upset the apple-cartに行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS April Come She Will('65)/See You In September('56)

<<   作成日時 : 2017/05/27 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像黄金律(おうごんりつ)( Golden Rule)は、多くの宗教、道徳や哲学で見出される「他人にしてもらいたいと思うような行為をせよ」という内容の倫理学的言明である。(Wikipedia)とのことで、現代の欧米において「黄金律」という時、一般にイエス・キリストの「為せ」という能動的なルールを指すのだそうだど、仏教、道教、イスラム教では、(能動的という言葉の反対語である受動的というのとは違うと思うけど)「為すな」という文がそれにあたるとされてる。

”Equality before the law”は「法の下の平等」と訳されるし、平等という、物事のあり方が真理の立場から見ればすべて同一であるという仏教用語も Equalityと訳されるけど、Equal temperamentを平均律と訳すのは、ちょっとなあ、と思ったりもする。
均等律とか同一律とか、平均はaverageやmeanやといった適合する英語があるんだから、もっと他にいいのがあるだろ、とか。

Golden Ruleを黄金律と訳すのはその点ではいいと思うけど、為せ/為すなを(ロックにおいてはメジャーな)キリスト教的/(世界的には多数者である)非キリスト教的というような話を7年くらい前に、ちょっとロックバーのマスターとしていた。

僕の日記は、為せ/為すなでは、非キリスト教的な立場のようにも思うけど、20代でインドの哲学や宗教に感銘を受けた元ビートルズが言った「人生には“何をするか”よりも“何をしないか”が大事な時もある」(1979年。ジョージ・ハリスン)というくらいのもんだと思っている。

画像『カバーと元歌』は、『The Soundtrack of American Graffiti』(1973)から。
僕が持っているのは、1984年以降のいつかに発売になった日本盤なので、レコード店やレコード制作もやっている長門芳郎さんの解説付きで。
ちょっと蛇足の僕の注釈も。

リクエストは、僕は無人島には108枚には別のアルバムを持っていくんだけど、サイモンとガーファンクル

『アメリカン・グラフィティ』は1962年の夏の一夜の物語。
場所は、カリフォルニアの小さな町。
高校の卒業式、卒業パーティーという印象を持っているんだけど、「西欧諸国など学校の課程終了が公的試験(バカロレアやアビトゥーアの取得)によって認定される国では、卒業という概念はなく、そのため卒業式も存在しない」(2006年、ブリタニカ国際大百科事典)だとか。

夏、というのも、何月なのか良く分からない。9月かな?夏休み前の7月?

9月の歌をリクエストしようかなって思ったんだけど、アース・ウィンド&ファイアの”September”(セプテンバー)はもってるベスト盤に入ってなくて、『卒業』のテーマを歌ったサーモン&ガーファンクル

画像April Come She Will『Sound Of Silence』(1966)Simon & Garfunkle

元歌っていうんじゃないかもしれないけど、A面の1曲目から順番にリクエストしている、2枚組のA面の最後は、

Side−1
10.シー・ユー・イン・セプテンバー・・・テンポズ

1959年9月にピッツバーグ出身の4人組コーラス・グループ、ザ・テンポズによって全米23位にランクされた。
'68にハプニングスが全米3位に送り込み、リバイバルした。
他にマイク・クリフォード・コングリゲーションのカバー・レコードも出ていた。
(長門芳郎)

(注1)「9月になれば君に会う」というのは、なかなか能動的なタイトルだと思う。
Frankie Valli & The Four Seasonsのカバーをリクエストしたらよかったかな?

(注2)「4月になれば彼女は来る」という歌は、余命半年(ガンかな?)の恋人のことを歌ったと考えると悲しい歌だけど、3月に歌っているのかな?
4月になれば彼女は来て、5月はそこにとどまって、6月には様子が変わって歩き回る。
7月には飛び立って、8月にはきっと死んでしまう。9月に僕は思い出す、という歌詞。

(注3)「April 」と「will」、「May」と「stay」、「June」と「tune」、「July」と「fly」、「August」と「must」、「September」と「remember」が、韻を踏んでいる。

画像


(注4)”April Come She Will”じゃなくて”September Remember I Will”だとちょっと韻の踏み方がくどいかな?
いっそ”See You In September”ならいいんじゃない?
そうすれば、ひょっとすると病状も回復するかもしれないし、能動的だと思う。

僕ならそうする。

非キリスト教的には大きなお世話だと思うけど。

あ、she と you が同一の人を指す(6月君の気がふれて 7月空へ飛び立って 8月死んでしまっても 9月になれば君に会う)ということをうまく歌詞に織り込まないといけないな。

she と you が別の人ということになると(8月きっと彼女逝く 9月になったら君に会う)、こればっかりは、キリスト教的/非キリスト教的に大問題だ。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(2524,2525)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(2538,2539)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱりこっちでしょ?
どこの世界に9月を4月につなげて、車の歌に渡す人がいるんだろう?
茫然
2017/07/12 23:06
>茫然さん
茫然ってとりとめないって意味なんですね。
取り留めって、要点、結論って意味ですね。
要点はないけど、要求、リクエスト曲は必ずあるってことでご容赦です。
コメントありがとうございます。
遅レスご容赦です。
He is Me
2017/07/16 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
April Come She Will('65)/See You In September('56) upset the apple-cartに行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる