upset the apple-cartに行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS In The Aisle(2013)/To the Aisle(1957)

<<   作成日時 : 2017/07/02 03:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像20170707 Friday =10th Anniversary
Songs From And To Upset The Apple-Cart
この店で、僕が聴かされた曲、僕が聴かせた曲

の締め切りは、7月5日水曜日。

『カバーと元歌』、1985年頃発売になった日本盤の『The Soundtrack of American Graffiti』(1973)を、レコード店やレコード制作もやっている長門芳郎さんの解説、ちょっと蛇足の僕の注釈付きは、「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」からのしりとりかな?

Sideー3
5.トゥ・ジ・アイル・・・ファイヴ・サテンズ

「イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト」で知られる黒人5人組コーラス・グループ、ファイヴ・サテンズが1957年に出したヒット曲。
全米25位が最高位。
「イン・ザ・スティル・・・・」ではフレッド・パリスがリード・ヴォーカルだったが、この曲の頃はフレッドの後任、ビル・ベイカーがリード・ヴォーカルだった。
(長門 芳郎)

画像


(注1)DJとリスナーの男の子との電話の会話が入ってる。

DJ:こんにちは!
少年:ちわ。
DJ:いくつだい?
少年:13才だよ。あんたはいくつ?
DJ:おれはまだ14才だよ。
少年:おいおい。愛してるぜ、狼男さん。

画像


(注2)声変わりしていない女の子みたいな声なので、僕はずっと女の子だと思っていた。

DJ:こんにちは!
少女:ども。
DJ:いくつだい?
少女:13才よ。あなたはいくつ?
DJ:おれはまだ14才だよ。
少女:まあ、坊や。愛してるわ、狼男さん。

画像


リクエストは、
最初♪ 男の子と女の子が出会った♪ それから二人は♪ 座って、しばらく喋った♪ 心の中で、君は彼女に恋人になってほしい♪ 一歩一歩と、教会の中央路に近づいてく♪
って歌。

画像The knot(縁、かな?)というwedding plannerのサイトで見つけた「花嫁がくる!教会の中央路を歩くときの80の歌」、選曲は企業でやっているんだと思うけど、Christin Perryの紹介文を。
ミュージシャンのクリスティーナ・ペリーかな?女性であるのは間違いないと思うから、ちょっとそんな感じで下手くそな日本語訳も。

Lyrics You’ll Love: きっと気に入ると思う歌詞の引用は、著作権に問題があるかもしれないので省略。
(もちろん費用に含まれるのだろうけど、企業から楽曲の使用料は支払われているんだと思う)

<教会の中央路を歩くときの楽しい曲>

もし、あなたたちが全ての部屋の電気をつけて人生を最大限に生きるっていうカップルなら、教会の中央路を歩くとき、楽しい曲を選ぶのが最善の策かも。
遊び心のある選曲は、あなたたちの式を明るくて幸せに保ちます。
そして来賓の皆さんを笑顔にするでしょう。

“Chapel of Love,” by The Dixie Cups
From the album: Chapel of Love, 1964

“Love Someone,” by Jason Mraz
From the album: Yes!, 2014

“Single Ladies (Put a Ring on It),” by Beyoncé;
From the album: Beyoncé, 2009

Here Comes the Sun,” by The Beatles
From the album: Abbey Road, 1969

God Only Knows,” by The Beach Boys
From the album: Pet Sounds, 1966

“Marry You,” by Bruno Mars
From the album: Doo-Wops & Hooligans, 2010

“Marry Me,” by Train
From the album: Save Me, San Francisco, 2009

“Love,” by Matt White
From the album: Best Days, 2007

“Better Together,” by Jack Johnson
From the album: In Between Dreams, 2005

画像<教会の中央路を歩くときのカントリー・ソング>

もし、あなたたちが、真面目なカントリー・ミュージックの愛好者なら、カントリー・ソングが教会の中央路を歩くときの素晴らしい歌かも。
センチメンタルな(感傷的すぎるってことはないわよ!)歌詞は、教会の中央路を歩くときにぴったりかも。

“God Gave Me You,” by Blake Shelton
From the album: Red River Blue, 2011

“Love of My Life,” by Sammy Kershaw
From the album: 20th Century Masters – The Millennium Collection, 2003

“My Best Friend,” by Tim McGraw
From the album: A Place in the Sun, 1999

“Cowboy Take Me Away,” by The Dixie Chicks
From the album: Fly, 1999

“Me and You,” by Kenny Chesney
From the album: Greatest Hits, 2000

Grow Old with Me,” by Mary Chapin Carpenter
From the album: Party Doll and Other Favorites, 1999

“From This Moment On,” by Shania Twain feat. Bryan White
From the album: Come on Over, 1997

“Bless the Broken Road,” by Rascal Flatts
From the album: Feels Like Today, 2004

To Make You Feel My Love,” performed by Garth Brooks
From the album: Hope Floats Soundtrack, 1998

“Love Like Crazy,” by Lee Brice
From the album: Love Like Crazy, 2010

画像<教会の中央路を歩くときの最高の曲>

中央路を歩いている間に、みんなにティッシュを手渡したい?時代を超越した古典はどうでしょう。
私たちに乾いた目がないってことを保証します。
教会の中央路を歩くときの最高の曲は、よく知られており、愛されていますが、とっても優しくって親しみやすいものです。

What a Wonderful World,” by Louis Armstrong
From the album: Louis Armstrong’s All-Time Greatest Hits, 1990

Over the Rainbow,” by Israel Kamakawiwo‘Ole
From the album: Alone in IZ World, 2001

“When You Say You Love Me,” by Josh Groban
From the album: Closer, 2003

“Make You Feel My Love,” performed by Adele
From the album: 19, 2008

“Turning Page,” by Sleeping at Last
From the album: Twilight: Breaking Dawn, Pt. 1 Soundtrack, 2011

“You Are the Best Thing,” by Ray LaMontagne
From the album: Gossip in the Grain, 2009

“A Thousand Years,” by Christina Perri
From the album: The Twilight Saga: Breaking Dawn, Pt. 1, 2011

“Photograph,” by Ed Sheeran
From the album: x, 2014

Hallelujah,” by Pentatonix
From the album: A Pentatonix Christmas, 2016

“Thinking Out Loud,” by Ed Sheeran
From the album: x, 2014

画像


<教会の中央路を歩くときの伝統的でない曲>

もし、あななたちがふたりとも典型的な結婚式は嫌、結婚式の曲なんてっていう場合は、伝統的でない曲を選んで、結婚式の歌を変えちゃうことを考えてみて。
実際、これらの歌詞のいくつかは、ちょっとおかしいわ!でも、これらの曲は、ちゃんと考えなきゃっていう本当に素晴らしい曲なんです。

“Flightless Bird, American Mouth,” by Iron & Wine
From the album: The Shepherd’s Dog, 2007

“Skinny Love,” by Bon Iver
From the album: For Emma, Forever Ago, 2007

“Everything Has Changed,” by Taylor Swift feat. Ed Sheeran
From the album: Red, 2012

“Reign of Love,” by Coldplay
From the album: This is Where I Leave You Soundtrack, 2014

“Marry That Girl,” by Dirty Magic Cards
From the album: Marry That Girl – Single, 2015

The Book of Love,” by The Magnetic Fields
From the album: x, 2014

“One Love,” by Bob Marley
From the album: Marley (The Original Soundtrack), 2012

“Oh,” by Dave Matthews
From the album: Some Devil, 2003

“Dreamgirl,” by Dave Matthews
From the album: Stand Up, 2005

“5 Years’ Time,” by Noah & The Whale
From the album: Peaceful, The World Lays Me Down, 2008

画像<教会の中央路を歩くときの古典、歌のない演奏曲>

もし、あなたたちが物語から本当にきちんと鏡のように写し取りたいなら、古典であろうとなかろうと、歌のない演奏曲を外して教会の中央路を歩くことはできません。
これらの美しい作品は、あらゆる結婚式のための完璧なキャンバスであり、式を徐々に盛り上げ、完全に作り上げるには欠かせないものです。

“Clair de Lune,” by Claude Debussy
From the album: Clair de Lune – Single, 2014

“Begin Again,” by The Piano Guys (Taylor Swift cover)
From the album: The Piano Guys 2, 2013

“Trumpet Voluntary,” by Jeremiah Clarke
From the album: The Ultimate Classical Music Collection, 2005

Somebody to Love,” by Vitamin String Quartet
From the album: Vitamin String Quartet Performs Queen, 2004

“Hymn to Hope,” by Secret Garden
From the album: Songs from a Secret Garden, 1995

“Water Music Suite: Air,” by Handel
From the album: The Ultimate Classical Music Collection, 2005

“Canon in D,” by Pachelbel, performed by Jean-Francois Paillard
From the album: The Most Relaxing Classical Music in the Universe, 2003

“Appalachia Waltz,” by Edgar Meyer and Yo-Yo-Ma
From the album: Appalachia Waltz, 1996

“Forrest Gump Theme,” by Alan Silvestri
From the album: Forrest Gump Soundtrack, 1994

Can’t Help Falling in Love,” by The Piano Guys (Elvis cover)
From the album: Can’t Help Falling in Love – Single, 2012

画像


<教会の中央路を歩くときのR&B>

私たちは現在、ビヨンセのようなアーティストによるR&Bソングに夢中です。
または通路を歩くためのジョン・レジェンド。
彼らは、あなたたちを教会の中央路に連れて行くために、心のこもった気持ちの良い曲を完璧に提供してくれます。
R&Bソングのリストをチェックして、あなたの完璧な曲を教えてください。

“Here and Now,” by Luther Vandross
From the album: The Essential Luther Vandross, 2003

“Happy,” by Pharell Williams
From the album: G I R L, 2014

“Giving Myself,” by Jennifer Hudson
From the album: Jennifer Hudson, 2008

“Halo,” by Beyoncé
From the album: I Am…Sasha Fierce, 2008

“I Gotta Be,” by Jagged Edge
From the album: The Hits, 2006

“Suddenly,” by Billy Ocean
From the album: Suddenly, 2011

“All My Life,” by K-Ci & JoJo
From the album: All My Life/Tell Me It’s Real – Single, 2001

“All of Me,” by John Legend
From the album: Love in the Future, 2013

“Let’s Get Married,” by Jagged Edge
From the album: The Hits, 2006

“I Can’t Help Myself,” by The Four Tops
From the album: Four Tops Second Album 1965

“Spend My Life with You,” by Eric Benét
From the album: A Day in the Life 1999

画像<教会の中央路を歩くときのキリスト教曲/ゴスペル>

あなたたちの信仰とお互いへの献身は、教会の中央路を歩くときのキリスト教曲と調和します。
これらの選曲の多くは美しく、ロマンチックですが、みなさんのキリスト教徒としての基盤にもうなずきます。

“Bread and Wine,” by Josh Garrels
From the album: Love & War & The Sea in Between, 2011

“The Wedding Song (There is Love),” by Noel Paul Stookey
From the album: The Very Best of Peter, Paul, and Mary, 1969

“This Song,” by BeBe Winans
From the album: BeBe Winans, 1997

“In a Moment,” by Rebecca St. James
From the album: I Will Praise You, 2011

“Order My Steps,” by Brooklyn Tabernacle Choir
From the album: Favorite Song of All, 1996

“Ave Maria,” by Céline Dion
From the album: These Are Special Times, 1992

“Like Jesus Does,” by Eric Church
From the album: Chief, 2011

“Oceans,” by Hillsong United
From the album: Zion, 2013

“Heaven’s Knife,” by Josh Garrels
From the album: Home, 2015

“I Found You,” by BeBe and CeCe Winans
From the album: Still, 2009

画像<教会の中央路を歩くときの素敵な曲>

あなたたちは友だちに羨まれる、気持のいい、付き合いやすいカップルですか?
もしそうなら、教会の中央路を歩くときの素敵な曲は、頭の中にありますよね。
楽しい、軽い、素敵、そして幸せ ・・・ いったい誰がもっと他の何かを求めます?

“Crazy Love,” by Van Morrison
From the album: Moondance, 1970

Your Song,” by Elton John
From the album: Elton John, 1970

“Isn’t She Lovely,” by Stevie Wonder
From the album: Songs in the Key of Life, 1976

“How Sweet It Is,” by James Taylor
From the album: Greatest Hits Vol. 1, 1976

“Come Away with Me,” by Norah Jones
From the album: Come Away with Me, 2002

“Lucky,” by Jason Mraz feat. Colbie Caillat
From the album: We Sing. We Dance. We Steal Things, 2008

“Heartbeats,” by José González
From the album: Veneer, 2005

“Sweet Child O’ Mine,” by Guns N’ Roses
From the album: Appetite for Destruction, 1987

“Somewhere Only We Know,” by Lily Allen
From the album: Sheezus, 2014

Can’t Help Falling in Love,” by Ingrid Michaelson
From the album: Wanting for Love’s Unhinged Acceptance, 2008

やっぱり、ちょっとこの中からだと多すぎて選べないので、”Aisle”で。

In The Aisle(2013)/Violent Soho

元歌は、

To the Aisle(1957)/Five Satins ・・・・じゃないかな?

Naked Bike Ride のチラシを配るおっちゃんは、靴を履いてヘルメットを被って、十字架のペンダントはしているんだけど。

画像


upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(2556,2557)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(2570,2571)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
"Get A Job"から"Ob-La-Di, Ob-La-Da"に振っといて、"To The Aisle"で待ち受けるなんて。。。
普通、思いつかない。
唖然
2017/07/11 22:12
>唖然さん
"Ob-La-Di, Ob-La-Da"に出て来る"20 carat golden ring"は「20金の指輪」は何とか買えそうですが、日本語の歌に出て来るのは「20カラットのダイヤモンド」でこれは2億円くらいだそうです。
友人の結婚式で演奏したのですが、ボーカルの新郎は英語で歌いました。
コメントありがとうございます。
遅レスご容赦です。
He is Me
2017/07/16 19:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
In The Aisle(2013)/To the Aisle(1957) upset the apple-cartに行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる