Individualist/『Cafe Bohemia』(1986)

画像1986年12月に発表された佐野元春の5枚目のアルバム。
1980年のデビューアルバム『BACK TO THE STREET』、2枚目『Heart Beat』から1982年の3枚目『SOMEDAY』の間のシングル盤や提供曲のセルフカバーを編集した『No Damage』を含めると6枚目。

僕は大学の2回生(2年生)の後期で、1回生と2回生の前期までの「一般教養」の後、「学部」に分かれた最初の期。
ラグビーは、腰を痛めてほとんど試合に出れなかった1回生の反省から、ちょうどプロ野球で活躍していた落合選手の「スロー調整」「オレ流」に習って、夏の合宿で(俳句では「ラグビー」は「冬」の「季語」だけど、1-2月の真冬はシーズンオフで自主連(自主練習)で、それ以外は年中チーム練習や試合があった)、あまり無理をしないようにして、秋のトップシーズンでは、僕は「2本目」(2軍。部員は70人いたので、1本目から5本目まであった)だったけど、同じポジションの「1本目」の先輩が「故障」をしていたので、レギュラー背番号で試合に出してもらった(ラグビーは個人個人に背番号があるのではなく、ポジションに1~15までの背番号がついている)。

『Cafe Bohemia』は、スタイル・カウンシルの真似だということで、酷評されたと思う。
遡って、一枚目や2枚目のアルバムはBruce Springsteenの真似だ、佐野元春にはオリジナリティーがない、物真似ばかりだということも言われていたと思う。
ラグビー部のひとつ上の佐野元春の大ファンだった文学部のTちゃんさんも「遡って合わせて聴かされてショックを受けた。がっかりや」と言っていたし、The JamやStyle Councilのファンだった留年した3つ上の先輩も「やっぱり、こっち聴かなあかんで」と言っていた。

僕はというと、相変わらずいい加減で、ポリシーがないと言われると思うけど、「今度はStyle Councilか。さすがやな。かっこいいな」と思った。
ビートルズだって、ストーンズだって、流行の音、先輩の音の真似ばかりだし、The Beatlesはむしろ真似をしたかったけどメンバーの構成や声の質から、真似がうまくできなかったんで、オリジナリティが出てきたんであって、全然悪くない、と思っていた。
物真似と揶揄する意見には、日本的な、私小説至上主義というか、ムラ社会のようなものを感じて反発したけど、ラグビー部だし、Rockはいつでも「2番」だったので、言い争いになっても、言い争いをしたというだけ。
Style Councilも佐野元春も、一生懸命、何度も聴いていた。
佐野元春の歌は歌詞が聴き取りにくかったけど。

両親は共に一応ローマ・カトリック教徒だったが、ハイエクには特に宗教教育は施さなかった。教会にも一度も連れて行っていない。学校では多少宗教教育も行われたが、それも最低限で済んでいた。日曜のミサへの出席は学校では半ば強制的だったが、ハイエクも弟たちも、春や夏、日曜「恒例」の家族のお出かけがあるときはミサは欠席した。そのため、学校当局とはしばしばけんかになった。日曜日を父親と森を散歩して過ごすこともあった。

しかし、少年ハイエクは、「懺悔と聖餐式に挟まれた期間、自分は罪を犯してはいないかと悩んだ」こともあったという。
十三歳か十四歳の頃、知り合いの神父全員に「神」という言葉の意味を尋ねたことがあった。「誰も答えられなかった(笑)。私にとっては、それでこの件はおしまい」。
「十五歳になる頃には、「神」という言葉について説明をできる人はいないと確信した。それならば、神が存在するか、しないか、議論しても意味はないと思った」。
彼の家族の友人たちにも、宗教に熱心な人はいなかった。

(『フリードリヒ・ハイエク』-第一部 戦争 1899-1931 第一章 家族。ラニー・エーベンシュタイン著。田総恵子訳。春秋社、2012年8月)

リクエストは、Style Councilの"Internationalist"に、「カバー」と言ってもいいくらい、曲の構成やアレンジや"attitude"が似ている"Individualist"。
歌詞は全然違うし、「個人主義」という言葉から想像する考え方にもいろいろな解釈があると思うけど、20歳になる頃の僕には「独裁者」や「ファシズム」や「エゴイズム」を非難しているように聴こえた。

ラグビー部の同級生が「宗教」だか「政治活動」だか「芸術」だかなんだかの男女のいるサークルに流れていった。
名前は覚えていない。

Request to 『upset the apple-cart』(788)
Request to 『Common Stock』(802)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

むしろ、んん?むしんろん
2013年05月16日 12:17
やっぱりこれは無神論とは言わないですね。
mission schoolの人たちがそういう議論するのは( ̄^ ̄)だけど、押し付けられるのは嫌だなあ。。
せめて、卒業したらやめてほしい。
累計で何百万人もいるから、中にはそういう人いると思うけど同窓会や近所やネット繋がりで言われてもなあ。。
嫌な子
2013年05月16日 12:21
あ、変な○○商法や○○布教や○○説教や○○活動や○○党の人のことです。このblogやロックとは無縁です。
愚痴っちゃった。嫌な子。ごめんなさい。
2013年05月17日 22:36
>むしろ、んん?むしんろんさん
むろん、しんじろ なんて、むし!
ちょっとなまりました。
コメントありがとうございます。

>嫌な子さん
○○は、文理商法?難しい順かな?
○○は、しっ布教?高校時代そうでした。
○○は、地動説教?基督教は天動説?地動説?
○○は、火山活動かな?○○は、辛党?しし唐?
愚痴が、好い子、好きな子、女の子ですね。
コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック