カーネーション(2000)/森高千里(1989)/はっぴいえんど(1971)/中村一義(2002)

126_02.jpg新型コロナウイルスの状況次第で行けるかどうか、やるかどうかも分からないけど、3月末締切りの50 years gone since we lost beatlesへの投票5曲をどれにするか、考えている。

8年前店の最初のイヴェントとして
結成50周年でビートルズのファン投票カウントダウンを
行いました
今年は解散50年、このひと昔の間に
ビートルズの曲の好みが変わったのか変わらなかったのか
確認してみましょう


とのことなので、まずはデビュー50周年で選んだ曲。
順位投票で10曲。

126_03.jpg1.Help
2.Nowhere Man
3.Polythene Pam
4.A Hard Day's Night
5.Mother Nature's Sun

6.Magical Mystery Tour
7.Your Mother Should Know
8.You Really Got Hold On Me
9.A Day In The Life
10.From Me To You


みんなのリクエストは、ビートルズの歌詞をそのまま転載してたので、著作権法違反とのことでほとんど削除されちゃって、少ししか残ってない

126_04.jpg9年前の大震災の後、それまでの日記/ロックバーへのリクエストで選んだ曲を除いて、アルバムから1曲ずつ、ちょっとその時の気持ちがタイトルになったようなのを13曲選んだのは、こんなの。

1.Do You Want To Know A Secret?/『Please Please Me』(1963)-秘密を知りたいかい?
2.All My Loving/『With The Beatles』(1963)-僕の好きって気持ち全部
3.I'll Be Back/『A Hard Days Night』(1964)-もうすぐ帰る
4.I'm A Loser/『Beatles For Sale』(1964)-なくしてばっかり
5.The Night Before/『Help!』(1965)ー前の晩

6.In My Life/『Robber Soul』(1965)ー僕の人生の中で
7.Here There And Everywhere/『Revolver』(1966)-ここで、そこで、そしてどこででも
8.Getting Better/『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』(1967)-だんだん、良くなって行く
9.Your Mother Should Know/『Magical Mystery Tour』(1967)-お母さんなら知ってるはずさ
10.Why Don't We Do It In The Road?/『The Beatles』(1968)-なんで道の真ん中でやっちゃいけないんだ?

11.All Together Now/『Yellow Submarine』(1968)-みんな一緒に
12.Something/『Abbey Road』(1969)-何かある
13.Get Back/『Let It Be』(1970)-帰っておいで


126_06.jpgちょっといら立って1曲、I Wanna Be Your Man/『With The Beatles』(1963)のあと、また13曲。

1.Anna(Go To Him)/『Please Please Me』(1963)-アンナ(やつのところに行きなよ)
2.All I've Got To Do/『With The Beatles』(1963)-やんなきゃいけないのはそれだけでいいんだ
3.I Should Have Known Better/『A Hard Days Night』(1964)-ぼくはもっとよく分かっておくべきだった
4.Baby's In Black/『Beatles For Sale』(1964)-黒を着たあの娘
5.Yesterday/『Help!』(1965)-昨日

6.Think For Yourself/『Robber Soul』(1965)-ただし、自分のことは自分で考えなさい
7.Good Day Sunshine/『Revolver』(1966)-良い日、お日様
8.She's Leaving Home/『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』(1967)-娘は、家を出る
9.The Fool On The Hill/『Magical Mystery Tour』(1967)-丘の上のあほう
10.Ob-La-Di,Ob-La-Da/『The Beatles』(1968)-人生はまだまだ長いわ。そうよ、人生はまだまだつづくわ

11.Yellow Submarine/『Yellow Submarine』(1968)-黄色い潜水艦
12.Maxwell's Silver Hammer/『Abbey Road』(1969)-マックスウェルの銀の槌
13.Let It Be/『Let It Be』(1970)-ジョージがやらないって言うんで、「ホラ、天使がやってきた」ってやつ


126_01.jpgそれから、もう13曲。

1.There's A Place/『Please Please Me』(1963)-いつも行く場所がある
2.You Really Got Hold On Me/『With The Beatles』(1963)-僕の心を捉えて離さない
3.Any Time At All/『A Hard Days Night』(1964-いつでもいいから
4.Eight Days A Week/『Beatles For Sale』(1964)-一週間に8日
5.It's Only Love/『Help!』(1965)-たかが恋

6.Girl/『Robber Soul』(1965)-女の子
7.Taxman/『Revolver』(1966)-税務署員
8.Lovely Rita/『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』(1967)-かわいいリタ
9.Penny Rane/『Magical Mystery Tour』(1967-ペニー通り
10.The Continuing Story Of Bungalow Bill/『The Beatles』(1968)-バンガロー・ビルの一連のお話

11.It's All Too Much/『Yellow Submarine』(1968)-僕にはとても素晴らし過ぎる
12.Come Together/『Abbey Road』(1969)-さあ、一緒に、いっちょうやろうぜ
13.For You Blue/『Let It Be』(1970)-君を好きって、哀しいことだ


126_05.jpgあ、そもそも最初にリクエストしたのも、アルバムから1曲ずつ。
日記を読み返さなくても、空で言える/綴れる13曲。

Ask Me Why, Please Mister Postman, A Hard Day's Night, No Reply, Help!, Nowhere Man, I'm Only Sleeping, A Day In The Life, I Am The Walrus, I'm So Tired, Hey Bulldog, You Never Give Me Your Money~Her Majesty, Across The Universe

今回は順列つけずに一人五曲投票で
締め切りは三月一杯
参加資格は店に来たことがあるか当日来る人
応募は店で直接かメイルで


とのことだけど、5曲というのはかなり難しいな。

126_07.jpg日本のロック(96枚)126枚(200枚)は、upset the apple-cart(2007- )が始まった頃よくかかって、13年経った今でも時々かかる日本のミュージシャン/バンド。
ちょっと2004年に進む前の2000年代。

126枚目は、カーネーション

恋するためにぼくは生まれてきたんだ/『LOVE SCULPTURE』(2000)-カーネーション

(96枚)126枚(200枚)には選ばなかったけど、もう少しリクエスト。

カーネーションがバックバンドをやったっていう、直枝政太郎作曲・編曲の、

はだかにはならない『非実力派宣言』(1989)森高千里

カーネーションがカバーした、

抱きしめたい/はいからはくち/『風街ロマン』(1971)はっぴいえんど

127枚目は、中村一義

キャノンボール/『100s』(ひゃくしき)(2002)中村一義

もう1曲、細野晴臣 - ベース高野寛 - ギター岸田繁 (くるり)- ギター真島昌利 - ギター が参加したアルバムから、

1,2,3/『ERA』(2000)-中村一義

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(3350,3351,3352,3353,3354,3355)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(3364,3365,3366,3367,3368,3369)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント