upset the apple-cartに行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS Barbara Ann/The Who(1966)/The Regents(1961)

<<   作成日時 : 2017/06/09 03:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像12平均律(twelve-tone equal temperament)の記号だとCをTとするとC・D・E・F・GのGはX。
1〜11の数字だと、Cを1とするとGは7、いや、8、いや、9なんだけど。

高知でちょっとカバーなのか元歌なのかよく分からない”Baby,I Don't Care”というスリー・コード(T、W、X)の曲をやった時、随分してから気が付いたんだけど、みんな(あ、ドラムは特に関係ないと思う。ギターとベース)が、Aのコードを弾いている時、僕だけEを弾いていた。

でも、そんなにおかしくなくって、気が付いて、バンマスのCさんに訊いたら、EはXやから、Tと合うんや、と言っていた。

へえ、そうなんスか。ギャン・ギャギャン♪キャン・キャキャン♪・・・そんなもんスかね?

追っかけるんは、TからW、ほんでX行くとええんやわ。どぅん・どぅどぅん♪どぅん・どぅどぅん♪

おもろいっスね。キャラキャキャ♪

おもろいやろ?どぅ・どぅーん♪

画像


『カバーと元歌』、『The Soundtrack of American Graffiti』(1973)をA面1曲目から順番に、1985年頃発売になった日本盤なので、レコード店やレコード制作もやっている長門芳郎さんの解説、ちょっと蛇足の僕の注釈付き、次は、・・・輪唱(りんしょう)って言うのかな?

画像輪唱(りんしょう)と言えば、C(T)のワンコードでもいいと思うんだけど、ちょっとG(X)を入れるともう少しいい感じになる「カエルの歌」、または「カエルの合唱」、または「カエルの歌が聞こえてくるよ」だね。

こんなの。

♪かえるの歌が

♪聞こえてくるよ
(♪かえるの歌が)

♪くわ ♪くわ ♪くわ ♪くわ 
(♪聞こえてくるよ)
<♪かえるの歌が>

♪けけけけけけけ ♪くわくわくわ
(♪くわ ♪くわ ♪くわ ♪くわ) 
<♪聞こえてくるよ>
[♪かえるの歌が]

(♪けけけけけけけ ♪くわくわくわ)
<♪くわ ♪くわ ♪くわ ♪くわ> 
[♪聞こえてくるよ]


<♪けけけけけけけ ♪くわくわくわ>
[♪くわ ♪くわ ♪くわ ♪くわ]

[♪けけけけけけけ ♪くわくわくわ]

画像一月(ひとつき)と10日くらい前(あ、あれからロックバー行けてないな)、2017年春のイベント、The Who Vs The Kinks の最後に、ちょっとその場にいた人達にコンセプト(概念)のお知らせがあった10周年記念イベントの告知

この10年間で Upset The Apple-Cartで
他のお客さんのリクエストやうざい店主の押しつけで
貴方の人生の同行となった曲を二曲投稿ください
そんなの無いけど、俺の大事なこの曲をあんたの人生に
連れて行きやがれという人はそんな曲を二曲
それぞれ一曲でもかまいません

の候補を考えていたんだけど、輪唱はないかな?

”Give Peace A Chance”は候補と言えば候補だけど、輪唱で有名な”Dona nobis pacem”:「われらに平和を与えたまえ」、または「平和をわれらに」の方はリストにないな。

画像リクエストは、ビーチボーイズのファンだったという、ドラムのキース・ムーンが歌った曲。
ネットでスタジオでの演奏が見れるけど、ピート・タウンゼントダック・ウォークも面白いな。

Barbara Ann/『Ready Steady Who』(1966)−The Who

元歌は、ビーチ・ボーイズのカバーの方だと思うけど、

Sideー2
7.バーバラ・アン・・・リジェンツ

ブロンクス出身のイタロ・アメリカン5人組リジェンツが1961年にリリース、最高13位にランクされるヒットとなった。
'66年にビーチ・ボーイズがカバーし、全米2位にランクされた。
その後、ビーチ・ボーイズ盤は'75年にもヒット・チャートにちょっぴり顔を出した。
珍しいところでは、ザ・フーのレコードもある。
(長門 芳郎)

(注1)イタロ・アメリカンっていう言い方は今ではほとんど聞かないけど、イタリア系アメリカ人。

(注2)有名なミュージシャンだと、マドンナとか、シンディ・ローパーとか、レディ・ガガとか、ローラ・ニーロとか。

画像


(注3)ビーチ・ボーイズの「バーバラ・アン」はパーティの余興(よきょう)のような感じのアレンジ。イタリア系かなっていうような顔立ちのジャン&ディーンのディーン・トーレンスがコーラスで参加していて、「サンキュー、ディーン」という声も入っている。

(注4)大学生の時だと思うけど、テレビで深夜に見た『夢のサーフ・シティ』という伝記映画が強く印象に残った。
『女優 フランシス』と同じころだったと思うけど、記憶違いかもしれない。

(注5)どちらも悲しい、胸がぎゅっとなる映画だったけど、きっと日常がそうでなかったので、そんな映画をよく見たのかな、とも思う。
テレビでだけど。

(注6)けけけけけけけけ くわくわくわ♪でなくて、けろけろけろけろ くわくわくわ♪ とする幼稚園もある。

(注7)けけけけけけけけ くわくわくわ♪でなくて、げげげげげげげげ くわくわくわ♪ とする幼稚園もある。

(注8)けけけけけけけけ くわくわくわ♪でなくて、げろげろげろげろ ぐわぐわぐわ♪ とする幼稚園もあった。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(2538,2539)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(2552,2553)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Barbara Ann/The Who(1966)/The Regents(1961) upset the apple-cartに行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる