upset the apple-cartに行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS Jack-Ass(1996)/It's All Over Now, Baby Blue(1966)

<<   作成日時 : 2017/05/07 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像5月6日に放映されたNHKスペシャル「憲法・70年の潮流」を観た。
日経新聞のテレビ欄での紹介はこんなの。

NHK=後9・0)
3日、日本国憲法の施行から70年という節目を迎えた。
世論調査の変遷を軸に、独自に入手した資料や関係者の証言などから、日本人がどのように憲法と向き合ってきたのかを探る。

*****

安保闘争や三島由紀夫の割腹自殺という見慣れた映像もあったけど、知らないことや、違った観点で捉えなおしたことが、沢山あった。

一日に何回も日記を書くのもおかしいのだけど、もう一つ『カバーと元歌』を。

108枚に選んだアルバムから。

Beck:ベックの『Odelay』は、衝撃のデビュー、”Loser”は知らなくて、サンプリングが評判になって大ヒットした1996年発売のアルバムをちょっと遅れて買って聴いていた
Common Stock(1991-1999)があった頃。

ロックファンとしては恥ずかしいことだけど、元歌にピンときた曲は1曲もなかった。

クレジットされている、元歌、
”Out Of Sight”(James Brown)とか、”Soul Drums”( Pretty Purdie)とか、1曲も分からなかった。
それでも、かっこいいなあ、と気に入ってよく聴いていた。
雑誌やレコード評で、みんなが楽しいって言ってる意味は分からなかったけど。

画像唯一知ってる曲がクレジットされていたのが、"It's All Over Now, Baby Blue"(Bob Dylan)。

小学校からの同級生のMは東京の大学に行って、家族も仕事の都合で東京に引っ越したんだけど、エレクトーンの置いてある神戸のマンションはそのままにしていて、大学が休みの間はM一人で帰ってくることが多かった。
Mが持ってた『Subterranean Homesick Blues』ってタイトルの、ジャケットも内容も『Bringing It All Back Home』のCDの最後に入ってる曲。

やつは、タイトルに惹かれたのか、「ミスター・タンブリン・マン」目当てかで買ったのだと思うけど、帰省している間に聴かせてもらった。

録音はしなかったんだけど、何度か聞いて、アルバムの終わりに入っている有名な曲だし、知ってるつもりでいた。
でも、ベックのアルバムは、何度聴いても、"It's All Over Now, Baby Blue"を見つけられなかった。

画像それが、Themのカバーからの引用だって知ったのは、もっとずっと後。
Common Stock(1991-1999)がなくなってから。

ボブ・ディランのカバーだって分からないようなゼムのカバーから、(スタンド・バイ・ミーのリフの後の)印象的なキーボードのフレーズをそのまま引用してた。

Mが買ったのが、タイトルも違うし、曲のクレジットも違ったんじゃないって、ちょっと思ったのをこっそり詫びた。

リクエストは、

Jack-Ass/『Odelay』(1996)−Beck!

元歌は、その30年前、

It's All Over Now, Baby Blue/『Them Again』(1966)−Them

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(2496,2497)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(2510,2511)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Jack-Ass(1996)/It's All Over Now, Baby Blue(1966) upset the apple-cartに行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる