2006)
Every Little Thing/『Love Songs』(1977)

あ、『Oldies』や『Hey,Jude』からもリクエストしてるな。

127_01.jpg日本のロック(96枚)(126枚)200枚は、名刺に書かれた会社名では6社目/8社に移った年、悪性腫瘍が見つかって入院して、抗がん剤治療と摘出手術をやった、いや、受けた、いや、やってもらったかな?2004年2005年

128枚目は、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」のリクエスト/日記は削除されちゃった銀杏BOYZ

小学校の4年生か5年生の少年ジャンプのコンテストの投稿作『恐るべき子どもたち』『8時半の決闘』もよく覚えていて、『すすめ!パイレーツ』連載の1回目から大人気だった江口寿史さんのイラストで選んで、リクエストは、僕は綺麗なメロディーの方が好きなので、

BABY BABY/『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』(2005)ー銀杏BOYZ
夢で遭えたら/『DOOR』(2005)ー銀杏BOYZ
ボーイズ・オン・ザ・ラン/『光のなかに立っていてね』(2014)ー銀杏BOYZ

127_02.jpg1月に職場が変わって初めて会った人たちや初めての仕事のこと、夏休みに家族と義母と義弟も一緒に高知に遊びに行って海に入って、足の張れが気になったことや、近所の整形外科に大学病院を紹介してもらって検査入院をしたことや、職場の近くの妻が長男を出産した病院やがん専門病院やで話を聴いたことや、入院していた7か月間のことや子供たちやご近所や友達に隠していたこと、摘出手術前の一日だけの退院、摘出手術の後もう1クールの抗がん剤、退院してすぐに戻った職場、会った人ややった仕事のことを書いていくときりがないんだけど、128枚目は入院する前に、娘が選んで買ってあげた大塚愛

リクエストは、3月発売のデビューアルバムから、
さくらんぼ/『LOVE PUNCH』(2004)-大塚愛

2枚目のアルバムは2004年11月発売だから買ってあげてない。
2005年に退院してから買おうかって訊いたら、「嵐(あらし)がいい!」だったかな?

もう1曲、僕が好きだったのかな?

黒毛和牛上塩タン焼735円/『LOVE JAM』(2004)-大塚愛

おまけ.jpg3歳のシャ乱Qが初めてのコンサートだった彼女はモーニング娘。を経て、ヴィジュアル系に辿り着く前のジャニーズ系アイドル期?

「KAT-TUN(カトゥーン)は音楽もいい!」とか言ってたんだったかな?
銀杏BOYZじゃなかったな。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3356,3357,3358,3359,3360)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3370,3371,3372,3373,3374)

カーネーション(2000)/森高千里(1989)/はっぴいえんど(1971)/中村一義(2002)

126_02.jpg新型コロナウイルスの状況次第で行けるかどうか、やるかどうかも分からないけど、3月末締切りの50 years gone since we lost beatlesへの投票5曲をどれにするか、考えている。

8年前店の最初のイヴェントとして
結成50周年でビートルズのファン投票カウントダウンを
行いました
今年は解散50年、このひと昔の間に
ビートルズの曲の好みが変わったのか変わらなかったのか
確認してみましょう


とのことなので、まずはデビュー50周年で選んだ曲。
順位投票で10曲。

126_03.jpg1.Help
2.Nowhere Man
3.Polythene Pam
4.A Hard Day's Night
5.Mother Nature's Sun

6.Magical Mystery Tour
7.Your Mother Should Know
8.You Really Got Hold On Me
9.A Day In The Life
10.From Me To You


みんなのリクエストは、ビートルズの歌詞をそのまま転載してたので、著作権法違反とのことでほとんど削除されちゃって、少ししか残ってない

126_04.jpg9年前の大震災の後、それまでの日記/ロックバーへのリクエストで選んだ曲を除いて、アルバムから1曲ずつ、ちょっとその時の気持ちがタイトルになったようなのを13曲選んだのは、こんなの。

1.Do You Want To Know A Secret?/『Please Please Me』(1963)-秘密を知りたいかい?
2.All My Loving/『With The Beatles』(1963)-僕の好きって気持ち全部
3.I'll Be Back/『A Hard Days Night』(1964)-もうすぐ帰る
4.I'm A Loser/『Beatles For Sale』(1964)-なくしてばっかり
5.The Night Before/『Help!』(1965)ー前の晩

6.In My Life/『Robber Soul』(1965)ー僕の人生の中で
7.Here There And Everywhere/『Revolver』(1966)-ここで、そこで、そしてどこででも
8.Getting Better/『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』(1967)-だんだん、良くなって行く
9.Your Mother Should Know/『Magical Mystery Tour』(1967)-お母さんなら知ってるはずさ
10.Why Don't We Do It In The Road?/『The Beatles』(1968)-なんで道の真ん中でやっちゃいけないんだ?

11.All Together Now/『Yellow Submarine』(1968)-みんな一緒に
12.Something/『Abbey Road』(1969)-何かある
13.Get Back/『Let It Be』(1970)-帰っておいで


126_06.jpgちょっといら立って1曲、I Wanna Be Your Man/『With The Beatles』(1963)のあと、また13曲。

1.Anna(Go To Him)/『Please Please Me』(1963)-アンナ(やつのところに行きなよ)
2.All I've Got To Do/『With The Beatles』(1963)-やんなきゃいけないのはそれだけでいいんだ
3.I Should Have Known Better/『A Hard Days Night』(1964)-ぼくはもっとよく分かっておくべきだった
4.Baby's In Black/『Beatles For Sale』(1964)-黒を着たあの娘
5.Yesterday/『Help!』(1965)-昨日

6.Think For Yourself/『Robber Soul』(1965)-ただし、自分のことは自分で考えなさい
7.Good Day Sunshine/『Revolver』(1966)-良い日、お日様
8.She's Leaving Home/『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』(1967)-娘は、家を出る
9.The Fool On The Hill/『Magical Mystery Tour』(1967)-丘の上のあほう
10.Ob-La-Di,Ob-La-Da/『The Beatles』(1968)-人生はまだまだ長いわ。そうよ、人生はまだまだつづくわ

11.Yellow Submarine/『Yellow Submarine』(1968)-黄色い潜水艦
12.Maxwell's Silver Hammer/『Abbey Road』(1969)-マックスウェルの銀の槌
13.Let It Be/『Let It Be』(1970)-ジョージがやらないって言うんで、「ホラ、天使がやってきた」ってやつ


126_01.jpgそれから、もう13曲。

1.There's A Place/『Please Please Me』(1963)-いつも行く場所がある
2.You Really Got Hold On Me/『With The Beatles』(1963)-僕の心を捉えて離さない
3.Any Time At All/『A Hard Days Night』(1964-いつでもいいから
4.Eight Days A Week/『Beatles For Sale』(1964)-一週間に8日
5.It's Only Love/『Help!』(1965)-たかが恋

6.Girl/『Robber Soul』(1965)-女の子
7.Taxman/『Revolver』(1966)-税務署員
8.Lovely Rita/『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』(1967)-かわいいリタ
9.Penny Rane/『Magical Mystery Tour』(1967-ペニー通り
10.The Continuing Story Of Bungalow Bill/『The Beatles』(1968)-バンガロー・ビルの一連のお話

11.It's All Too Much/『Yellow Submarine』(1968)-僕にはとても素晴らし過ぎる
12.Come Together/『Abbey Road』(1969)-さあ、一緒に、いっちょうやろうぜ
13.For You Blue/『Let It Be』(1970)-君を好きって、哀しいことだ


126_05.jpgあ、そもそも最初にリクエストしたのも、アルバムから1曲ずつ。
日記を読み返さなくても、空で言える/綴れる13曲。

Ask Me Why, Please Mister Postman, A Hard Day's Night, No Reply, Help!, Nowhere Man, I'm Only Sleeping, A Day In The Life, I Am The Walrus, I'm So Tired, Hey Bulldog, You Never Give Me Your Money~Her Majesty, Across The Universe

今回は順列つけずに一人五曲投票で
締め切りは三月一杯
参加資格は店に来たことがあるか当日来る人
応募は店で直接かメイルで


とのことだけど、5曲というのはかなり難しいな。

126_07.jpg日本のロック(96枚)126枚(200枚)は、upset the apple-cart(2007- )が始まった頃よくかかって、13年経った今でも時々かかる日本のミュージシャン/バンド。
ちょっと2004年に進む前の2000年代。

126枚目は、カーネーション

恋するためにぼくは生まれてきたんだ/『LOVE SCULPTURE』(2000)-カーネーション

(96枚)126枚(200枚)には選ばなかったけど、もう少しリクエスト。

カーネーションがバックバンドをやったっていう、直枝政太郎作曲・編曲の、

はだかにはならない『非実力派宣言』(1989)森高千里

カーネーションがカバーした、

抱きしめたい/はいからはくち/『風街ロマン』(1971)はっぴいえんど

127枚目は、中村一義

キャノンボール/『100s』(ひゃくしき)(2002)中村一義

もう1曲、細野晴臣 - ベース高野寛 - ギター岸田繁 (くるり)- ギター真島昌利 - ギター が参加したアルバムから、

1,2,3/『ERA』(2000)-中村一義

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3350,3351,3352,3353,3354,3355)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3364,3365,3366,3367,3368,3369)

ゆらゆら帝国で考え中(2000)/Today/Fall Again(2001)

124_01.jpg2004年1月発売の半透明少女関係(シングル)(2004)-ZAZEN BOYS はリクエストしたんだけど、名刺に書かれた会社名では6社目/8社に移った年、悪性腫瘍が見つかって入院した年の2004年の前にもう少し。

2002年12月に初版が発行になって買ったカラー写真もたくさん載った文庫本『レス・ポール読本』(ヴィンテージ・ギター編集)は、世良公則鮎川誠菊池英明といった、レス・ポールを弾く何人かの日本のミュージシャンのインタビューを月刊誌から編集したもの。
それと、坂本慎太郎SG(エス・ジー)

124_02.jpg僕は1988年かな?大学卒業か就職かの記念で、小学校からの友達のMとFと”Under My Thumb"を演奏・録音した時にFから借りて、今も僕の家にあるのがヤマハのサンバーストのレス・ポール・モデルだからってだけかも知れないけど、レス・ポールが大好きなミュージシャンの「レス・ポール/SG名演&名盤セレクション」。

日本のロック(96枚)126枚(200枚)なんていうのをやっているので、日本のバンド、ミュージシャンの分だけコメントも転載。

124_03.jpg世良公則
Still Got The Blues/Gary Moore 1980
Dickey Betts & Great Southern/Deckey Betts 1977
Mirror Ball/Neil Young 1995
Out Sider/Jimmy Page 1988
But Seriously Folks/Joe Walsh 1978

鮎川誠
Truth/Jeff Beck 1968
John Mayall & Bluesbreakers With Eric Clapton 1966
Supersession/Mike Bloomfield-Al Cooper-Steve Stills 1968
Mr.Wonderful/Fleetwood Mac 1968
Beggars Banquet/The Rolling Stones 1968

124_04.jpg菊池英明
Night Life/Thin Lizzy 1974
Hotel California/EAGLES 1976
Tiny Music...Songs From The Vatican Gift Shop/The Stone Temple Pilots 1996
Double Vision/FOREIGNER 1978
Don't Look Back/BOSTON 1978

坂本慎太郎
Vincebus Eruptum/Blue Cheer
Quicksilver Messengers Service/Quicksilver Messengers Service 1968
The Doors/The Doors 1967
Damned Damned Damned/The Damned 1978
Today/The Stars 2002
「日本のミュージシャンから1枚選びました。日本でSGの名手といえば、何と言っても栗原道夫氏です。氏の信じられないギター・トーンは、かなりキてますぞ」

124_05.jpgアルフィーの高見沢俊彦の6枚、X(X-JAPAN)のPATAの3枚も全部洋楽なので、ちょっと省略。

和田唱
Fresh Cream/CREAM 1966
Alive/KISS 1975
Sticky Fingers/The Rolling Stones 1971

「レス・ポール名演&名盤セレクション」では日本のミュージシャン、バンドは全然ないので、インタビューを少し抜粋。

124_10.jpg「ツイストって、ロック・フィールドから「あんなのアイドルだ」って言われてたんだ。日本のロックの歴史を語るとき、ツイストって絶対に葬り去られるんだよ。この前も'70年代以降のロックの歴史みたいな番組があって、岡林信康さんからずっときて、甲斐バンドとか、ジョニー・ルイス&チャーダウンタウン・ブギウギ・バンドRCサクセションサザンオールスターズはあるんだけど、ツイストは出てこなかった。でも、だからといって、歌謡曲のジャンルに入るかといえば、それもちがう。ツイストは歌謡曲の歴史の中にも絶対出てこないんだ。(略)それで思ったんだ。「道具が欲しい」って。自分がずっと憧れてきたロック・ミュージシャンの中で、鮮烈なプレイヤー達がぶらさげていたアレが、僕にとってはロックの道具だったから」
(世良公則)

124_09.jpg僕が選ぶ日本のロック124枚目は、ゆらゆら帝国をもう一枚。
リクエストは、結構ヒットしたと思う、

ゆらゆら帝国で考え中/『ゆらゆら帝国Ⅲ』(2000)-ゆらゆら帝国

これはネットで聴いただけで、(96枚)126枚(200枚)には選ばないけど、プログレっていうか、サイケデリックっていうか、いや、テレビジョン かな?

Today/『Today』(2002)-The Stars( ザ・スターズ)

125枚目は、TRICERATOPS(トライセラトップス)。
リクエストは、2000年以降ってことで、

Fall Again/『KING OF THE JUNGLE』(2001)-TRICERATOPS

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3347,3348,3349)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3361,3362,3363)

こいのうた(2000)/ばらの花(2001)/東京(1999)

1231.jpg2004年1月発売の半透明少女関係(シングル)(2004)-ZAZEN BOYS はリクエストしたんだけど、名刺に書かれた会社名では6社目/8社に移った年、悪性腫瘍が見つかって入院した年の2004年の前にもう少し。

2003年2月に初版が発行になって買ったカラー写真もたくさん載った文庫本『前略、テレキャスター様』(ヴィンテージ・ギター編集)は、ex NUMBER GIRL の向井秀徳のほか、MOONRIDERS鈴木慶一とか、テレキャスターを弾く何人かの日本のミュージシャンのインタビューを月刊誌から編集したもの。

1232.jpg僕は1995年かな?高知でCさんが選んでくれたのがキャンディ・アップル・レッドのテレキャスターだったからってだけかも知れないけど、テレキャスターが大好きなミュージシャンの「テレキャスター名演&名盤セレクション」。
日本のロック(96枚)126枚(200枚)なんていうのをやっているので、日本のバンド、ミュージシャンの分だけコメントも転載。

<向井秀徳 ex NUMBER GIRL>
Marquee Moon/Television 1977
Black and Blue/The Rolling Stones 1976
Fight or Flight/The Mods 1981
「森やん(森山達也)はテレキャス。カッコイイです。ジャキッとした音。ライブを観ると弾いてるんで。ギターの苣木さん(苣木寛之)はレス・ポールですけどね。ギブソンには興味がないと言いながら苣木さんのレス・ポールの音は好きなんです」
London Calling/The Clash 1979
Dirty Mind/Prince 1980

1233.jpg<岸田繁 くるり>
Led Zeppelin / Led Zeppelin 1969
Let It Bleed / The Rolling Stones 1969
School Girl Distortional Addict / NUMBER GIRL 1999
「8トラのみで録音されているようなアルバムなんですけど、カポタストを付けたテレキャスターがいい感じにテープ・コンプレッションされて『ガキーン』と鳴ってるんです。すごくギターの音がカッコイイアルバム」

1234.jpg<中島 優美 GO! GO! 7188>
Chicken Zombies/thee michelle gun elephant 1997
「『テレキャスター』というとアベさんのギターの音をイメージするので選びました。実際にテレキャスターを使っているのかはわからないけど、とにかくギターの音がカッコイイアルバムです」
(*全曲松下工房シーンのカスタムを使用)
LOVE±ZERO/Soul Flower Union 2002
「ソウル・フラワー・ユニオンの中川さんのテレキャスターの音はすごくいい音です」
(*全曲ムーンのテレキャスター・タイプを使用)
For Young Electric Pop/POLYSICS 2002
「ポリシックスの林さんのギターもカッコイイ」
(*02「COLON」、04「WICKED LAUGH」、06「LET'S GO」、08「TV'S HIGH」でテレキャスターを使用)

001.jpg日本のロック123枚目/(96枚)126枚(200枚)は、くるり。
リクエストは、佐久間正英プロデュースの1st『さよならストレンジャー』(1999)も、ジム・オルーク プロデュースの2nd『図鑑』(2000)もいいと思うけど、セルフ・プロデュースの3rdから、

ばらの花 /『TEAM ROCK』(2001)ーくるり

124枚目/(96枚)126枚(200枚)は、同じ雑誌で、同じギターについて語っていた、女性ミュージシャン/ギタリスト/ボーカリスト。
リクエストは、

こいのうた/『蛇足歩行』(2000)ーGO! GO! 7188

あ、90年代だけど、やっぱりこれもリクエスト。

東京/『さよならストレンジャー』(1999)-くるり

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3344,3345,3346)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3358,3359,3360)

透明少女/半分透明少女/6階の少女/らいおんハート(2000-2004)

121_03.jpg職場での役割としては、名刺に書かれた会社名では6社目の2009年新型ウイルスの大流行以来だから随分と久しぶりなんだけど、名刺に書かれた会社名では8社目の職場で、政府の発表や国内外の報道機関の記事を追いかけたり呆れたり、マスクやアルコール消毒液を探したり、次亜塩素酸ナトリウムは効くかとかネット検索したり。
何度経験しても、人々の動きや感じ方は予想がつかないものだけど、まだまだ先は長そうなので、出来るだけ日常生活は変えずに。

121_01.jpg 相変わらずテレビドラマは録り溜めたのを週末に、何週か遅れで見るんだけど、4週、4回のNHK土曜ドラマ『心の傷を癒(いや)すということ』の原作は、阪神淡路大震災のあと、産経新聞に連載されていた(産経新聞を取っている人は周りに一人もいなくて読んでいないけど)、本になったのも、読もう読もうと思いながら、いつの間にか本屋で見かけなくなっていた(このドラマで増刷されていると思うから、探しに行こう)。

安克昌(あん・かつまさ)さん(精神科医。医学博士。1960-2000)の新聞連載には載っていない、脚色もあると思う、電車の音でセリフが聞こえない小津映画「東京物語」(偶然居合わせた1回目、聞き逃したのを夫々が聞きたかった必然的偶然の2回目。3回目を一人で見に行った安さんがそのセリフを彼女に教えるシーンを僕は聞き逃して⏪)、
何度も講義を受けた大きな102教室(何度もっていうのは嘘だな、試験前に何度か聴いただけかな?)、
見慣れた風景・夜景(震災前と後であまり変わらない夜景・風景もある)、
きっとあったと思う避難所での会話

121_02.jpg2016年に50歳になってからは50歳以上夫婦割引で見ることが多くなった映画は『ロケットマン』の後は、(『スワロウテイル』の主題歌をリクエストしたからってわけじゃないけど)『ラストレター』、それから(『ロケットマン』の"(I'm Gonna) Love Me Again“がアカデミーの歌曲賞を受賞したからってわけでもないけど)『パラサイト』。
どちらもエルトン・ジョンが言う、映画的(cinematic)で、幻想的(fantasical)で、暗くならない、面白い映画だった。

『ロケットマン』は歌曲賞だけの受賞だったけど、たくさん賞を取った『ボヘミアン・ラプソディ』の後、アダム・ランバートとのフレディ時代の代表曲のみをやった日本公演の直前の特集「クイーン ベスト・ソングス100」から、ベスト100に選ばれなかった曲。

121_04.jpg一人30曲、25名の投票は結構ばらけていて、のべ700曲なのに、ほとんどの人の30曲はベスト100に入ってる。
ただ一人だけの選曲っていうのが、極端に少ないんだけど、こんなの。

赤岩和美さん、赤尾美香さん、犬伏功さん、岡田敏一さん、北井康仁さん、サエキけんぞうさん、杉原徹彦さん、立川芳雄さん、芳賀崇さん、萩原健太さん、松井巧さん、矢川俊介さん、山崎智之さん、 若月眞人さん、和久井光司さんだけが30曲に選んだ曲というのは1曲もなかった。

これを数学的に説明すると、・・・。

121_07.jpgさて、今井智子さんが25位、26位、27位、28位に選んだのは、
Party /『The Miracle』(1989)
Ride The Wild Wind/『Innuendo』(1991)
My Baby Does Me/『The Miracle』(1989)
Machines(Or 'Black To Humans')/『THE WORKS』(1984)

大鷹俊一
さんの27位、
I'm In Love With My Car/『A Night At The Opera』(1975)

金澤寿和さんの19位、
More Of That Jazz /『JAZZ』(1978)

近藤正義さんの24位、26位、27位は、
Headlong/『Innuendo』(1991)
She Makes Me(Stormtrooper In Stilettos)/『Sheer Heart Attack』(1974)
Good Company /『A Night At The Opera』(1975)

人見欣幸さんの22位、25位、
Fun It /『JAZZ』(1978)
Coming Soon/『The Game』(1980)

121_08.jpg武田昭彦さんの14位は(1位を30点、30位を1点の順位投票だとすると16点で、例えば26位(5点)以下に3人が選んでベスト100に入らなかったっていうような曲もないってことになる。一人だけのリクエストでも13位以内ならベスト100に入ったかな?)、
Body Language/『Hot Space 』(1984)

行川和彦さんの21位、
The Hitman/『Innuendo』(1991)

舩曳将仁さんの25位、
Let Me Live/『Made In Heaven』(1995) 

安田謙一さんの23位、
Drowse /『JAZZ』(1978)

奥村裕司さんの29位は(これはちょっと反則かな?まあ、僕もロックバーのイベントでは”Say It's Not True/『The Cosmos Rocks』(2008)選んだんだけど)、
20th Century Fox Fanfare/『Bohemian Rhapsody: The Original Soundtrack』 (2018)

121_09.jpg日本のロック122枚目/(96枚)126枚(200枚)は、6社目/8社に移ったり、悪性腫瘍が見つかったりした2004年に進むのをちょっと躊躇して、ナンバーガール

削除されちゃった日記でリクエストしたのや、ロックバーのイベントで選ばれたのがいいと思うけど、ベスト盤みたいな2枚組ライブ盤から、

透明少女 /『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』(2003)ーナンバーガール

もう1曲、halが2001年に発表したアルバム『ブルー』に収録されている『6階の少女』という曲をレコーディングするために向井秀徳が54-71のメンバーを誘ってやったのが、ZAZEN BOYSになったっていう、

半透明少女関係(シングル)(2004)-ZAZEN BOYS

女性ボーカルが少なくなるからこれも、

6階の少女/『ブルー』(2001)ーhal

122_01.jpgもう1曲、これは脈略がないようだけど、Fの結婚披露宴でベースを弾いたやつ
テレビで聴いたことあるかなっていう程度で、5弦ベースの譜を4弦で弾いたけど、けっこううまく弾けたな。

らいおんハート (シングル)(2000)-SMAP

2000年まで務めた職場の同僚にヘフナーのバイオリン・ベースを借りたんだけど、うまく出来たのは、易しくて、いい曲なんだろう。
花嫁さんのリクエスト。

やっぱりもう1曲リクエストしよう。

(I'm Gonna) Love Me Again/『Rocketman: Music from the Motion Picture』(2019)-Various artists

エルトン・ジョンタロン・エガートンの「(僕はやっぱり)もう一度僕を好きに(なろう)」って曲。

僕が邦題を付けるなら、・・・・「僕は僕を」かな?
・・・センスないね。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3339,3340,3341,3342,3343)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3353,3354,3355,3356,3357)

I will be with you(2002)/Lifetime Respect(2001)/小さな恋のうた(2001)

0102_02.jpgこれに限ったことじゃなくて大体ロック雑誌は買ったら全部読むし、ロックバーのイベントのセット・リストランキングも投票者全員分を写すんで(odde to muse:diva festだけはちょっと途中だ。あ、バイバイ平成も洋楽がまだかな?全部載せたかな?)、『レコード・コレクターズ』の「クイーンの100曲」から、まだ転載していなかった選者のランキングに付いた解説/感想/評を。

( )は僕が聴いた時ではなくて、シングルやアルバムの発売月。
コメントの選者は敬称略、生年、年齢、クイーンを聴いた経験が推測されるプロフィールも。

なんだか、クイーンの悪口なんて結局ごく一部の男性の音楽評論家が言ってて、ごく少数そんな雰囲気に感化された野郎(やろう)がいただけって感じだけど。

120_05.jpg第7位:Seven Seas Of A Rhye(74年2月)
(略)デビュー・アルバムのラストにはこの曲のインスト版が収録されていた。(略)最後には1907年に作られたミュージック・ホール・ソングの’I Do Like To Be Beside The Seaside’が歌われており、この曲は次作『シアー・ハート・アタック』のオープニング曲「ブライトン・ロック」で口笛で登場している。最初の3作を繋ぐ仕掛けがなされていたわけだ。
赤岩和美。52年、さいたま市(旧大宮市)生まれ。最近、クイーンの初来日の記者会見で撮影した写真を再発見した)

120_02.jpg第11位:Brighton Rock(74年11月)
ダイナミックである一方、緻密かつ繊細なプレイは、日本のファンから”三味線弾き”と称されるほどに斬新なものだった。
(北井康仁。クイーンという存在は、自分にとって、やはりロック・ミュージックの楽しさ、そして稚拙な表現ながら敢えて言わせてもらえば、そのカッコ良さに目覚めさせてくれたバンドだったと思う)

第15位:Now I'm Here(74年11月)
ハード・ロック・バンドとしてのクイーンに固執する初期からのファンにとって、文句なしのドライヴ感とリフのカッコよさで迫ってくるナンバー。
近藤正義。58年、大阪府生まれ。73年に聴いたデビュー・アルバムの強烈な印象は、今も鮮明に覚えている)

第19位:The March Of The Black Queen(74年3月)
とてつもない劇的展開に満ち満ちている。当然、単体としても楽しめるが、人喰い鬼の谷を抜け、妖精の森で癒されてから聴けば、余計にそのダーク・ファンタジー風味が堪能できるハズ。
奥村裕司。初めてのクイーン体験は『ジャズ』が新譜だった頃に聴いた『戦慄の女王』で、”クイーンの神髄は初期ハード・ロック期にあり”なんて思い込んじゃったが故に(略))

120_03.jpg第21位:Liar(73年7月)
本国ではシングル・カットされなかったが、アメリカなど数か国で74年にA面としてリリース。ただし、大胆にも3分強にエディットされた短縮版での収録だった。
若月眞人。67年生まれ。最初に聴いたのは『クイーンⅡ』が出た頃に買った『戦慄の女王』

第23位:Good Old-Fashioned Lover Boy(76年12月)
究極のアトラクションのように、次はこうなるとわかっていても、やっぱり快感を感じてしまう。
安田謙一。62年、神戸生まれ。ほぼデビューからリアルタイムで聴いているバンド、といえば、まずクイーンが浮かぶ。ビートルズには間に合わなかった世代だが(略)自意識過剰でミーハー扱いを恐れてひょっとしてファンにならなかったかも・・・なんて(略)クイーンをリアルタイムでしっかり好きだった、という事実を思いだせば、心配無用)

第24位:Spread Your Wings(77年10月)
ジョン・ディーコン作としては「ユーア・マイ・ベスト・フレンド」に続くシングルとなった曲。(略)曲が長めゆえアメリカでのシングル化は見送られたが、後に別の曲のB面として米盤も発売。
(松井巧。66年、東京生まれ。クイーンの音楽に同時代的に触れたころは小学校高学年くらい。(略)しかし本当に凄いのは、いちいち理屈を並べたりしない子供の胸にも素直に届いたところ。エロそうな曲が本当にエロかったと知るのは英語を理解してからだが、後の祭りである)

120_01.jpg日本のロック(96枚)126枚は、1枚フライングしちゃったけど、2000年代。

00年代は初めの方で、社会人になって名刺に書かれた会社名では3社目4社目5社目の頃。

この前の日記が117枚目、118枚目だから、119枚目/126枚(200枚くらいを目標にする方がいいかな?)は、ラブ・サイケデリコの2枚目

リクエストは、

I will be with you/『LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA』(2002)ーLOVE PSYCHEDELICO

120_04.jpg120枚目は大ヒットした初めてのレゲエだっていう、一生一緒にいてくれや♪♪

Lifetime Respect/『Lifetime Respect』(2001)-三木道山

121枚目はバイバイ平成の候補だった、ただあなたにだけ届いて欲しい響け恋のうた♪ほおらー♪ほーらー♪

小さな恋のうた/『MESSAGE』(2001)- MONGOL800

レゲエ版もあるんだけど、パンクっぽい方で。

あ、女性ファンの比率が非常に高く、つれて毛嫌いする男性が一定いるヴィジュアル系では、LUNA SEAを漏らしちゃった。
・・・まずい。

中川勝彦のコンサートに一緒に行ってくれなかったと文句を言われて、河村隆一のコンサートには一緒に行ったんだった。
・・・やばい。

アルバムは(96枚)126枚(200枚位かな?)に選ばないけど、ソロアルバムからリクエスト。

I Love You/『Love』(1998)-河村隆一

作曲はアルフィー高見沢俊彦
・・・やばい、アルフィーもリクエストしていないな。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3335,3336,3337,3338)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3349,3350,3351,3352)

僕のレッド・シューズ物語(1989)/幸福な朝食、退屈な夕食(1997)

2.jpgどういうきっかけだったか、何かきっかけがあったのかもよく覚えていないけど、2014年4月からしばらくの間自分を客観的にみることについて日記ロックのリクエストロックバーのイベントのランキング村上春樹の小説の抜粋引用したりして、書いていた
自分を客観的に見る前に、そもそも他者を客観的に見ること自体上手く出来ないのが常であるけど、それというのも客観視するのは主観を持った自分に他ならないので、結局は主観的な客観視の物差しを複数持つようにするっていうくらいかもね。

時間とか時代とかっていうのは正確な物差しの一つだとは思うけど、時間とか時代とかが相対的なものであることは、アインシュタインの相対性理論使わなくてもわかる。

3.jpg中学二年生、多分15歳の時に買った発売になったばかりのクイーンの『The Game』(1980)

40歳のジョン・レノンが死ぬ前に聴いた『Double Fantasy』(1980)

職場が東京になって東京に住むようになった1991年1月に発表された『Innuendo』(1991)

エルトン・ジョンが歌ったのをBS放送で見た”Show Must Go On”

レコードやCDを買ったり、カセットテープやヴィデオテープに録音したものは、それより前にはもちろん聞けないけれど、それより後はいつでも聴けた

4.jpg『レコード・コレクターズ』の「クイーンの100曲」から、中学二年生の2学期の終わり、『Double Fantasy』(1980)を買ってくるまでに、レコードを持っていたり、エアチェック(FMラジオのカセットテープ録音)で持ってた曲(ライブ録音のエアチェックもあり)を転載したんだけど、もう少し、その時には持っていなかった曲を。
( )は僕が聴いた時ではなくて、シングルやアルバムの発売月。
コメントの選者は敬称略、結構同い年(66年、67年生まれ)の方もいるので、生年、年齢が推測されるプロフィールも。

第2位:Bohemian Rhapsody(75年10月)
ラジオで初めてこの曲を聞いたとき、コーラス好きのぼくは冒頭数小節の多重アカペラで一発KOされた。(略)フレーズやアレンジをコピーして再現することは今ならばわりと簡単にできそうだが、この圧倒的な熱意をコピーすることだけは絶対にできない。そして、この真似できない、一見無駄とも思える濃厚な熱意こそがクイーン最大の魅力なのだと思う。
萩原健太。56年、埼玉県生まれ)

117_01.jpg第3位:Keep Yourself Alive(73年7月)
すべてがここから始まった、と書いて頷いてくれる方も本誌なら多いはずだし、この順位がそれを物語ってもいる。それほど日本のファンにインパクトを与えたのがこの曲であり、当時はラジオでもよくかかっていたものだ。
大鷹俊一。(略)79年の日本公演の完成度の高さは今思い出しても熱くなるほどで(略))

第8位:Ogre Battle(74年3月)
スタイルこそリフ中心のハード・ロックだが、クイーンらしいキャッチーなコーラスやギター・アレンジがこれでもかと縦横無尽に仕掛けられていて、すべての構造を把握しようと聴き込むほどに、そのアイデアの豊かさと想像力にため息がでる。
矢川俊介。フレディ・マーキュリーが亡くなった時、私は千葉の柏の高校生だった)

82_96_04.jpg第12位:Bicycle Race(78年10月)
歌詞にはジョーズスター・ウォーズフランケンシュタインスーパーマン、ジョン・ウェイン、ヴェトナム戦争ウォーターゲート事件など、米国を象徴する固有名詞がふんだんに登場するが、徹底して”僕は自転車に乗りたいんだ!”と連呼する飛び道具的な名曲。発表当時は、洋楽に馴染みがない子供たちまでが”ば~いせこ!ば~いせこ!”と口ずさんでいた。
(芳賀崇。10歳。FMから流れてきた「ボヘミアン・ラプソディ」が(略))

第14位:Under Pressure(81年10月)
このワン・コード的なリフが4小節、歌に入っても続くおかげで、ベースが1音ずつ下降していく常套化されたパターンを備えた元曲の単調さを巧みに回避している。と同時に、コード・チェンジに伴いラインを変えていく5小節目からのベースが気持ちよく聞こえる効果も発揮しており、計算された編曲の見事さに感服した。
杉原徹彦。70年、東京生まれ)

106_14.jpg第18位:Radio Ga Ga(84年1月)
単なる”昔は良かった”という嘆き節でないのは、オーソン・ウェルズのラジオ・ドラマ『宇宙戦争』('38年)の話題を織り込むなど、”実際には経験していない古(いにしえ)のロマン”が描かれているからだ。
山崎智之。70年、東京生まれベルギー、オランダ、チェコスロバキア、イギリス育ち)

第22位:The Show Must Go On(91年2月)
これまで華々しく注目を浴びたことはなく、洋画『ボヘミアン・ラプソディ』のエンドロールで流れたことで多くのファンに再評価された感がある。
岡田敏一。66年奈良県生まれ)

第27位:Tie Your Mother Down(76年12月)
ブルースの流れから解き放たれていたクイーンにしては珍しい作風ゆえに選曲。物騒にも映る”母親を縛りつけろ”という曲名とは裏腹にユーモラスな歌詞もひっくるめて、クイーン結成前に書いた曲ならではのブライアン・メイのイケイケのハード・ロック魂炸裂だ。
行川和彦。63年、東京都生まれ)

82_96_03.jpg第41位:Fat Bottomed Girls(78年10月)
ゴスペル風のアカペラ・コーラス、詩・曲を手がけたブライアン・メイのDチューニングでのギター・ソロがいかしている。
今井智子。クイーンを最初に認識したのは「キラー・クイーン」だった。当時、日ながラジオで聴いていたFEN(現AFN)で流れていたから米バンドと思っていたら、雑誌で王子様的な写真を見て驚いたものだ)

第57位:You And I(76年12月)
かつてアナログLP盤で『華麗なるレース』を聴いていた頃、いかにもクイーンらしいデコラティヴな曲が続いたのち、A面最後にこの曲が出てくるというのが大好きだった。
立川芳雄。59年生まれ)

73_96_00_20190615204018.jpg第64位:I Want It All(89年5月)
いきなりブライアン・メイの歪んだギターが飛び出し、16ビートに変わる箇所はまるでヘヴィ・メタル・バンドだ。クイーンのヘヴィネスを集約したようなナンバーで、ある意味古臭くもあるが、そんな曲をアルバムに置いてしまうところが、実はクイーンのたまらない魅力だったりする。
犬伏功。まずは学生時代、クイーンを意識的に敬遠していたことを白状しなければならない)

第69位:Too Much Love Will Kill You(95年11月)
サビの部分はいかにもなメロディに少々気恥ずかしを覚えるが、ブライアンが書いた歌詞はフレディに重ねても我々が自分に重ねても有効な普遍性を持ち感動的。
赤尾美香。65年、横浜生まれ)

5.jpg僕が選ぶ日本のロック(96枚)126枚は、126枚で収めようというのはもうあきらめて、系(けい)という言葉自体は仕事でもよく使うんだけど、実績に共通する事実から導き出される何らかの原則っていう意味では、そのような聴き方はしていなくて、あんまり聴いたとも言えなくて、ちょっと選ぶのに躊躇する渋谷系ヴィジュアル系

歌詞は英語ばかりで同じような雰囲気の曲が入ったデビューアルバムより、日本語の歌詞やバラエティに富んだ2枚目か、3枚目だとは思うんだけど、新宿のロックバーでリクエストがあった、

My Red Shoes Story/僕のレッド・シューズ物語/『three cheers for our side 〜海へ行くつもりじゃなかった〜』(1989)-フリッパーズ・ギター

117_02.jpgいや、渋谷系といえば、ピチカート・ファイヴかな?
うん、ちゃんと選んでる。
でも、大江千里だって、西宮系宝塚系
僕は特に好きでもなかったけど、友達のMが好きで、友達のFに似てたんだ。

ゆらゆら帝国みたいな音出す同級生はいなかったな。
いや、きっといたんだろう。僕が知り合いや友達じゃないってだけで。

117_03.jpg1年浪人してW大、C大に入った高校のラグビー部のT-1、T-2が2年生の時に受験しなおして二人ともK大に入り直して、就職して三年目に東京勤務になった僕と、同じ大学の大学生の双子の兄弟と、その友達かな?男の子と女の子とで、中野のカラオケ。テレビでやってたから知ってたのをちょっと太った長い金髪の男の子がびっくりするくらい上手く歌った。
どうしよう、選ぼうか?
でも年上だからな。
リクエストだけ。

紅(くれない)(シングル)(1989)-XーJAPAN

6.jpg大学を卒業する頃、同性の(だいたい)同い年、野郎のタメだったら、やっぱり、ラルクバクチクかな?

でも、同じように年を取って、同じように40歳になったから、ラルクバクチクは2000年代で選ぼう。

無理してる?
いや、Buck-Tickだと、本当に”Girl"”Sid Vicious ON THE BEACH"は本当に好きだ、本当に。

どこが好きかって?
女の子がみんな夢中になってるとこがさ。

ラルクなら?

うん、また今度のリクエストまでに考えとく。

117_04.jpg日本のロック(96枚)126枚は、同い年の斉藤和義

バイバイ平成の三曲は、日本のバンド・ミュージシャンしばりで候補を挙げて、最後はその日の気分で(だいたい)同い年の、

ずっと好きだった(平成22年)/斉藤和義
トゥルー・ロマンス(平成8年)/筋肉少女帯
Heart Beat(平成10年)Kemuri

にしたんだけど、
落としちゃったTHE YELLOW MONKEYthee michelle gun elephantニューエスト・モデルも(96枚)126枚に選んだので、まだ選んでなかった斉藤和義
00年代、10年代でも選んじゃうかもしれないけど、90年代の、

幸福な朝食、退屈な夕食/『ジレンマ』(1997)ー斉藤和義

結婚して毎日食べるようになった朝食は特に土曜日と日曜日は幸福な、という感じがよく分かるけど、退屈な夕食は1966年に生まれて2020年になるまでまだ経験がなくてよく分からない。
だから、幸福な人生(まだ途中なんだけど)なのか、退屈な人生(まだ途中なんだけど)なのか、よく分からないけど。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3332,3333,3334)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3346,3347,3348)

恋に落ちたら(1996)/幸せ者(1996)/好きなコはできた(1993)

106_12.jpg年末年始に、ロックバーのイベント『ジョン・レノン39回忌、ジョン・レノンの98曲』と出来るだけ曲が被らないように、被る場合はデモ録音ライブ録音を選んで、『もうひとつのジョン・レノン』というのをやってみた。
"(Just Like)Starting Over"一曲だけは、僕の『初体験』の一曲だし、ロックバーのイベントのトリだし、ライブ録音はもちろん無いし、中学二年生の二学期の終わりの1980年12月、その後の年末年始を含む冬休みに一番よく聴いたはずのジョン・レノンなので(アルバムのA面一曲目だし、最初のシングル盤だからラジオでもよくかかった)、被るけど選んだ。

僕のロックバーへのリクエスト/日記は、年末年始といえばクイーンっていう年も結構あるんだけど、『レコード・コレクターズ』の「クイーンの100曲」を買ってきて読んでいる。選者25人、一人30曲の順位投票だけど、編集部から「好きな曲を」と依頼があったそうで、「良い曲/優れた曲」「売れた曲/聴かれた曲」一辺倒ではなくて面白い。

106_13.jpgロックバーへのリクエスト/日記に書いた曲だとものすごく沢山になってしまうので、"(Just Like)Starting Over"の頃にレコードを持っていたり、エアチェック(FMラジオのカセットテープ録音)で持ってた曲(ライブ録音のエアチェックもあり)をちょっと無断転載。
( )は僕が聴いた時ではなくて、シングルやアルバムの発売月。
コメントの選者は敬称略、結構同い年(66年、67年生まれ)の方もいるので、プロフィールにある方は生年も。

第1位:Killer Queen(74年10月)
『クイーンⅡ』にどハマりしていた高校一年生の私は、ラジオで初めて「キラー・クイーン」を聴いた時にキターーッ!と思った。世界的なヒット曲が出ればこのバンドは大化けすると確信していたからだ。
和久井光司。57年生)

113_04.jpg第4位:Your're My Best Friend(75年11月)
たとえば、数年デビューが早いロック界の先輩であるエルトン・ジョンがこのオケで歌ったところを想像してみよう。あれほど歌唱力のあるエルトンだが、結局やけにさっぱりとした持ち味に仕上げると思う。”息継ぎ”のセクシーさなど、エルトンを大きく引き離しているではないか。フレディの歌の魅力は、過激なニュアンス、過剰なロマンティシズムを込められることだが、この曲ではシャウトがないのがいい。
サエキけんぞう。80年、ハルメンズ、86年パール兄弟でデビュー)

第5位:Somebody To Love(76年11月)
オペラやクラシックのスタイルではなく、初めてゴスペルを取り入れたこの曲は、後にブラック・ミュージックにも傾倒していくフレディの、初の試みであった。
今井智子

第6位:Don't Stop Me Now(78年11月)
歌い出しはフレディらしいピアノ・バラードだが、リズムが入ってもトリオのまま軽快に疾走し、ギターはソロ・パートまで聞こえない。(略)自己パートを切り捨てたブライアンの英断に喝采。
金澤寿和。60年生まれ)

113_02.jpg第9位:Another One Bites The Dust (80年6月)
マイケル・ジャクソンにシングル発売を勧められたというのもいい話だ。“ウィアード・アル“ヤンヴィックによるパロディ「遅刻に道づれ(Another One Ride The Bus)」も傑作。
(人見欣幸。67年生)

第13位:Crazy Little Thing Called Love (79年11月)
ジョン・レノンがこの曲を聞き奮い立たされ『ダブル・ファンタジー』の制作に着手したといわれている。全米/全英1位。
(武田昭彦)

第30位:Play The Game(80年5月)
彼らが初めてシンセサイザーを使った曲だが、YMO以降のテクノポップ・ブームを築いた中田ヤスタカが、パヒュームの初オリジナル・アルバムを『GAME』とし、そのタイトル曲に"Play the GAME"という歌詞をつけたことに、この曲の歴史的価値を示そうとする作者の強い意志をかんじたのだがどうか。
杉原徹彦。70年、東京生まれ)

106_14.jpg第32位:Save Me(80年1月)
80年発売のアルバム『ザ・ゲーム』は独ムジークラント録音にして、それまで積極的に使用することがなかったシンセサイザーを導入、来るべき新しい時代を意識した作品となったが、アルバムより半年も前にシングルにてリリースされていたこの曲には、イントロからしてかつてのクイーンらしさが満ちている。
犬伏功。67年、大阪生まれ)

第40位:Flash[Flash's Theme](80年11月)
これに勝る映画のテーマ曲はない。意外にも作詞作曲はブライアン・メイ(g,vo)。感動する暇(いとま)もない2分48秒!
(岡田敏一。66年生)

113_03.jpg第86位:Dragon Attack (80年6月)
続く「地獄に道づれ」との曲間の短さを思うと、一種の組曲と言える。ソリッドなロックとソウル&ディスコ/ファンクだが、基本的な構造は同じなのだと種明かしをしているかのようだ。
(人見欣幸。67年生)

第89位:Sail Away Sweet Sister (80年6月)
サン・アンド・ドーター」や「父より子へ」など、家族をテーマにした曲の多いブライアンだが、*副題にある通り彼に妹はいない。どうしても“Sister“にしたかったのは“Sail"“Sweet"との頭の音のつながりからだろう。
*副題="To The Sister I Never Had"
船曳将仁。74年生)

第97位:Need Your Loving Tonight(80年6月)
“80年頃に軽快なロックンロール色を強めた英国勢"としてELOと歩みが似ていることにも気づく。思えばポール・マッカートニーも「カミング・アップ」、ジョン・レノンも「スターティング・オーバー」だった。
(人見欣幸。67年生)

106_16.jpg僕が選ぶ日本のロック(96枚)126枚は、126枚で収まりそうもないんだけど、またバラバラに遡って90年代。
社会人二年目から、十年を過ぎる頃。

東京、神奈川、高知、東京。
京王線、都営新宿線、都営三田線、東武線、千代田線、小田急線、西武線、丸ノ内線、東西線、都営大江戸線、山手線。

ワープロ、表計算、ポケベル、ノートパソコン、ピッチ(PHS)、電子メール、掲示板、デスクトップ、ウィンドウズ、ブラウザー、プロバイダー、携帯、ノーツ。

沢山の結婚式、沢山のご出産のお祝い、七五三、入学のお祝い、いろんな記念日、いくつかのお葬式。
Common Stock(1991-1999)

113_01.jpgCommon Stock(1991-1999)ではリクエストしなかった曲を。

衛星放送のコンテストで一番いいなって思ったこの曲がグランプリを取ったけど、アルバムはいい曲ばかりじゃないし、売れなかったんで、これは(96枚)126枚には選ばないんだけど、この曲はロックバーで何度かリクエストした、

I Love You/『BOY』(1996)- Pink Stocking Band

doublefantasy.jpgまだビデオ録画の機械は家になかった高校二年生の12月にみんなテレビで見たライブはレコードになった『アフター・サーヴィス』(1984)は買わずに、ブライアン・イーノがプロデュースした『コンプリート・サーヴィス』(1992)を買ったんだけど、YMO厳選して2枚選んだので見送って、でも、テレビで一番印象に残ったエンディングの、

Technopolis~Rydeen/『Complete Survice』(1992)-Yellow Magic Orchestra

これは当時は売れてないと思うし、僕もよく知らなかったんだけど、「恋に落ちたら」とか、やっぱりアルバム全部いいと思うので(それに、五コくらい下なんだよな)112枚目で、

いろんなことに夢中になったり飽きたり/『「東京」』(1996)-サニーデイ・サービス :Sunny Day Survive

106_15.jpgこれも当時は売れてないと思うし、僕もよく知らなかったんだけど、「幸せ者」とか、やっぱりアルバム全部いいと思うので(それに、同い年なんだ)113枚目で、

BABY BLUE/『空中キャンプ』(1996)-フィッシュマンズ:FISHMANS

最高位は104位だとかで売れてないと思うし、僕もよく知らなかったんだけど、「好きなコはできた」とか、やっぱりアルバム全部いいと思うので(それに、1こ上なんや)114枚目で、

日が暮れても彼女と歩いてた/『とどめをハデにくれ』(1993)-The ピーズ

106_17.jpg93枚目/(96枚)126枚に選んだ『FUJI ROCK FESTIVAL'98』で、とも思ったけど、やっぱり、平成の3曲に選んだ曲だし、115枚目ってことで、

Heart Beat/『77 days』(1998)ーKEMURI

なんの文句もないんだけど、(96枚)126枚はなんとなく見送っちゃおう、この曲は好きなんだけど(2こ下やのに、ごめんな)、

愛し愛されて生きるのさ/『LIFE』(1994)-小沢健二

00年代では『100s』(ひゃくしき)を選ぶと思うから見送っちゃおう、このアルバムは好きなんだけど、

/『金字塔』(1997)-中村一義

また『空洞です』は選ぶと思うけど、116枚目から、

発行体/『3×3×3』1998)-ゆらゆら帝国

q2.png僕は行けなかったけど、映画の字幕監修をやった増田勇一さんが、

ブライアンはアダムのことを「Gift from god」と紹介していましたね。QUEENは彼にチャンスをもたらし、かれはQUEENに新たな可能性をもたらした。本当に素晴らしいことだと思う。

と書いたQUEENの来日、コンサート初日の夜の日記/ロックバーへのロックのリクエスト。
9曲もリクエストしたら他のお客さんが困るかな?

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3323,3324,3325,3326,3327,3328,3329,3330,3331)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3337,3338,3339,3340,3341,3342,3343,3344,3345)

今宵の月のように/『明日に向かって走れ-月夜の歌-』(1997)

111_01.jpgもうさすがに年始って感じじゃないんだけど、松の内の15日になる前にもうひとつのジョン・レノン
これで最後

出来る限りってことだけど
・嘘を書かない
・評価評論をしない
・コマーシャリズムを排除する
っていう制約を守って。

随分時期がずれちゃうんだけど( )がロックバーのジョン・レノン39周忌の98曲。

作曲した曲というより歌った曲、演奏のみのものもってことで、だいたい作曲/編曲・歌/演奏・録音/デモ録音の順番。

111_06.jpg僕は「1980年の復帰劇の気の利いた、センスのいい演出」くらいに思っている「ショーンが生まれて主夫をやっていた5年間」の間に書いたと言われている曲。

87."I Don't Wanna Face It"("Oh My Love")

88."Free As A Bird"("How?")

89."Nobody Told You"("Oh Yoko!" )

90."Real Love"("Out the Blue")

91."Watching The Wheels(『Anthology』)"("Mind Games")

111_03.jpg『「ギターには指一本触れていない」神話』の方を優先したのかも知れないけど、1978年にはブロードウェイ・ミュージカル”The Ballad Of John And Yoko”の計画があったそうで、ミュージカルのプログラム用のエッセイが残っている。
(ジョン・ロバートソン著『The Art & Music Of John Lennon』)

速水丈+奥田祐司訳を参考に訳すとこんな感じ。

僕はすでに一つの家族を、なんだっけ?サージェント・ペパーズだっけ?を「制作」するために「失った」。
僕は今、二度目の機会に恵まれている。
ビートルズの一人でいることであやうく僕の全人生が犠牲にされるところだったし、間違いなく僕の健康は大いに損ねられた。
一度の人生で、同じ失敗を二度やるつもりはない。
たとえこの先、「沈黙」以外、公表するものは全く何も「制作」しなかったとしても、それはそれでいい。


111_05.jpg(ジョン自身が語った)神話だと、ショーンとバミューダで過ごしている時、ディスコB-52'sの”Rock Robster"を聴いたのがきっかけだそうだけど、結構ちゃんとしたレコーディング機材を北大西洋の島に持ちこんでデモ録音した曲。

92".Borrowed Time"("Whatever Gets You Thru the Night")

93."I'm Stepping Out"("#9 Dream" )

94."Beautiful Boy (Darling Boy)"("Stand By Me")

95."I'm Losing You"("I Saw Her Standing There"(w/Elton John)

96."Dear Yoko"("Watching The Wheels")

111_02.jpg2013年3月の終わりに、ロックバーのイベント"The First Cut is The Deepest Vol,1 20130405"の投票があって、曲名、投票者名込みでの例示の通り(習慣かな?字数やフォントも合わせた)、こんなメール投稿。

(Just like)Starting Over/John Lennon 死ぬなんて想像もできなかった現役の最高のミュージシャンの最新ヒット曲が、ちょっと耳年増でバランスを欠いた中学二年生、14歳の頭と心と体に同時に響きました。by He is Me

そんなわけで、1980年8月~9月にスタジオで作って演奏して、録音したと思うこの曲だけ、ロックバーのジョン・レノン39周忌の98曲と同じ。

97."(Just Like) Starting Over"("Woman")

最後はスタジオでのレコーディングの後、カセットテープで家で録音した曲。

98."Glow Old With Me"("(Just Like) Starting Over")

112_02.jpg聴いたのは『ダブル・ファンタジー』(1980)が中学二年生で、『ミルク・アンド・ハニー』(1983)が高校二年生。

2019年10月4日金曜日
吉例:秋のイベント
Baby You've Really Got A Hold on Me


は、400字で何か書いて送るっていうのがあったので、こんなの(エルトン・ジョンのトリビュート二枚と80年代の編集盤と併せてUSBメモリで持ち込んだ)。

Benny And The Jets/Elton John by He is Me

doublefantasy.jpg初めて買った洋楽のアルバムはElton Johnの1974年のベスト盤『Greatest Hits』で1979年、中学一年生。歌詞カードのない輸入盤でB面の2曲目、1曲目の”Rocket Man”の次に”Candle In The Wind”の代わりに”Benny And Jets”が入った、安いほうのアメリカ盤。『初体験』をエルトン・ジョンじゃなくて「14歳の頭と心と体に同時に響いた」John Lennonの”(Just Like)Starting Over”にしたのは死ぬ直前に死ぬなんて想像もせず聴いて歌詞カードもあったからだと思う。中学校から始まった英語が少し分かるようになったからかな?
社会人になって3年目に東京勤務になって経済新聞夕刊の取材記事を読んだ職場の先輩たちといったロックバーで最初にリクエストして、2006年に復活して今も通い続けているロックバーでも最初にリクエストした曲。

(400字)

103_11.jpg日本のロック111枚目/(96枚)126枚は、これも『rockin' on』かな? メンバー全員同じ学年(1966年4月~1967年3月の生まれ)の、エレファントカシマシ

中学二年生や、高校二年生の時にジョン・レノン聴いたかな?

リクエストは、四人囃子プラスチックスの佐々木正英がプロデュースしたアルバムからヒット曲。

2017年の大みそかにテレビで歌った、

今宵の月のように/『明日に向かって走れ-月夜の歌-』(1997)-エレファントカシマシ

満月だったのかな?

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3022)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3336)

笑いっぱなしの島/杓子定規/満月の夕

0106_01.jpg年末年始って言ってもいわゆる松の内の15日まででいいかなって思ってる、もうひとつのジョン・レノン続き

出来る限りってことだけど
・嘘を書かない
・評価評論をしない
・コマーシャリズムを排除する
っていう制約を守って。

随分時期がずれちゃうんだけど( )がロックバーのジョン・レノン39周忌の98曲。

作曲した曲というより歌った曲、演奏のみのものもってことで、だいたい作曲/編曲・歌/演奏・録音/デモ録音の順番。
順番は『ロックン・ロール』のフィル・スペクターがプロデュースでの録音、『Walls And Bridges』の録音、『ロックン・ロール』のセルフ・プロデュースでの録音。

0106_03.jpg71."Rock And Roll People(『Menlove Ave.』)”("Instant Karma! (We All Shine On)")

72. "Here We Go Again(『Menlove Ave.』)”("Mother")

73."Angel Baby(『Menlove Ave.』)”("Hold On")

74."To Know Her Is To Love Her(『Menlove Ave.』)"("I Found Out")

75."Surprise, Surprise(Sweet Bird of Paradox)"("Working Class Hero")

76."Nobody Loves You(When You're Down and Out)"("Isolation")

77."Going Down on Love"("Remember")

0106_02.jpg中学生にも聴いてすぐ分かる、一枚のアルバムに二種類の録音の曲が入った『Rock'n Roll』は廉価版の輸入盤で、僕だけが参加ミュージシャンを知らないんだと思っていたけど、そもそもクレジットがないらしい。

『Walls And Bridges』は日本語の評論家の解説はないけど、歌詞の邦訳、日本発売盤のディスコグラフィー、英語の雑誌評論記事の抜粋、レノンという苗字についての英文の研究書の転載、その日本語訳、子供の頃描いた絵と英語の歌詞とミュージシャンの英文クレジットの豪華なブックレット。僕にとっては理想的。

78."Old Dirt Road"("Love"

79."What You Got"("Look at Me")

80."Medley: Rip It Up / Ready Teddy"("God")

81."Medley: Bring It On Home / Send Me Some Lovin'"("Power to the People")

0106_05.jpg『ロックン・ロール』に参加したミュージシャンは、『アンソロジー』の日本語解説によると(英文の方ではヨーコが書いたスタイルなので「失われた週末(The Lost Weekend)」「男どうしの世界("boys room")」っていう簡単な表現)、1973年は「40人のミュージシャン」:スティーヴ・クロッパーホセ・ファシリアーノレオン・ラッセルバリー・マンジェフ・バリーなど、1974年は「『心の壁、愛の橋』のメンバーを中心にエルトン・ジョンジョニ・ミッチェルなどが協力したと言われている」。

もうちょっと信頼できるThe Beatles Bible(beatlesbible.com)だと”Stand By Me"は、

John Lennon: vocals, acoustic guitar
Jesse Ed Davis, Peter Jameson: electric guitar
Eddie Mottau: acoustic guitar
Ken Ascher: piano
Klaus Voormann: bass guitar
Joseph Temperley, Frank Vicari: saxophone
Dennis Morouse: tenor saxophone
Jim Keltner: drums
Arthur Jenkins: percussion

0106_04.jpg"To Know Her Is To Love Her"は、

John Lennon: vocals, electric guitar
Phil Spector: electric guitar, piano
Jesse Ed Davis, Steve Cropper, Art Munson, William Perry, Louis Shelton, Dale Anderson, Larry Carlton, David Cohen, Jose Feliciano: guitar
Ray Neapolitan, Bob Glaub, Thomas Hensley: bass guitar
Jeff Barry, Andy Thomas, Michael Wofford, Michael Lang, Barry Mann, Michael Melvoin: piano
Mac Rebennack, Michael Omartian, Leon Russell: keyboards
William Perkins, Robert Hardaway: woodwind
Nino Tempo: saxophone, keyboards
Bobby Keys, Jim Horn, Plas Johnson, Ronald Langinger, Donald Menza, Gene Cipriano: saxophone
Anthony Terran, Conte Candoli, Chuck Findley: trumpet
Julian Matlock: clarinet
Joseph Kelson: horn
Jim Keltner, Hal Blaine, Frank Capp, Jim Gordon: drums
Gary Coleman, Alan Estes, Steven Forman, Terry Gibbs: percussion

となっていて(ドラムとベースが三人ずつとかで、多重録音はせずに録る『All Things Must Pass』のようなやり方)、ジェシ・エド・デイヴィスジム・ケルトナーは、どちらにも参加したようだ。

0106_08.jpg82."Peggy Sue"("Happy Xmas (War Is Over)")

83."Ya Ya"("Woman Is the Nigger of the World")

84."Lucy In The Sky With Diamond(w/Elton John)"("Imagine")

85. "Fame"(w/David Bowie)"("Jealous Guy" )

86."Imagine(TV Show"Salute To Sir Lew Grade")("Gimme Some Truth")

僕が選ぶ日本のロック(96枚)126枚は、106枚目から。
90年代
ラブ・サイケデリコは2001年なのに選んじゃったから、1枚80年代に戻って。

高知でMさんに「雑誌とか読む?」と訊かれて、『rockin'on』『レコード・コレクターズ』をたまに立ち読み、と応えた。

109_01.jpg『rockin’on』でよく取り上げられてた印象が強いのが、ニューエスト・モデル
学校を卒業して働き始めた頃。
男性向けファッション雑誌はたまに買ったかもしれないけど、ロック雑誌は全然買わなかった。

106枚目は、80年代だけど、ローザ・ルクセンブルクなんかと一緒に取り上げられることも多かったかな?

笑いっぱなしの島/『スプーニー・セルフィッシュ・アニマルズ』(1989)ーメスカリンドライブ

107枚目は、買わなかったけど、これだけはなんでかよく知っていた、

杓子定木/『クロスブリード・パーク』(1990)-ニューエスト・モデル

108枚目、109枚目は、ロックバーでよくかかった、満月の夕

満月の夕/『1995』(1995)-ヒートウェイブ

2歳から小学校3年生の途中まで住んだ宝塚、3年生から大学を卒業するまで住んだ神戸に来た大きな大きな地震

満月の夕 <96 FROZEN BRASS VERSION>/『エレクトロ・アジール・バップ』(1996)-ソウル・フラワー・ユニオン

0106_07.jpg110枚目は、ソウル・フラワー・ユニオンじゃなくて、『ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル 2016 トリビュート 』にしようかな?

失くしちゃったMUSIC MAGAZINE『特集 50年の邦楽アルバム・ベスト100』で選ばれた日本のミュージシャンもたくさん参加しているので。

01. the 原爆オナニーズ / オモチャの兵隊 (1986年ソノシート『オモチャの兵隊』Newest Model )
02. BRAHMAN / ソーシャル・サーヴィス (1988年アルバム『Pretty Radiation』Newest Model)
03. 大森靖子 / ソウル・サバイバーの逆襲 (1989年シングル『ソウル・サバイバーの逆襲』Newest Model)
04. MONGOL800 / 海行かば 山行かば 踊るかばね (1996年アルバム『Electro Asyl-Bop』Soul Flower Union)
05. フラワーカンパニーズ / そら〜この空はあの空につながっている (2003年アルバム『Shalom! Salaam!』Soul Flower Union)
06. 二階堂和美 / 満月の夕(ゆうべ)(1995年シングル『満月の夕(ゆうべ)』Soul Flower Union)
07. 岸田繁(くるり) / 潮の路 (1998年アルバム『Lost Homeland』Soulcialist Escape)

08. チャラン・ポ・ランタン / 風の市 (1998年シングル『Each Little Thing』Soul Flower Union)
09. 怒髪天 / エンプティ・ノーション (1988年アルバム『Pretty Radiation』Newest Model)
10. スピッツ / 爆弾じかけ (1986年カセット・テープ『爆弾じかけ』Newest Model』)
11. 曽我部恵一 / 秋の夜長 (1990年シングル『雑種天国』Newest Model)
12. 中田裕二 / 青天井のクラウン (1999年シングル『青天井のクラウン』Soul Flower Union)
13. 仲井戸麗市 / 最前線ララバイ (2005年アルバム『Lorosae Mon Amour』Soul Flower Union)
14. 七尾旅人 / 寝顔を見せて (2007年シングル『寝顔を見せて』Soul Flower Union)

でも、これは2016年なんで、ちょっといくらなんでも飛び過ぎかな?
(96枚)126枚ということなら、共演した喜納昌吉&チャンプルーズボ・ガンボス佐野元春のプロデュースっていうのもある。
少年ナイフ鮎川誠きんたミーノジョニー吉長・・・ちょっときりがない。

110枚目からも、満月の夕二階堂和美

高知でも結構揺れて、その日は朝からずっとテレビを見て、まだ携帯電話はなくて、あちこちに繋がったり繋がらなかったりの電話。
あっという間にお昼になって、その日は仕事を休んだ。
夜になって、見上げたら、・・・月がどんなだったかは覚えていない。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3317,3318,3019,3020,3021)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3331,3332,3333,3334,3335)

Swallowtail Butterfly(1996)/Grateful Days/ここでキスして。(1999)/LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜(2001)

0102_01.jpg特に天文学的な意味はないっていうことだけで、それではどんな意味があるのかはよく知らない元日、1月1日からもう1週間。
お正月3が日っていう言い方だと年始は終わりだけど、いわゆる松の内だと15日まで。
普通のサラリーマンにとってはまだ年初のお休みなんで、年末か年始にって書いた、もうひとつのジョン・レノン続き

The Beatles時代に『ANTHOLOGY』から選んだように、どうしても落とせない曲でいい演奏や歌が録音されているものは『ANTHOLOGY』から。出来るだけ作曲、演奏、録音の順で。

0102_06.jpg出来る限りってことだけど
・嘘を書かない
・評価評論をしない
・コマーシャリズムを排除する
っていう制約を守って。

随分時期がずれちゃうんだけど( )がロックバーのジョン・レノン39周忌の98曲。

ビートルズの終わりではなくて、アルバムの締めくくり、「結局、あなたが得る愛は、あなたが与える愛に等しい」っていう哲学的な歌詞の一節”’In the end,・・”からタイトルにしたとも言える、ビートルズの最後のバンド演奏、”The End"よりも作曲・演奏・録音は前の”Give Peace a Chance”、解散発表前のアビーロード録音直後に作り始めた”Cold Turckey”から。

0102_09.jpg『ジョンの魂』はほとんどロックバーのジョン・レノン39周忌の98曲に入ってるんだけど、「マザー」と「ゴッド」はやっぱり選びたいんで、『アンソロジー』収録の方。

ニッキー・ホプキンスビリー・プレストンのピアノがなくて、「ビートルズを信じない」の後のタメがない、ギター、ベース、ドラムスの"God"は、時々こっちの方がって思うこともあるかな。

0102_08.jpg50."Give Peace a Chance(『Live Peace in Tronto』)"("All You Need Is Love")

51."Cold Turkey(『Live Peace in Tronto』)"("Dear Prudence" )

52."Mother(E.Guiter Version)"("Happiness Is a Warm Gun")

53."Hold On(Boogie)"("I'm So Tired")

54."Love(A.Guitar Version)"("Julia")

55."God(Guitar Version)"("Yer Blues")

56."Imagine(take1)"("Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey")

0102_10.jpg「ジェラス・ガイ」は「チャイルド・オブ・ネイチャー」っていうタイトルで『ホワイト・アルバム』の頃に作り始めたそうだけど、『イマジン』のここで。
口笛を入れる前のハミング・バージョン。

57."Jealous Guy(Humming Version)"("Sexy Sadie")

58."Crippled Inside" ("Revolution 1")

59."I Don't Want to Be a Soldier"("Glass Onion")

60."It's So Hard"("The Continuing Story of Bungalow Bill")

61."How Do You Sleep?" ("Cry Baby Cry")

62."God Save Oz(demo)"("Hey Bulldog" )

63."Happy Xmas (War Is Over)(rough mix)"("The Ballad of John and Yoko")

0102_07.jpg即興っぽく聞こえた「コールド・ターキー」がアレンジを変えて26回も録り直しをしたんだとか(エリック・クラプトンは何回弾いたんだろう?)、ビートルズ時代はスライド・ギターを弾いていなかったジョージ・ハリスンザッパ・スクールの前かな?湖の煙より後かな?上手いとは思わなかったフランク・ザッパ、「あいすません」のソロも「マインド・ゲームス」のリフもすごくいいデヴィッド・スピザノっていうギタリストの変遷も面白いと思う。

0102_03.jpg64."New York City"("Come Together")

65.”The Luck of the Irish("Because")

66."John Sinclair"("Don't Let Me Down")

67."Well (Baby Please Don't Go)"("Dig a Pony")

68."Aisumasen (I'm Sorry)"("Across the Universe")

69.”One Day (At a Time)”("Give Peace a Chance")

70." I Know (I Know)"("Cold Turkey")

0102_05.jpg1995年の10月から2000年の1月までは、同じ住居から同じ職場に通っていた。
29歳から33歳。
1996年には1ヶ月弱入院したり、1999年にはロックバー、Common Stockが閉店したりっていうこともあった。

職場では、去年から急に使われなくなったグローバル化っていう言葉とは別の使い方だった、グルーバル・スタンダード(世界標準)っていうことがよく言われていたと思う。
2000年1月に貰った手紙には、「個性」、「共感性」、「計画的に」、「逃げない」、「自己変革」ってことが書かれていた。

0102_04.jpg僕が選ぶ日本のロック102枚目、103枚目、104枚目、105枚目/(96枚)126枚は、相変わらず年代が前後しちゃうんだけど、この頃の。

リクエストは、いずれもシングルヒット

Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」/『MONTAGE』(1996)-YEN TOWN BAND

Grateful Days/『Viva La Revolution』(1999)-Dragon Ash

ここでキスして。『無罪モラトリアム』(1999)椎名林檎

LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜/『THE GREATEST HITS』(2001)/LOVE PSYCHEDELICO

あ、ラブ サイケデリコ2001年だな。
まあ、住居は変わらず、前の職場に顔を出すことも多かったってことで。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3313,3314,3015,3016)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3327,3328,3329,3330)

働く男(1990)/アジアの純真(1996)

101_01.jpg新年が明けたんだけど今年もロックバーへのロックのリクエスト/日記は続けるつもりで、出来る限りってことだけど
・嘘を書かない
・評価評論をしない
・コマーシャリズムを排除する
っていう制約もそのまま。

もうひとつのジョン・レノンをやると書いたので、嘘を書かないというという制約に則って、続き

( )がロックバーのジョン・レノン39周忌の96曲。あ、間違いだ。98曲。

101_02.jpg発売順じゃなくて、厳密ではないけれど、だいたい作って演奏して録音した順番。
ジョンが作った曲というより、ジョンが歌った曲なんでカバーが多くなるけど、ポールがリード・ヴォーカルでも印象的なフレーズを歌ったりしたのも。

22."Baby's in Black"("Eight Days a Week")

23."I Don't Want to Spoil the Party"(”Every Little Thing")

24.”Bad Boy”(”I Feel Fine”)

25."To Know Her Is To Love Her(『At The BBC』)"(”Yes It Is”)

26."Dizzy Miss Lizzy" ("Help!")

27.”You've Got to Hide Your Love Away(take5)"("You've Got to Hide Your Love Away")

28."We Can Work It Out"("You're Going to Lose That Girl")

101_03.jpgロックバーのジョン・レノン39周忌の98曲はどれも落とせない曲ばかりなんだけど、『Some Time In New York City』、『Walls And Bridges』、『Rock'n Roll』からの選曲は極端に少なくて『Milk And Honey』からは選んでいないので、もうひとつのジョン・レノンでは、その辺りを多めに。そうすると、ビートルズ時代のはちょっと端折らなきゃならなくなるんだけど。
評価・評論はしないって言っても、選ぶっていうのは評価・評論かな。

29."Day Tripper" ("Ticket to Ride")

30."Norwegian Wood (This Bird Has Flown)(1st Best)"("It's Only Love" )

31."Tomorrow Never Knows(take1)"("Norwegian Wood (This Bird Has Flown)")

32."I'm Only Sleeping(take1)"("Nowhere Man")

101_04.jpg33."Strawberry Fields Forever(take7/edit piecetake1)"("Rain")

34."She's Leaving Home"("The Word")

35."You Know My Name(Look Up The Number)"("Girl")

発売という事なら、解散(1970年4月)の直前、最後のシングル盤になった”Let It Be"のB面だから、何百万人もの人が最後に聴いた現役のThe Beatlesの曲を35曲目/98曲に持ってくるのはおかしいようだけど、商業的な要素のない日記/ロックバーへのロックのリクエストだから、まあ、コマーシャリズムは排除ってことで。

101_05.jpeg36.”Across The Universe”(『Naked』)("In My Life")

37."What's The New Mary Jane"("Run for Your Life")

38."Revolution"("And Your Bird Can Sing")

39."Revolution 9"("I'm Only Sleeping")

40."Yer Blues(『Rock'n Roll Circus』)("She Said She Said")

41."I've Got A Feeling(『Naked』)"("Doctor Robert")

42."Dig A PonyDon't Let Me Down(『Naked』)"("Tomorrow Never Knows“)

101_07.jpg『The Beatles Anthology』や『Let It Be...Naked』は加工っていうより削ぎ落した感じだけど編集はしているので厳密には録音順でもないかな?
ポールがリード・ヴォーカルでも印象的なフレーズを歌ったりしたのに加えて、歌っていないけどいいギターソロの"For You blue"や"The End"も。

作曲・録音・発表も"Give Peace a Chance"が先なんだけど"Give Peace a Chance"は後でライブ盤を選ぶとして、The Beatles名義の分まで。

101_06.jpeg43. "One After 909For You Blue"("Lucy in the Sky with Diamonds")

44."I Want You (She's So Heavy)"("Being for the Benefit of Mr. Kite!")

45."Come Together(take1)"("Good Morning Good Morning")

46."Sun King"("A Day in the Life" )

47."Mean Mr. Mustard"("I Am the Walrus")

48."Polythene Pam"("Strawberry Fields Forever")

49."The End"("Baby, You're a Rich Man")

101_08.jpg高知は1年間という契約(けいやく)で東京に戻ることになって家族寮っていう言い方もした社宅に入った。

高知には最初車に布団と枕と少しの衣類とラジカセとノートパソコンだけ積んで行ったのだけど、少し遅れてステレオや家具も運んで、1カ月遅れで妻と娘がやって来た

出る時は、娘がジャケットをかじったエルトン・ジョンの『Rare Masters』(1992)とか、Cさんが一番好きだと言ったマーヴィン・ゲイの『What's Going On』とか、かけると娘が喜んだ"Highway Star"とか"Rock'n Roll"とか、みんな一緒。

日本のロック100枚目、101枚目/96枚(126枚)は、相変わらず時代が前後するんだけど、みんな好きだったアルバム。
リクエストは、ヒット曲。

アジアの純真/『amiyumi』(1996)-PUFFY

作詞は井上陽水

働く男/『ケダモノの嵐』(1990)-UNICORN

作詞は奥田民生

もう1曲。

働く男(2006)/PUFFY

仕事♪出来る♪♪男♪♪♪それが♪♪♪♪彼女の好み♪♪

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3310,3311,3012)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3324,3325,3326)