upset the apple-cartに行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS Young Americans(1975)/A Day In The Life(1967)

<<   作成日時 : 2017/05/03 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像間に来日していたポール・マッカートニーを挟んだんだけど、ビートルズストーンズボブ・ディランツェッペリンクイーンの次は、デヴィッド・ボウイ。

サンプリングやコピー提供曲やカバーの発表が先といったものを除く、というような制限を設けなければ、10周年記念イベントまで、というより、20周年まで、ずっと、『カバーと元歌』のリクエストを続けてしまいそうな感じで、その間の10年間にも新しいものを聴くだろうから、つまり、『カバーと元歌』が僕のブログのテーマ(主題)になってしまいそうだ。

でも、まあ、サンプリングやコピー提供曲やカバーの発表が先といったものを除く、という制約は設けずに、飽きるまで。

記念日としても、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法によって制定されたので、ちょうど70回目になる、今日、5月3日は、1947年(昭和22年)5月3日に施行された日本国憲法の70周年。

ちょっと引用という言葉も不適切かも知れないけど、今朝の新聞記事にこんな歌と言葉が引用されていた。

うれしくも 国の掟(おきて)の さだまりて
あけゆく空の ごとくもあるかな

「新憲法が施行されるに当たり、すがすがしい発足のよろこびを皆と頒(わか)ち合いたいお気持ちでお詠みになった御製である」
(徳川義寛終戦日記)

「制度改正は法律で事足りて憲法にまで手をつける必要がなかったのが日本の特徴です」
(ケネス盛マッケンウェイン東大准教授)

「わが国は戦争の惨禍をへて、戦後、日本国憲法を基礎として築き上げられ、平和と繁栄を享受しています」
(皇太子。2015年2月23日)

(2017年5月3日日本経済新聞。「憲法1.1へ改革のときだ」論説主幹 芹川洋一)

画像リクエストは、なんとなく立ち消えになったコンセプト(構想)、『カバー曲と元歌』。
かなり制限を外してのデヴィッド・ボウイ

Young Americans/『Young Americans』(1975)−David Bowie

コーラスの一節 "I read the news today, oh boy" というのは、この曲の最初の一節の引用。

A Day In The Life/『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』(1967)The Beatles

デヴィッド・ボウイの方は "I heard the news today, oh boy" かな?

2017年5月3日。
今日、新聞を読んだんだよ。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(2482,2483)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(2496,2497)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Young Americans(1975)/A Day In The Life(1967) upset the apple-cartに行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる