upset the apple-cartに行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS Ain't That A Shame/Cheap Trick(79)/John Lennon(04)

<<   作成日時 : 2017/06/18 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像『カバーと元歌』、1985年頃発売になった日本盤の『The Soundtrack of American Graffiti』(1973)を、レコード店やレコード制作もやっている長門芳郎さんの解説、ちょっと蛇足の僕の注釈付きで、A面の1曲目から順番にリクエストしているんだけど、ようやく2枚組の2枚目。

Sideー3
1.エイント・ザット・ア・シェイム・・・ファッツ・ドミノ

1928年ニューオーリンズ生まれの黒人シンガー&ピアニスト、ファッツ・ドミノのポップ・チャートでの記念すべきファースト・ヒット。
1955年、全米10位が最高位。
一方、これをカバーしたパット・ブーン盤は全米1位を獲得した。
その後、トップ10ヒット10曲を含む、16枚のミリオン・セラー・シングルを連発、独特のスタイルで地位を築いた。
(長門 芳郎)

画像(注1)ジュリアンは定期的にメンローヴ通りを訪れ、ジョンも11歳の頃、しばしばブロムフィールド1番通りを訪れた。
ジュリアンはプレスリーのレコードをかけて、バンジョーを教えた。ファッツ・ドミノの「エイント・ザット・ア・シェイム」の弾き方を教えてみせた。
(Friedman, John S. (2005). The Secret Histories: Hidden Truths that Challenged the Past and Changed the World. Macmillan.)

(注2)バンジョーの演奏スタイルには多くの種類があるものの、サステインのない楽器であるバンジョーの欠点を補う奏法として、右手の早い動きでピックで弦をかき鳴らしたり、アルペジオのように弾いたりする点が、バンジョーのほとんどの演奏スタイルに見られる特徴である。
(Wikipedia)

(注3)ジュリアンは、息子にどんなふうに”Ain't That A Shame”の弾き方を教えたんだろう。
A−(A7)−D−E のスリーコードで、バンジョーはだいたいオープンGチューニング(何も押さえずにジャーンと弾くとそれがGのコードになる)だから、押さえやすいのを2本か3本、2フレット目、9フレット目、7フレット目を押さえて、ギターみたいにぎゃんがぎゃんかぎゃん♪って感じで弾いたのかな?
7フレット目だと隣の弦の2フレット目っていうように、指をあまり動かさなくていい型があるな。

画像金曜日に、7週間ぶりくらいにロックバーに行ったら、開店の時は3曲しかなかったはずのDEVOが20曲くらいに増えていて、”Working In A Coal Mine”をリクエストしてかけてもらった。

リクエストは、ターナーを観たより前だから3年振りくらいかな?いや、もうちょっと前かな?小学校、中学校の同級生のFと会って、中学校の2年生くらいまでは、クイーンとか、ベイシティ・ローラーズとか、チープトリックとか、ジャパンとか、野郎よりも女の子の方がずっと先に洋楽を聞いてたな、なんていう話をしていたので、新しいアルバムを出したばかりのチープトリック。

Ain't That A Shame/『Cheap Trick at Budokan』(1979)Cheap Trick

元歌は、やっぱり、ビートルズとプレスリーを足して二で割ったみたいなジョン・レノン。音がクリアなリイシュー盤で。
ピアノやホーンを使ったアレンジだけど、ファッツ・ドミノとは違う、前のめりのビート。
お母さんに教えてもらったのかな?

Ain't That A Shame/『Rock'n Roll』(2004:reissue)−John Lennon

ノリノリの演奏がおわらなくって、煽りまくっていたジョンが、オーケー、オーケー、もういいよって、収めるのが面白い、演奏時間が少し伸びて、ギターの音がくっきりした再発盤。

画像Honesty(1978)/The Great Pritender(1956)のリクエストの注釈で、アメリカの自由主義神学者のラインホルド・二―バーの、ちょっとわかりにくい「暴力をア・プリオリな根拠に基づいて排除することはできない」っていう言葉を引用した。

ア・プリオリという言葉は、女性が好きな「運命」とは全く違う概念なんだけど、そもそもカントは、・・・とかちょっと説明が難しいので、二―バーが作ったとされるニーバーの祈り:Serenity Prayerを下手くそな日本語訳で。
お祈りの言葉だから、なにも七五調とか五七五にしなくってもいいんだけど、いつものように出来るだけの直訳で。

ロックのリクエストの関連だと、”One day at a time”(ジョン・レノン)っていう一節があるお祈り。
キリスト教の素養がないので、神の存在については「考える資格がない」と言った自由主義経済学者/法学者のハイエクっぽいけど。

画像神さま僕に 優美さを 下さい 変えられ ないものを
静かな気持ちで 受け入れる そのため 与えて くださいね
変えるべきもの 変えていく 勇気を下さい それからね
変えられないもの 変えるべきもの 見分ける賢さ 下さいね

まず今日を 生きて その時 楽しんで
平和へ向かう その小道 困難として 受け入れる 
神さまそうしたようにする
この罪深い 世の中を そのまま 僕は 受け入れる
僕が味わうようでなく あなたが正しくするように
あなたの考え 志(こころざし) それにこの身を 委ねたら
この人生が ちょうどよく 多すぎもせず 少なくも ないほど幸せ なるように
そして 一番、最高の 幸せそれは 死んでから 全て終わって 死んでから
天国で あなたと一緒にね だから 今は小道行く 平和に向かう 小道行く 
アーメン

20170707 Friday =10th Anniversary
Songs From And To Upset The Apple-Cart

の投票は、6月にもう一回くらい行けるだろうと、出してこなかった。

画像


upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(2548,2549)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(2562,2563)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ain't That A Shame/Cheap Trick(79)/John Lennon(04) upset the apple-cartに行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる