アクセスカウンタ

<<  2017年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
409/Surfin' Safari(1962)/The Beach Boys
409/Surfin' Safari(1962)/The Beach Boys いつも夢見ていたというわけではなくて、本か雑誌で見たか、友達から話を聞いたかでそう思った日が1日あったとか、そう思った瞬間が何回かあったというだけかもしれないけど、子供の頃行きたかったのは、万博と、サーカスと、サファリ・パークだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 22:52
April Come She Will('65)/See You In September('56)
April Come She Will('65)/See You In September('56) 黄金律(おうごんりつ)( Golden Rule)は、多くの宗教、道徳や哲学で見出される「他人にしてもらいたいと思うような行為をせよ」という内容の倫理学的言明である。(Wikipedia)とのことで、現代の欧米において「黄金律」という時、一般にイエス・キリストの「為せ」という能動的なルールを指すのだそうだど、仏教、道教、イスラム教では、(能動的という言葉の反対語である受動的というのとは違うと思うけど)「為すな」という文がそれにあたるとされてる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/27 23:45
Harlem Shuffle(1986)/The Stroll(1958)
Harlem Shuffle(1986)/The Stroll(1958) 平均律(へいきんりつ)(Equal temperament)は、1オクターヴなどの音程を均等な周波数比で分割した音律。一般には12平均律を指すことが多い。(Wikipedia)とのことで、姉が中学校の図書館で借りてきたギター教則本でこのことを知ったのは衝撃だった。 その衝撃波は今も僕を揺さぶってる。と、思う。 漣(さざなみ)くらいの小さくて途切れない波。 サーフィンはできないくらいの小さい波。時には全てを洗い流すような。 「平均」律なのか、「平」均律なのかとかちと考えたりも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/25 21:48
She's So Fine'73/Don't Hurt My Little Sister'65
She's So Fine'73/Don't Hurt My Little Sister'65 『カバーと元歌』は、『The Soundtrack of American Graffiti』(1973)から。 僕が持っているのは、1984年以降のいつかに発売になった日本盤なので、レコード店やレコード制作もやっている長門芳郎さんの解説付きで。 ちょっと蛇足の僕の注釈も。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 00:11
At the Hop/F・C&C・Ks(1973)/D&Js(1957)
At the Hop/F・C&C・Ks(1973)/D&Js(1957) 小学校3年生の時に転校して、みんな体操服で学校に来ていたり(その日はリレー大会の日だったが、その後も、体育の時間がある日は前の小学校みたいに体育の時間前に着替えるのではなく、体操服で通学していた)、クラスが一クラスしかなかったり(ひのえうまで生徒が少ない学年ではあった)っていうのは驚いたけど、一番びっくりしたのは、女子が男子の倍(ばい)いたことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 22:00
Funny Mae/(1960)(1964)(1985頃)(1995頃)
Funny Mae/(1960)(1964)(1985頃)(1995頃) 日記は、普通あとから書き換えたり、書き加えたりはしないもんだと思うけど、でも、まあ、夏休みの終わりに宿題の絵日記をまとめて書いたり、海岸でのスイカ割りの絵にカニを書き足したりっていうのは子供のころからよくやっていたので、クセみたいなもんかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 13:52
That'll Be The Day(1957)(1958)(1973)(1995)
That'll Be The Day(1957)(1958)(1973)(1995) バディ・ホリーのレコードを買った時のことはよく覚えているんだけど、それがいつかは覚えていない。 日記にはうろ覚えで(1985年頃)と書いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/19 02:20
Why Do Fools Fall in Love/(1964)/(1956)
Why Do Fools Fall in Love/(1964)/(1956) 曲者(くせもの)という言葉は子どもの頃はほとんど使ったことがなかったと思う。使うとしたら忍者(にんじゃ)が忍び込んできた時だけど、(僕が気が付かなかっただけかも知れないけど)60年代、70年代のことだから忍者もそんなにたくさんはいなかったはずだ。それに、くせものを曲者と書くことも知らなかったかも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/16 21:52
I'll Be Back(1964)/Runaway(1961)
I'll Be Back(1964)/Runaway(1961) 記憶は遺伝することはないけど、後から作られるってこともあると思う。 無意識の嘘っていうのは、それはそれで問題だと思うので、というよりも母が気持を病んだことがあって、そのことを聞かされて以来気を付けているので(嘘をつかないようにしているっていうんじゃなくて、ついていい嘘もあると思うけど、嘘には意味や理由があるはずだって思ってる)、嘘の理由を考えてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 20:36
Sixteen Candles/Stray Cats(1984)/The Crests(1958)
Sixteen Candles/Stray Cats(1984)/The Crests(1958) 日本全土、なかんずく関西地方に多く生息したその部族については、その生態について充分な研究が為されているとは言い難く、定義についても曖昧なままである。しかしながら、世界各国の部族に共通してみられる特徴を持つことから、筆者はそれを部族と呼ぶことに躊躇しない。 ヤンキーの男性はヤンキーの女性が好きだし、ヤンキーの女の子はヤンキーの野郎が好きだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 09:35
Rock Around The Clock(1955)/Move it on Over (1947)
Rock Around The Clock(1955)/Move it on Over (1947) 両方の要素を含んだものって何かな?と考えるとゲーム:gameかなって思うんだけど、gameという英語を日本語に訳すのはけっこう難しい。 試合って訳したことがある。マッチ:matchの話だったかな。 遊びって訳したことがある。子どもが使うのと大人が使うのとでは随分意味が違うけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/13 13:39
He's So Fine(1971)/My Sweet Road(1970)
He's So Fine(1971)/My Sweet Road(1970) 中学三年生の夏休み、母から言われて僕は朝日新聞の『天声人語』を毎日写していたのだけど、内容は全く覚えていない。 1981年7月の下旬から8月いっぱいのことだから、出来事を辿れば少しは思い出せるかな、と、Wikipedia(ウィキペディア)(日本語版)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/11 00:06
My Sweet Road(1970)/He's So Fine(1963)
My Sweet Road(1970)/He's So Fine(1963) 中学三年生の夏休み、母から言われて僕は朝日新聞の『天声人語』を毎日写していたのだけど、内容は全く覚えていない。 1981年7月の下旬から8月いっぱいのことだから、出来事を辿れば少しは思い出せるかな、と、Wikipedia(ウィキペディア)(日本語版)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 18:56
Johnny B. Goode/『Beach Boys Concert』(1964)
Johnny B. Goode/『Beach Boys Concert』(1964) 中学三年生の夏休み、母から言われて僕は朝日新聞の『天声人語』を毎日写していたのだけど、内容は全く覚えていない。 1981年7月の下旬から8月いっぱいのことだから、出来事を辿れば少しは思い出せるかな、と、Wikipedia(ウィキペディア)(日本語版)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/10 18:10
Just Like A Woman/Bob Dylan(1966)Rod Stewart(1981)
Just Like A Woman/Bob Dylan(1966)Rod Stewart(1981) 僕は聴いたことがなかったのだけど、『Them Again』はCommon Stock(1991-1999)にリストアップされてたのかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/08 00:37
Jack-Ass(1996)/It's All Over Now, Baby Blue(1966)
Jack-Ass(1996)/It's All Over Now, Baby Blue(1966) 5月6日に放映されたNHKスペシャル「憲法・70年の潮流」を観た。 日経新聞のテレビ欄での紹介はこんなの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/07 00:52
Talk(2005)/Computer Love(1981)
Talk(2005)/Computer Love(1981) 突然、シルバー民主主義を考えると言って新聞に投稿された小論文の<ポイント>を写しただけではなんのことか分からない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 17:12
Autobahn("Motorway")(1974)/Fun,Fun,Fun(1964)
Autobahn("Motorway")(1974)/Fun,Fun,Fun(1964) 突然、シルバー民主主義を考えると言って新聞に投稿された小論文の<ポイント>を写しただけではなんのことか分からない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/06 17:06
Fun,Fun,Fun(1964)/Johnny B. Goode(1958)
Fun,Fun,Fun(1964)/Johnny B. Goode(1958) 突然、シルバー民主主義を考えると言って新聞に投稿された小論文の<ポイント>を写しただけではなんのことか分からない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 17:05
Instant karma/Some Other Guy/1962/1970/1982/2007
Instant karma/Some Other Guy/1962/1970/1982/2007 いろいろと『カバーと元歌』の定義を広げたのだけど、ちょっと困った問題も出て来る。 例えば、ロックバーのビートルズ投票で第二位になった”And Your Bird Can Sing”なんだけど、ザ・ジャム か、マシュー・スウィート&スザンナ・ホフスかで迷うし、スタジオ録音をカバーとしてデモ、アウトテイクを元歌にすると『アンソロジー2』に入っていた笑い転げるバージョンも捨てがたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/06 00:13
I'm Not Like Everybody Else/1968/1994/1996/2002
I'm Not Like Everybody Else/1968/1994/1996/2002 10年といえば結構な年月で、ロックバーでかかった曲なんて覚えていないのが普通だと思うけど、ビートルズ、ストーンズ、ボブ・ディラン、ツェッペリン、クイーン、デヴィッド・ボウイ、フーっていうように覚えているのは(フーとキンクスは先月のことだから、覚えているのが普通だと思うけど)、日記をつけているからだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/04 22:29
Behind Blue Eye(1971)/(1983)
Behind Blue Eye(1971)/(1983) ちょっと節操がない感じがするけど、引用も模写も含めて再生ってことにするかなり緩い制限で、『カバーと元歌』のリクエストを続けようと思うんだけど、これは、嘘を書かない、コマーシャリズムを排除する、(音楽・ロックも含めて)評価評論をしないっていう制約(誓約、いや努力目標っていうくらいかな?)とは別の概念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/04 02:31
Young Americans(1975)/A Day In The Life(1967)
Young Americans(1975)/A Day In The Life(1967) 間に来日していたポール・マッカートニーを挟んだんだけど、ビートルズ、ストーンズ、ボブ・ディラン、ツェッペリン、クイーンの次は、デヴィッド・ボウイ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/03 17:31
God Save The Queen(1975)/女王様物語(1981)/(1996)
God Save The Queen(1975)/女王様物語(1981)/(1996) 献花というと亡くなった人に対してするものだから、献(けん)という字を使うと、追悼の意味合いが強くなってしまうけど、tribute=献上というのもいいかな? なんだか必要以上に遜(へりくだ)ってる感じがするかな? それに、献上も、仕事も含めた日常生活でもやらない行為だし、使わない言葉。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/01 00:50

<<  2017年5月のブログ記事  >> 

トップへ

upset the apple-cartに行こう 2017年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる