アクセスカウンタ

upset the apple-cartに行こう

プロフィール

ブログ名
upset the apple-cartに行こう
ブログ紹介
このブログは、1999年になくなってしまったロック・バー Common Stockへの感謝を込めて、また、コモンストックあるいは「の・ようなもの」の復活を願って、僕が、手前勝手に、僕自身と、ロックについて語るページとして2007年3月に書き始めたものです。

ロック・バー Common Stock (コモンストック)は、
1991年3月11日に始まって、大音量でロックを流し続け、
1999年2月28日に閉店になり、ロック・バーとしては終わりました。

僕は、
1989年に大学を卒業してサラリーマンとして働き始め、
1992年に結婚して、
94年と97年に子供が生まれました。
子供のころはFMラジオで、
中学生からは廉価盤の輸入レコードで、
大学生の途中からはCDでも、
コモンストックがあった時はコモンストックで、
最近はiPodで、ロックを聴いています。
(2007.3.11記)

2007年7月7日、
upset the apple-cart と名前を変えて「最後のロック・バー」は復活しました。
upset the apple-cart は最強のロック・バーです。
(2007.7.17記)

アプセット・ジ・アップルカートは、「最後の最後のロック・バー」だそうです。
(2008.2.28新聞記事より)

「轟音で客をもてなす稀代のロックバー
日常が吹き飛ぶ快感が新宿で待っている」
(『大人のロック!』2007.Autumn Vol.12 「東京ロック酒場」)

「モダンとノスタルジーが交差するこだわりの店内」
(『東京ロック地図』:2009年3月)

「新宿にしかロックはない−ロック・バーを辞めないと決めた男の2度目の挑戦」
(和田静香著『東京ロックバー物語』:2015年4月)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
U2(1987)(1988)(2006)
U2(1987)(1988)(2006) 55枚目/108枚のタイトル『Appetite For Distraction』というのは、「破壊に対する欲求」っていうような意味だと思うけど、appetiteは一般的には食欲。経済学、特に行動経済学でもよく使われる言葉。 万人に共通した、人間が本来的に持つ、押さえられない根源的な欲求というような感じで、risk appetite=リスク選好っていう用語もあるし、社会学者・動物行動学者のリチャード・ドーキンスにも『An Appetite For Wonder』という著作がある。 198... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 18:00
GUNS 'N ROSES(1987)(1991)(1998)(2010)
GUNS 'N ROSES(1987)(1991)(1998)(2010) 54枚目/108枚のタイトル『The Queen Is Dead』というのは、ジョン・ライドンの”Rock Is Dead”から10年、という節目の年に対する意欲や、広告宣伝の要素も多分にあったようだけど、『Margaret on the Guillotine』というのもアルバム・タイトルの候補だったらしい。 (Johnny Rogan, 1994. The Smiths: The Visual Documentary. London: Omnibus Press.marguerite) ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/18 22:45
The Smiths('86)('95)('96)('11)('12)
The Smiths('86)('95)('96)('11)('12) 54枚目/108枚も、52枚目/108枚のピーター・ガブリエル、53枚目/108枚のビリー・ジョエルと同じ、1986年、僕が大学二年生の時のアルバムだけど、飛ばしてしまった1985年、高校を卒業して大学に入学した年、18歳から19歳の頃、大学生に一番人気があったのは、R.E.M.とThe Smithsだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 00:48
Billy Joel(1971-1986)/'87/'97/'04/'08/'14
Billy Joel(1971-1986)/'87/'97/'04/'08/'14 53枚目/108枚のビリー・ジョエルの初めてのベストアルバムは買わなくて、今家にあるのは職場の先輩が引っ越しでレコード・プレイヤーを処分するからと、くれたやつ。 買わなかったのは、ほとんどの曲を持っていたから。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/02/05 03:12
Sledgehammer/『So』(1986)
Sledgehammer/『So』(1986) 52枚目/108枚は1986年、大学二年生の時のアルバムだけど、51枚目/108枚のレナード・コーエンが1984年、高校三年生だから、1985年、大学一年生が飛んでしまった。 1985年にいいアルバムが発売にならなかったわけでもないし、その年に全然聴かなかったわけでもない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/03 22:29
Hallelujah(1984)(1991)(2009)(2016)
Hallelujah(1984)(1991)(2009)(2016) 51枚目/108枚は、1983年と間違って記録していたので発表年順の50枚目/108枚のポリスと前後しちゃった49枚目/108枚のスタイル・カウンシルと同じ、1984年、高校三年生。 とはいっても聴いたのは、もっとずっと後の1991年か1992年か1993年だと思う。 1966年生まれの僕の4つ年下、1970年生まれの義弟が東京で大学生をやっていて、僕が東京で勤務していた頃、同い年の1966年生まれのミュージシャン、ジェフ・バクリーがアルバム・デビューする1994年より前だから、1991年か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 01:20
The Police(1978-1983)/Human Nature/Time After Time
The Police(1978-1983)/Human Nature/Time After Time 二つ年下のロックバーのお客さん、M原くんの初体験が1982年の Town Called Malice/『The Gift』(1982)−The Jam で、二つ年上の僕の初体験が同じ1982年の45枚目/108枚に入っている、 (Just Like)Starting Over/『John Lennon Collection』(1982)−John Lennon であると、少々焦るのだけど、”(Just Like)Starting Over”は1980年、中学二年生ということで、何とか面目... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/22 03:14
The Jam(1977-1982)/Style Council(1984)
The Jam(1977-1982)/Style Council(1984) 49枚目/108枚は、1984年、1966年生まれの僕が高校三年生の時の発売なんだけど(日記では間違えて1983年としている)、買ったのは大学生になってからで、高校生の時に持っていたのは、ジャムの『All Mod Cons』(1978)一枚だけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 14:30
She Bop'83/What's Going On'86/Just Your Fool'10
She Bop'83/What's Going On'86/Just Your Fool'10 47枚目/108枚は世界で一番売れたアルバムだそうで、そうすると、最も白人女性に人気があった黒人男性ミュージシャンってことになるのかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/18 00:42
Behind The Mask/Beat It ('82)('99)('05)('08)
Behind The Mask/Beat It ('82)('99)('05)('08) 25枚目/108枚のピンク・フロイドの『The Dark Side of the Moon』(1973)がロックで一番たくさん売れたアルバムってリクエストしたんだけど、間違いで、一番たくさん売れたのは47枚目/108枚のマイケル・ジャクソンの『Thriller』(1982)だそうだ。 3位、または2位とも言われるAC/DCの『Back In Black』(1980)もそうなんだけど、こういうのはちょっと感覚だとよく分からない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 01:26
Africa/TOTO(1982)/スラバヤ通りの妹へ/Yuming(1981)
Africa/TOTO(1982)/スラバヤ通りの妹へ/Yuming(1981) 46枚目/108枚は、キャリアを積んだスタジオ・ミュージシャン、シンガーのバックバンドが中心となって結成されたバンドってことでは、30枚目/108枚のレッド・ツェッペリン、42枚目/108枚のイーグルスと同じような起こりのTOTO(トト)。 32枚目/108枚のボズ・スキャッグスのレコード制作に参加した、デヴィッド・ペイチ(キーボード、作曲)、デヴィッド・ハンゲイト(ベース)、ジェフ・ポーカロ( ドラムス、パーカッション)に兄弟や、高校の後輩、いくつかのバンドを渡り歩いたシンガーで結成されたバ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 01:33
John Lennon Collection(1982)/Instant Karma !(2007)
John Lennon Collection(1982)/Instant Karma !(2007) 45枚目/108枚は、43枚目、44枚目の次の年、1982年11月、高校一年生の秋、11月は冬かな?の発売なんだけど、買わなかったアルバム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 23:03
Popcorn(1972)/Computer Love(1981)/Talk(2005)
Popcorn(1972)/Computer Love(1981)/Talk(2005) 43枚目/108枚に選んだクイーンが今回のサンキュウポスターだったっていう、2017年に亡くなった人たちのRest In Peace In 2017は残念ながら欠席。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 22:38
Queen('73-'81)('58)('85)('86)
Queen('73-'81)('58)('85)('86) 43枚目/108枚は、29枚枚目/108枚、37枚目/108枚と同じように、そのあと何枚も出ているんだけど、クイーンの「最初の」ベスト盤。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 00:05
Eagles('72)('73)('79)('80)('81)('91)('07)
Eagles('72)('73)('79)('80)('81)('91)('07) 42枚目/108枚は、1981年、中学2年生の冬休みから中学3年生ということでリストに載せたのだけど、実際はアメリカでのリリースが1980年11月7日、僕が持ってる日本盤が1980年12月21日の発売のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 13:43
Talking Heads('77)('78)('79)('80s)('02)('11)('12)
Talking Heads('77)('78)('79)('80s)('02)('11)('12) 41枚目/108枚は、40枚目/108枚と同じ1980年、中学二年生の時に発売になったアルバムで、雑誌やFM放送でもよく取り上げられていたと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 14:39
Buggles('79)('80)('82)('83)('97)Ben Folds Five
Buggles('79)('80)('82)('83)('97)Ben Folds Five 40枚目/108枚からは80年代。僕は1966年の生まれで、80年代は中学一年生の冬休みの途中から、大学を卒業して就職して、冬のボーナスをもらって、クリスマスがあって、大みそかまでなので、ロック的には「現役」、「同時体験」って言ってもいいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 00:33
Christopher Cross('71)('75)('78)('79)('80)
Christopher Cross('71)('75)('78)('79)('80) 39枚目/108枚は、38枚目/108枚と同じ、1979年、1966年生まれの僕は中学一年生の時の発売だけど、聴いたのは1980年、中学二年生か、1981年、中学三年生のどちらかだと思う。 1980年3月までが中学一年生で、1980年3月に書かれたライナーノーツのついた日本盤を二つ離れた駅の近くの小さなビルの階段を上った3階にあった貸レコード屋で借りたのだから、中学二年生か、三年生。 ボズ・スキャッグスや、イーグルスのライブ盤より後。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 03:28
London Calling/I Fought The Law'79)'80)'82)'83)
London Calling/I Fought The Law'79)'80)'82)'83) 38枚目/108枚は、ようやく70年代の終わり、僕が中学生になって洋楽を聴き始めた1979年の発売だから、ちょっと現役って感じなのだけど、実はクラッシュを聴いた(テレビで見た)のは高校生になってから。 二年生か、三年生のMTVの”CLASSIC”か”PUNK”かのコーナー。 古典というほど古くはないと思う。せいぜい二、三年前のヒット曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 22:28
Wings Greatest '77/Wingspan: Hits and History '01
Wings Greatest '77/Wingspan: Hits and History '01 37枚目/108枚は、1枚目/108枚、2枚目/108枚がシングル盤をアルバム形式に集めたもので例外とすると、29枚目/108枚に次ぐ2枚目のベスト盤。Album:アルバムという言葉からは、シングル盤を集めたものや、ベスト盤こそが、上手く取れた写真を1冊に編集した「アルバム」って感じだけど。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/17 00:13
What's So Funny 'Bout Peace, Love and Understand?
What's So Funny 'Bout Peace, Love and Understand? 36枚目/108枚は、米国パンク元年とも呼べそうな33枚目/108枚の1976年の翌年、英国パンク元年とも呼べそうな35枚目/108枚と同じ1977年、僕は小学校5年生、11歳の時の発売。 日本盤は発売にならなかったそうだけど、僕が買った1983年、高校2年生、17歳の時にはかなり有名なアルバムだったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 00:45
Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols'77
Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols'77 35枚目/108枚は、9枚目/108枚、25枚目/108枚にも少し携(たずさ)わった、29枚目/108枚のエルトン・ジョンのロイヤル・アカデミーでの同級生で一緒にバンドをやったりもしていたという、クリス・トーマスのプロデュース。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/10 01:57
Stevie Nicks/Christine McVie('75)('77)('82)('03)
Stevie Nicks/Christine McVie('75)('77)('82)('03) 34枚目/108枚は、32枚目、33枚目の翌年、1977年、僕は11歳で、小学校の5年生の時の発売だけど、聴いた、いや、観たのは、高校生の時に始まった、SONY MUSIC TVで。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/02 21:17
Ramones(1962)(1976)(2001)(2003)
Ramones(1962)(1976)(2001)(2003) 33枚目/108枚も32枚目/108枚と同じ1976年、小学校の四年生の時の発売なんだけど、「ヘイ・ホー!レッツ・ゴー!」の「電撃バップ」は全く記憶にない。 「ヘイヘイ・ホー」の「与作」は、NHKの「みんなの歌」「あなたのメロディー」という視聴者が作曲した歌を応募する番組があって、親父とおもろい歌やね、と一緒に見ていたのを覚えている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/27 03:13
We're All Alone/Boz Scaggs'76/Rita Coolidge'77
We're All Alone/Boz Scaggs'76/Rita Coolidge'77 32枚目/108枚は1976年、僕は10歳で小学校の4年生の時の発売だけど、雑誌で読んでいたかで知っていて、電車で二駅行ったところにあるレコード屋さんで見つけて買ったのは、1980年、14歳、中学二年生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/24 01:47
Born To Run'75/Someday'82/Seventeen's Map'84
Born To Run'75/Someday'82/Seventeen's Map'84 31枚目/108枚も30枚目と同じ1975年、僕は9歳で、小学校の3年生だから発売と同時に聴いたわけではないんだけど、『明日なき暴走』(1975)は小学校、中学校の同級生で中学生の時にはバンドのようなことを一緒にやっていたFの二つ年上の兄貴が持っていて、『リバー』(1980)は中学生の頃、FMラジオでもよくかかったので、ちょっと世代の感覚がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/19 11:19
White Summer(1967)/In The Light(1975)
White Summer(1967)/In The Light(1975) 30枚目/108枚も、ロックでは初めてと言われている4枚目/108枚、ビートルズ唯一の7枚目(9枚目)/108枚、CDだと一枚になったジミヘンのサード・アルバムの8枚目/108枚、これもCDでは一枚のデレク&ドミノスの14枚目/108枚と同じく、2枚組のアルバム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 01:53
Your Song(1970)(1974)(1976)(1991)(2011)/('99)('07)
Your Song(1970)(1974)(1976)(1991)(2011)/('99)('07) 29枚目/108枚は、初めて買った洋楽のアルバム。別にアメリカやイギリスのレコードは輸入されたものを買うものだと思っていたわけではないけど、輸入盤。 1979年、中学一年生。学校で英語の授業が始まった年。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 00:59
Faces(59)('67)('70)('71)('73)('98)
Faces(59)('67)('70)('71)('73)('98) 28枚目/108枚を買ったのは、1992年。東京足立区の、小さいけれどロックのCDの品揃えのいいCD屋さん。 その住処には一年もいなくて、そのお店でつけてくれていた水色の緩衝材(かんしょうざい)があるので、間違いないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/05 15:26
Mott the Hoople('72)('73)('74)('90)('05)('06)
Mott the Hoople('72)('73)('74)('90)('05)('06) 27枚目/108枚も1973年、7歳の時の発売なのだけど、Mott the Hoople はいつ聴いたか、と訊かれたら、うまく答えられない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 02:15
Fats Domino('55)('73)('84)('88)('07)
Fats Domino('55)('73)('84)('88)('07) 26枚目/108枚は、1973年、7歳の時の映画のサントラなんだけど、僕が買ったのは、多分、1984年に発売になった日本盤。 1984年、18歳になったのは、高校の三年生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/29 14:14
Time('73)('79)('80)('83)('85)('87)('07)('11)('17)
Time('73)('79)('80)('83)('85)('87)('07)('11)('17) 25枚目/108枚は、ロックで一番たくさん売れたアルバム。 僕が持っているのは2011年にデジタル・リマスターされたやつだけど、これも含めて世界で5000万枚売れたそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/27 21:31
China Grove/Jesus Is Just Alright('66)('69)('73)
China Grove/Jesus Is Just Alright('66)('69)('73) 24枚目/108枚は1973年、小学校の一年生の頃の発売のレコードなんだけど、僕が持っているのは1986年から1996年の間のどこかで買ったCD。1973年の解説、歌詞カードが縮小コピーしたような感じでついている、リマスターやリミックスではなくてレコードをCDにしたやつ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/22 01:13
All The Young Dudes/Ziggy Stardust(1972)(1982)
All The Young Dudes/Ziggy Stardust(1972)(1982) 23枚目/108枚のデヴィッド・ボウイ『ジギー・スターダスト』と、22枚目/108枚のTレックス『スライダー』は1972年の発表だけど、よく聴いたのは1982年から1984年の高校生の頃。どちらもカセットテープ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 14:27
Get It On(1971)(1985)/Buick Mackane(1972)(1993)
Get It On(1971)(1985)/Buick Mackane(1972)(1993) 22枚目/108枚のTレックス『スライダー』と、23枚目/108枚のデヴィッド・ボウイ『ジギー・スターダスト』は1972年の発表だけど、よく聴いたのは1982年から1984年の高校生の頃。どちらもカセットテープ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/14 23:27
Smoke On The Water/Hush('68)('72)('73)('81)('97)
Smoke On The Water/Hush('68)('72)('73)('81)('97) 21枚目/108枚も高校生の時に同級生のTが買ったやつだから、1972年の発売の10年後、1982年頃。 これは借りなかったのは「スモーク・オン・ザ・ウォーター」とか何曲かはカセットテープ(エア・チェックだけど)で持っていて、高校生の頃はいわゆるハード・ロックはあまり聞かなかったからかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/10 01:28
You've Got A Friend(1971)(2008)
You've Got A Friend(1971)(2008) 20枚目/108枚は、19枚目の発表年次を間違えてリストアップしたので、本当は19枚目のキャロル・キング。 あまり持っていないジャニス・ジョプリンに次ぐ女性ミュージシャン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/08 02:01
Alabama(1972)/Sweet Home Alabama(1976)
Alabama(1972)/Sweet Home Alabama(1976) 19枚目/108枚を1971年発売としてるけど、1972年の間違いで本当はニール・ヤングよりキャロル・キングが先なんだけど、まあ、王さま(King)より若もの(Young)の方が先でもいいかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 22:12
What's Going On(1971)(1986)
What's Going On(1971)(1986) 18枚目/108枚は、一年だけ住んだ高知のアパートにY姐さんやドラムのMさんやギターのJくんと一緒に遊びに来た、ベースでバンマスのCさんがCD棚(靴の箱だったんだけど・・・)から引っ張り出してきて、これ、一番好きなアルバムやと言って、かけたやつ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/30 09:06
Every Little Thing/America/Yes(1969)(1971)
Every Little Thing/America/Yes(1969)(1971) 17枚目/108枚は小学校、中学校の同級生のAと大学生の時にばったり会って、駅からの帰り道にカセットテープを貸してもらったイエス。 同じ町内で町から駅は一本道だったし、同級生はみんな家が近所でお互いほとんど全員の家を知っていたので届けようと思えば簡単だったけど、でも、長くて退屈で、ちゃんと聴かなかった『危機』と『イエスソングス』のテープをどうやって返したのか、覚えていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 03:23
Baby,Don't Do It/Loving You Is Sweeter Than Ever
Baby,Don't Do It/Loving You Is Sweeter Than Ever 16枚目/108枚は、日本盤はともかくとして、米英で少しずれたりもしているけど、13枚目、14枚目、15枚目の1970年の次の年、1971年の発表で、1966年生まれの僕は5歳、幼稚園の年少組。 この頃になると、かなり記憶もはっきりしてくるのだけど、ロックに関する記憶は全くない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/25 01:00
Black Sabbath(1968)(1970)(1973)(1994)(2006)
Black Sabbath(1968)(1970)(1973)(1994)(2006) 15枚目/108枚も中学、高校が一緒だったTが高校生の時に買ったやつ。 歌詞カードも解説も写真やおまけも何もない廉価盤なので、レコードやCDに載っている解説や歌詞の日本語訳は、聖域という名前のレコード会社が2010年にリマスターで発売したセカンドアルバムの『Paranoid』(1971)(2010)に付いたデイヴィッド・ウェルズ:David Wellsの解説(sleevenotes)を。 ちょっと解説っぽい蛇足の説明がはいるけど、出来る限りの直訳、抜粋で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 04:41
『Layla and Other Assorted Love Songs』('58,'68,'70)
『Layla and Other Assorted Love Songs』('58,'68,'70) 10枚目/108枚の『Music From Big Pink』(1968)を生むことになった、4枚目/108枚の『Blonde On Blonde』(1966)を発表した後バイクの事故を経てかつてのツアーメンバーを集めてピンクの壁の建物の地下室でやった録音も、ジョージ・ハリスンがイギリスに持ち帰ったのを聴いたのかな? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/18 03:07
Bridge Over Troubled Water/The Boxer('70,'80,'00)
Bridge Over Troubled Water/The Boxer('70,'80,'00) 13枚目/108枚からは70年代。 三連休の初日の土曜日に新宿でジム・ジャームッシュ監督のIggy Pop & The Stoogesの映画を見て、ああ、『The Stooges』(1969)(これも高校生の時にTが買ったやつだ)、108枚に選べばよかったな、と思ったり、イギー・ポップがずっと両親と一緒にトレーラー・ハウスに住んでいたとか、子供の頃好きだった子供向けのTV番組でコメディアンが言っていた通り「25語以内で詩を書くことにした」とか、自分たちのことをしばしば共産主義者と呼んだりとかで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/17 02:39
In the Court of the Crimson King(1696〜)
In the Court of the Crimson King(1696〜) 12枚目/108枚は60年代の最後。60年代を3枚目から12枚目の10枚しか選ばなかったのは、僕が1966年生まれで、初めに、自分が生まれた年以降に発売されたアルバムを選ぼうと思ったからで、ロックの歴史という観点では偏(かたよ)っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/14 00:32
Let It Bleed(1969)(1990)(1995)
Let It Bleed(1969)(1990)(1995) 11枚目/108枚のアルバムタイトルは、収録曲の1曲のタイトルと同じ。”Let It Bleed”。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/10 12:40
The Weight(1968)(1969)(1978)(1983)
The Weight(1968)(1969)(1978)(1983) 10枚目/108枚は、7枚目、8枚目、9枚目と同じく1968年発売のアルバム。 ジョージ・ハリスンがボブ・ディランから紹介されて気に入って、たくさん買ってイギリスに持ち帰り、友達に配ったとか。 言われてみると、ホワイト・アルバムの次のレコーディングにキーボード・プレイヤーのビリー・プレストンを呼んだのは、ギター、ベース、ドラム、キーボード、複数のリード・ヴォーカルっていうザ・バンドのスタイルを真似たのかもなって思ったり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/07 00:42
Dear Prudence(1968)(1984)(2002)
Dear Prudence(1968)(1984)(2002) 9枚目/108枚は、本当は7枚目だったのに飛ばしちゃったビートルズ。 ビートルズで一番好きなアルバムかと訊かれると、同じ質問を2週間続けてされると1日はそうだと応えると思うけど、最初に選んだのは、2枚組で、ジョンのいい曲が沢山入っているからっていうくらいの理由。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/03 14:48
All Along the Watchtower(1967)(1968)(1974)
All Along the Watchtower(1967)(1968)(1974) 7枚目/108枚は順番を間違えた。 元々、発表月をちゃんと調べてリストにしたわけではないけど、まあ、順番は順番なのに、なんで間違えたのかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/02 20:20
Summertime(1936)(1965)(1968)
Summertime(1936)(1965)(1968) 7枚目/108枚は、6枚目/108枚と同じく、中学校、高校の同級生のTが買ったやつ。 これも高校生の時だけど、こっちは輸入盤。 ジャケットに1968 CBS Inc.とあって、シリアル番号が小さく印刷されている内袋には、Made in Britain 、レコードのレーベル(真ん中の紙のとこ)には Made in England と印刷されている。 年号の表記は、裏面の写真の著作権が 1967 となっているだけで、1968 以外はないんだけど、いつ製造、発売になったものか分からない。 ジャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 12:54

続きを見る

トップへ

月別リンク

upset the apple-cartに行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる