upset the apple-cartに行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS I'll Be Back(1964)/Runaway(1961)

<<   作成日時 : 2017/05/14 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像記憶は遺伝することはないけど、後から作られるってこともあると思う。
無意識の嘘っていうのは、それはそれで問題だと思うので、というよりもが気持を病んだことがあって、そのことを聞かされて以来気を付けているので(嘘をつかないようにしているっていうんじゃなくて、ついていいもあると思うけど、には意味や理由があるはずだって思ってる)、嘘の理由を考えてみた。

僕の1981年(中学三年生)の時に買ったと思ってた、実際は1984年(高校三年生)以降に買った『The Soundtrack of American Graffiti』(1973)には傷がついている。レコード針を置くときか引き上げるときについた傷。
僕はレコードは丁寧に扱うんで自分では傷をつけない。

小学校、中学校が一緒だったFに貸して、返ってきたら傷がついていたので、文句を言った。Fは「え?ほんま?ごめんごめん」と言ったので、ちょっと腹を立てて、「傷はかまへんけど、言えよな」ってちょっと怒った。

しばらくして、MとFと三人で話している時に何かの拍子に僕がそのことを言って、Fが「しつこいなあ」と不機嫌になって、Mが「こいつ神経質やからなあ」と言って、ちょっと嫌な雰囲気になった。

そんなふうに、レコードの貸し借りをしてたのは、みんな同じ中学校に通っていた時だから、1981年(中学三年生)の時に買ったと思ってた。
実際は1984年(高校三年生)以降に買って、東京にいたMが帰省していた時の話かもしれない。

『カバーと元歌』は、『The Soundtrack of American Graffiti』(1973)から。
僕が持っているのは、1984年以降のいつかに発売になった日本盤なので、レコード店やレコード制作もやっている長門芳郎さんの解説付きで。
ちょっと蛇足の僕の注釈も。

画像初めてビートルズのレコード、CDを自分で買ったのは、1987年
それまでは、友達に借りたり、ラジオでかかるのを録音したり(ジョン・レノンの死後、FMでビートルズやジョン・レノンのアルバムを丸々一枚そのままかけるっていう企画があった)。
FM放送は全部はエア・チェックできなかったけど、レコードなんて、誰かが持っていればよかった。
僕が持っていれば、友達は買わなかったし、僕も誰かが持っていれば、わざわざ自分で買ったりしなかった。
ビートルズがCDになった時は、例外。

リクエストは、ビートルズ

I'll Be Back/『A Hard Day's Night』(1964/1987)The Beatles

こんな日本語解説がついていた。

*****

ジョン自らの作品の中で佳曲に仕上げた1曲。
「Things We Said Today」同様、同主調転調をしているが、ジョンによればデル・シャノン風と説明している。
これは「悲しき街角」を指していると察せられる。

(解説:猪俣憲司/根本正孝)

元歌は、

Side−1
3.悲しき街角・・・デル・シャノン

1961年に4週間、全米首位にランクされたデル・シャノンのデビュー・ヒット。
日本でも「花咲く街角」、「街角のプレイガール」など、一連の(街角シリーズ)で人気を集めた。
この曲のカバーは多く、デル自身も'67年に「悲しき街角'77」として吹き込みしてるし、'77年にはボニー・レイットでヒットしている。
(長門芳郎)

(注1)「悲しき街角'77」が「悲しき街角'67」の間違いなのか、セルフ・カバーが'77年のことなのか、日本盤が出たのが1977年のことなのか、よくわからないけど、この曲は耳に残ってよく知っていた。

(注2)upsetでリクエストして、このシンセサイザーみたいな間奏、バイオリンですかねえ?とマスターに訊いたら、違うだろ、キーボードだろ、と応えがあった。ネットで検索してみたら、後にマキシミリアン(Maximilian)となるクラビオライン(Clavioline)を基にしたマシトロン( Musitron)と呼ばれるアナログ・シンセサイザーだとか。

(注3)「悲しき街角」と「アイル・ビー・バック」は全く似ていないように思った。その時は聴いたことがなかったけど”Little Town Flirt”やピーター&ゴードンに提供した ”I Go To Pieces”はちょっと似てると思う。

画像


傷がついた曲のことはまた今度。
A面の1曲目から順番に。

upset the apple-cart(2007- )へのリクエスト(2510,2511)
コモン・ストック(1991-1999)へのリクエスト(2524,2525)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
I'll Be Back(1964)/Runaway(1961) upset the apple-cartに行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる